トップページ -> コンピュータ管理・活用のノウハウ -> Solaris -> Solaris で bind バージョンアップ
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Solaris で bind バージョンアップ

下では、bind-9.3.2 と書いていますが、必ず最新の bind をインストールしましょう(セキュリティ上の理由).

Solaris には、すでに bind が付属していますが(参照: man named)、 bind をインストールしなおしたい場合の手順である。

参考 Webページ:

bind のインストールの前に openssl がインストールされていること。

setenv CC gcc
# cc を持っているときは setenv CC cc
rm -rf /tmp/bind
mkdir /tmp/bind
  # bind-9.3.2.tar.gz を持ってくる
/usr/local/bin/wget https://www.kkaneko.jp/tools/src/bind-9.3.2.tar.gz
cd /tmp/bind
gzip -d < ../bind-9.3.2.tar.gz | tar -xvf -

cd bind-9.3.2
./configure  --disable-ipv6
  # または ./configure  --disable-ipv6 --with-openssl
  # IPv6 でつながっているときは,--enable-ipv6
make clean
make depend
make
make tests
pkill named
make -k install