トップページ -> コンピュータ -> Cygwin, MinGW の活用 -> GSL (GNU Scientific Library) を用いた補間と数値微分(書きかけ)
[サイトマップへ], サイト内検索:

GSL (GNU Scientific Library) を用いた補間と数値微分(書きかけ)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

GSL には,とてもたくさんの機能があります. この Web ページでは,数ある GSL の機能の中から,ベクトル,行列に関する機能について,その一部分を紹介します.


前準備

参考 Web ページ:

GNU Scientific Libraryリファレンス・マニュアル 日本語版


補間

【要点】

参考 Web ページ


数値微分

【要点】

#include <stdio.h>
#include <gsl/gsl_math.h>
#include <gsl/gsl_deriv.h>

double f( double x, void* params )
{
  return sin(x);
}

int main(int argc, char** argv)
{
  gsl_function F;
  double result;
  double abserr;
  double x;
  double step;
  F.function = &f;
  F.params = 0;
 
  x = 0.01;
  step = 1e-07;
  gsl_deriv_central(&F, x, step, &result, &abserr);
  fprintf(stderr, "result = %f, abserr = %f\n", result, abserr);

  return 0;
}

参考 Web ページ