トップページ -> コンピュータ -> Ubuntu -> Ubuntu 11.10 デスクトップ版のインストール
[サイトマップへ]  

Ubuntu 11.10 デスクトップ版のインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

この Web ページでは,Ubuntu 11.10 デスクトップ版のインストール手順を図解などで説明する


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
ホスト名(コンピュータの名前) 文字列 ubuntu1110
ドメイン名 文字列 kunihikokaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP かブール値
ホスト IP アドレスIP アドレス
ネットマスク文字列
デフォルトルータ(ゲートウエイ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ(ネームサーバ)IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのユーザ ID 正の整数 8010
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
システムコンソールのキーマップ 文字列 Japan / Japan または 英語(US) / 英語(US)
ネットワークインタフェース論理名 文字列 em0
Linux カーネルの種類 文字列 「32ビット」あるいは「PAE付き32ビット」あるいは「64ビット」

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Ubuntu バージョン 11.10 デスクトップ版のダウンロード

  1. Ubuntu Japan の Web ページを開く http://www.ubuntulinux.jp/

  2. Ubuntu の入手」をクリック

※ (参考情報)Daily Build を使いたい場合

Ubuntu 11.10 Daily Build の Web ページを開く http://cdimage.ubuntu.com/dvd/current/


インストール

  1. Ubuntu の CD/DVD を使って起動

  2. ハードディスクにインストールしたい.

    次のような画面が開いたときは「日本語」→ 「Ubuntu をインストール」のように操作する。

  3. ようこそ画面

    日本語」を選び, 「進む」をクリック

  4. Ubuntu のインストール準備

    前もってライセンス条項をよく理解しておくこと. 「チェック」する箇所が2箇所ありますが,納得できる場合に限り「チェック」する. (友人の代理でインストールしているなど,再配布を予定している場合にはチェックを避ける).

  5. ディスク領域の割り当て

    ふつうは,「ディスク全体を削除してから使用する(Erase disk and install Ubuntu)」を選び 「進む」をクリック

    ■ 当然ですが、選んだディスクのファイルは全て「削除」されます

  6. ディスク領域の割り当て

    ■ 「該当する箇所のデータは全て消える」ことに納得した上で「インストール」をクリック.

  7. どこに住んでいますか?

    タイムゾーンとして「Tokyo」を選び, 「進む」をクリック

  8. キーボードレイアウト

    キーボードを選び, 「進む」をクリック

    ■ キーボードでレイアウトをJapan / Japan にしたい場合の実行例

    ■ キーボードでレイアウトを英語(US) / 英語(US) にしたい場合の実行例

  9. あなたの情報を入力してください

    あなたの名前」(初期ユーザのフルネーム)と, ホストの完全修飾名 (=「コンピュータの名前」(ホスト名)と 「ドメイン名」をつなげたもの), 「ユーザ名」(初期ユーザのユーザ名)と, 「パスワード」(初期ユーザのパスワード)を設定し, 「進む」をクリック

  10. インストールが始まる

    数分以上待つ.

  11. 再起動を始める

  12. 再起動

    ※ 「Please remove the disc and close the tray (if any) then press ENTER:」と表示される場合は CD/DVD のディスクを抜いて,Enter キーを押す

  13. ログイン画面が現れる

    これで,インストールは終了

  14. 試しにログインしてみると次のような画面が現れる

  15. 今度は,試しに「Ubuntu 2D」を選んでログインしてみる.

    次のような画面が現れる

  16. (参考)システム更新

    システム更新については,別の Web ページに記述している.

  17. (オプション)パッケージリストの作成

    dpkg --get-selections > dpkg.txt-ubuntu1110
    


インストールした Ubuntu が起動しないときのヒント

次の手順を踏むと解決することがある

  1. まずは,準備として,Ubuntu をライブ起動

  2. Ubuntu のインストール先であるハードディスクに /boot/boot.script というファイルがある場合には,その中身を確認する.
  3. リカバリモードで再起動

システム設定

ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か,ホスト IP アドレス,ネットマスク,デフォルトルータ(ゲートウエイ),DNS サーバ(ネームサーバ)の設定

  • ネットワーク・ツールの起動

    システム設定 (System Settings)」 → 「ネットワーク (Network)」と操作する.

  • ネットワークの一覧(有線、無線)が表示されるので,確認する

    下記の実行例では「有線」の一番目を選び、 「設定」をクリック.

  • IPv4 設定」をクリック

    ■ ネットワークアドレスを DHCP にしたい場合

    自動 (DHCP)」を選び, 「保存 (S)...」をクリック.

    ■ ネットワークアドレスを固定 IP アドレスにしたい場合

    手動」を選び, 「追加」をクリック.

    ホスト IP アドレス, ネットマスク, デフォルトルータ(ゲートウエイ), DNS サーバ(ネームサーバ) を設定する.


    (オプション)特権ユーザのパスワード (root のパスワード) を設定したい場合

    「sudo su -」を実行し,「passwd」を実行して, 特権ユーザのパスワードを設定する(同じパスワードを2回入力する).

    ※ このとき,初期ユーザのパスワードを聞いてきたら入力する.

    sudo su -
    

    passwd
    

    exit」を実行し,初期ユーザに戻る

    exit
    

    (オプション)初期ユーザのユーザ ID を設定したい場合

    今度は,初期ユーザのユーザ IDを変更したい.

    1. まず,特権ユーザ (root) になる

      sudo -i
      

    2. chown の実行

      ホームディレクトリ(ここでは /home/kaneko)にある全てのファイルのオーナを, 変更後の初期ユーザのユーザ ID(ここでは「8010」)に変更したいので, chown コマンドを実行する.

      cd /home/kaneko
      sudo chown -R 8010 .
      

      次に「vipw」を実行する. 初期ユーザのユーザ名の行の第3列にある 「初期ユーザのユーザ ID」を設定する.

      sudo vipw
      


    ※ インストールの次は「システム更新」になる.