AGG Ubuntu で Genymotion をインストールして起動してみる
トップページ -> プログラミング -> JavaScript による Web プログラミング -> Ubuntu で Genymotion をインストールして起動してみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Ubuntu で Genymotion をインストールして起動してみる

Genymotion は Virutal Box 上で Android 仮想デバイスを起動し操作するための各種のソフトウエア及び仮想デバイスイメージ

前準備

Genymotion のインストール

  1. http://www.genymotion.com/ を開く
  2. GET GENYMOTION」をクリック

    [image]
  3. DOWNLOAD」をクリック

    [image]
  4. サインアップ
  5. メールを受け取る.確認の上、指示通りにクリック
  6. ダウンロード

    Linux の場合、次の3つのファイルのうち、インストールしたいマシンにあわせてダウンロードする

    [image]
  7. インストール

    64ビット Ubuntu での実行手順例

    chmod 755 /tmp/genymotion-2.3.0_x64.bin
    cd /usr/local
    sudo /tmp/genymotion-2.3.0_x64.bin
    

    [image]

    [image]
  8. VirtualBox のインストール

    Ubuntu での実行手順例

    1. https://www.virtualbox.org/wiki/Linux_Downloads からダウンロード
    2. dpkg -i ... でインストール
    3. sudo /etc/init.d/vboxdrv setup

    [image]
  9. 変数 PATH の設定

    cd 
    echo 'export PATH=$PATH:/usr/local/genymotion' >> .bashrc 
    

(オプション) Eclipse のプラグイン

  1. Eclipse を起動 (Start Eclipse)
  2. インストールしたいので「ヘルプ (Help)」 → 「新規ソフトウエアのインストール (Install New Software)」と操作

    [image]
  3. 上右にある「追加 (Add)」 をクリック

    [image]
  4. レポジトリの追加 (Add Repository)
    http://plugins.genymotion.com/eclipse
    

    [image]
  5. http://plugins.genymotion.com/eclipse」を選ぶ. 表示されるまでしばらく待つ.

    [image]
  6. チェックし、「次へ (Next)」をクリック

    [image]
  7. インストール項目の確認

    確認したら「次へ (Next)」をクリック

    [image]
  8. ライセンス条項を確認し,納得できる場合のみ続行

    [image]
  9. インストールの途中で 「署名なしコンテンツを含むソフトウエアをインストールしている」という確認表示がでることがある.  確認したら「OK」をクリックする.

    [image]
  10. インストールが終わったら, 「はい (Yes)」をクリックして Eclipse を再起動

    [image]

Genymotion を起動してみる

  1. 起動
    /usr/local/genymotion/genymotion
    

    [image]
  2. 画面が現れる

    [image]
  3. 仮想デバイスが無いので、新しく作成するかの確認表示

    Yes をクリック

    [image]
  4. 登録したときのユーザ名とパスワードでログイン

    [image]

    [image]
  5. 仮想デバイスの追加の開始

    [image]
  6. 仮想デバイスの追加の確認

    [image]
  7. 続行

    [image]
  8. 終了

    [image]
  9. 仮想デバイスの起動

    [image]
  10. 確認表示

    [image]
  11. Android SDK のパスを設定

    Android Studio を使うときは 「/usr/local/android-studio/sdk」のように設定

    [image]
  12. 仮想デバイスの画面が現れる

    [image]

    ※ Genymotion で「Unable to load VirtualBox Engine」と表示されたときの対処例

    • もう一度「Play」ボタンをクリックしてみる
    • それでもダメなときは、vboxdrv モジュール読み込み操作を手動で行なってみる
      sudo /etc/init.d/vboxdrv status
      sudo /etc/init.d/vboxdrv setup
      sudo /etc/init.d/vboxdrv status
      

      [image]
  13. 初期設定したいときは Genymotion 側で、Genymotion のアイコンをクリックする

    [image]

    次のような設定画面が現れる

    [image]
  14. adb を用いて確認

    確認のため、Ubuntu の端末で「adb devices」を実行してみる

    [image]

設定

  1. Web ページ http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2528952

    [image]
  2. Genymotion を起動
  3. 仮想マシンを起動

    [image]
  4. 先ほどダウンロードした Genymotion-ARM-Translation_v1.1.zip を Genymotion の仮想マシンの画面にドラッグ&ドロップ

    [image]
  5. 進めたいので「OK」をクリック

    [image]
  6. インストール終了の確認表示.「OK」をクリック

    [image]
  7. 仮想マシンを再起動する

    [image]

    [image]
  8. 今度は、 先ほどダウンロードした gapps-kk-... を Genymotion の仮想マシンの画面にドラッグ&ドロップ

    [image]
  9. 進めたいので「OK」をクリック

    [image]
  10. インストール終了の確認表示.「OK」をクリック

    [image]
  11. 仮想マシンを再起動する
  12. Google Play Store などが増えている。確認する。

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]