金子邦彦研究室インストールUbuntu, WSL2cmake 最新版のインストール(ソースコードを使用)(Ubuntu 上)

cmake 最新版のインストール(ソースコードを使用)(Ubuntu 上)

要約

この記事では,CMake の最新版をUbuntuにインストールする手順を説明する.まず,システムを更新し,C/C++コンパイラー,make,パッケージツールをインストールする.そして,CMake のビルドに必要なzlib1g-devとlibcurl4-gnutls-devをインストールする.その後,CMakeのソースコードをGitHubからクローンし,configureスクリプトを実行してビルドオプションを指定し,makeコマンドでビルドとインストールを行う.これにより,CMakeの最新版がUbuntuにインストールさる.

前準備

Ubuntu のシステム更新

Ubuntu で OS のシステム更新を行うときは, 端末で,次のコマンドを実行する.

Ubuntu のインストールは別ページ »で説明

sudo apt -y update
sudo apt -yV upgrade
sudo /sbin/shutdown -r now

C/C++ コンパイラー,make,パッケージツールのインストール(Ubuntu 上)

インストールするには,端末で,次のコマンドを実行する.

sudo apt -y install build-essential gcc g++ make libtool texinfo dpkg-dev pkg-config

Git のインストール(Ubuntu 上)

インストールするには, 端末で,次のコマンドを実行する.

sudo apt -y update
sudo apt -y install git

Cython 最新版のインストール

端末で,次のコマンドを実行する.

sudo apt -y update
sudo apt -y install build-essential
# cmake には curl, zlib が必要
sudo apt -y install zlib1g-dev libcurl4-gnutls-dev
cd /tmp
git clone https://github.com/Kitware/CMake.git
cd CMake
./configure --system-curl --system-zlib
make
sudo make install