トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Office Professional Plus 2019 メディア作成手順

Office Professional Plus 2019 メディア作成手順

利用には、ライセンス認証キーが必要。 ライセンス条項などは、必ず、利用者が確認すること。

インストール手順は,別ページで説明している.

展開を行うディレクトリは C:\office とする.

  1. Windows のコマンドプロンプトを開く
  2. 展開を行うディレクトリの準備
    rmdir /s /q C:\office
    mkdir C:\office
    
  3. Office デプロイメントツールのダウンロード
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/office2019/deploy
  4. Office デプロイメントツールの実行
    ダウンロードした .exe ファイル(「officedeploymenttool_12325-20288.exe」のようなファイル名)を実行
  5. ライセンス条項の確認
    同意する場合のみ続行する.

    [image]
  6. 展開先ディレクトリの指定
    C:\office を指定する
  7. 終了の確認

    [image]
  8. C:\Cffice の中を確認

    [image]
  9. 設定ファイルの作成
    次の中身で作り、ProPlus2019Volume32.xml のようなファイル名で、 C:\office に保存
    <Configuration>
    
      <Add OfficeClientEdition="32" Channel="PerpetualVL2019">
        <Product ID="ProPlus2019Volume">
          <Language ID="ja-jp" />
        </Product>
      </Add>
    
    </Configuration>
    
  10. Windows コマンドプロンプトで、次を実行し、Office 2019 をダウンロード
    cd C:\office
    setup /download ProPlus2019Volume32.xml
    

    [image]
  11. DVD メディアを挿入し、「CD/DVDプレーヤーで使用する」を選択

    [image]
  12. C:\office 下のファイルをすべてドラッグアンドドロップ

    [image]
  13. 「ドライブツール」で「書き込みを完了する」を選ぶ

    [image]