トップページ -> インストール,設定,利用 -> Solaris -> Solaris で NIS クライアント
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Solaris で NIS クライアント

Solaris で NIS クライアント

Solaris マシンを NIS クライアントとして動かす手順である。 NIS サーバの IPアドレス、名前が変更になったときも, この手順になります。 ブロードキャストは使わずに、NIS サーバのマシン名と IP アドレスを指定するようにしています。 sys-unconfigを使う。
rootでログイン
 # sys-unconfig

 ok> boot

Select a Language
0 English

Select a Locale
0 English

network connectivity
YES

dhcp
NO
設定するマシンの IPアドレスとホスト名を指定
を指定

ipv6
NO

configure security polisy
NO

nameservice
nis

domain name
NIS ドメイン名を指定

name server
specify one
NIS サーバの IPアドレスと名前(ホスト名+ドメイン名)を指定

time zone
asia

country or region
japan

date and time

Solaris で NIS ドメイン名を変更

Solaris で NIS ドメイン名を変更するときは、 NIS サーバの名前、IPアドレスに変更が無ければ、sys-unconfig を使う必 要はありません。

1.NIS ドメインネームを設定

2.NIS クライアントの設定
/usr/sbin/ypinit -c
NIS サーバの名前(ホスト名+ドメイン名)を指定
ctrl+D
y
3.ypbind の再起動
/etc/rc2.d/S71rpc stop
/etc/rc2.d/S71rpc start
4.設定確認
ypwhich
domainname

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]