トップページ -> プログラミング -> Octave を用いた画像処理,信号処理 -> OpenMP を使うように Octave 3.2.3 の DLD-FUNCTIONS/conv2.cc を書き換えて,2 次元の畳み込みを高速化
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

OpenMP を使うように Octave 3.2.3 の DLD-FUNCTIONS/conv2.cc を書き換えて,2 次元の畳み込みを高速化

Octave とは,MATLAB に互換の数値解析ソフトウエアです.


手順

  1. Octave のソースコードのダウンロード ビルド
  2. OpenMP 用に conv.cc を書き換えソースコードは,このリンクからダウンロードできる).
  3. Octave のビルド.

    Octave の configure のとき CFLAGS, CPPFLAGS に「-fopenmp」を付ける

Octave での実行はできました.正しい結果が出ているかのチェックは出来ていません.

[image]
2次元の畳み込み(コンボリューション): X = rand(2000,2000); B = rand(21); Z = conv2(X, B, 'full')

本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]