トップページ -> コンピュータ -> Ubuntu -> tmpfs を活用する(Ubuntu 上)
[サイトマップへ], サイト内検索:

tmpfs を活用する(Ubuntu 上)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

ユースケース: 実メモリに余裕がある./tmp を一時的な作業領域(システムが再起動したらファイルが消えて構わない)として使いたいとき,余剰の実メモリを使って高速化する


前準備

Ubuntu のシステム更新

端末で,次のコマンドを実行.

sudo apt update 
sudo apt -yV upgrade
sudo shutdown -r now

mergerfs のインストール

Ubuntu での mergerfs のインストールは,「」で説明している.


tmpfs と mergerfs の設定例

tmpfs の設定

実メモリをある特定のディレクトリにマウントする. その結果,そのディレクトリに置いたファイルは,ディスク等でなく,実メモリ上に置かれるようになる. システムの再起動により,消えてしまうので注意.

設定内容

  1. マウント先ディレクトリの作成

    端末で,次のコマンドを実行.

    sudo mkdir /tmpfs
    sudo 777 /tmpfs
    

  2. /etc/fstab に次のような設定を追加
    tmpfs /tmpfs tmpfs defaults,allow_other,noatime,size=4000m 0 0
    

  3. 確認

    端末で,次のコマンドを実行.

    df /tmpfs
    

mergerfs の設定

設定内容

  1. マウント先ディレクトリの作成

    端末で,次のコマンドを実行.

    sudo mkdir /var/tmp/tmp
    sudo chmod 777 /var/tmp/tmp
    

  2. /etc/fstab に次のような設定を追加
    /tmpfs:/var/tmp/tmp /tmp fuse.mergerfs defaults,allow_other,use_ino,nonempty,minfreespace=100M,moveonenospc=true 0 0
    

  3. 確認

    端末で,次のコマンドを実行.

    df /tmp