トップページ -> コンピュータ管理・活用のノウハウ -> FreeBSD -> NIS マスターサーバの設定手順
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

NIS マスターサーバの設定手順

サイト構成 連絡先,業績など 体験演習 データの扱い コンピュータ設定と利用 教材(公開) サポートページ

FreeBSD を使って新しい NIS マスターサーバを立ち上げ、旧 NIS マスター サーバからの設定を移行します. NIS サーバでは、master.passwd, group, hosts の3つのファイルを管理します. また、ipfw を使い、LAN 外からの要求は受け付けないようにします.


新 NIS サーバのセットアップ

NIS サーバ設定

NIS のデータベースとして、master.passwd, hosts, group の3つのファイル を作ります. その後、/etc/host, /etc/rc.conf, /etc/master.passwd, /etc/group, /var/yp/securenets, /var/yp/nis.inputs/ypservers, /var/yp/Makefile を 設定します. 再度に ypinit -m で NIS サーバとしての設定を行ないます.

設定上の注意

yppasswd でのパスワード変更がうまくできない場合には、

を確認してみて下さい。

次のファイルは、最終行に空行が入っているとエラーになるので、確認してく ださい。

ipfw 設定

ipfw でフィルタリング の Web ページを見て、 設定を行ないます.


NIS サーバの移行

旧NIS サーバと、新NIS サーバを入れ替える。作業では、 旧NIS サーバ, 新 NIS サーバのマシン名, IP アドレスに同じにする。 また、NIS ドメインネームは変更しない。

NIS 設定ファイルの移行

新 NIS サーバで、/etc/rc.conf, /etc/master.passwd, /etc/group の確認

/etc/rc.conf について。

新 NIS サーバで、NIS ドメイン名、ホスト名の変更

# domainname <ドメイン名>
# hostname <変更するホスト名>

新 NIS サーバの立ち上げ

新 NIS サーバマシンで ypinit -m を実行し、NIS サーバを立ち上げます.

# ypinit -m
はじめの質問は n
次の質問は ctrl + d
次の質問は y

# cd /var/yp
# make

再起動
# sync
# reboot

旧 NIS サーバ の停止と、NIS スレーブサーバマシンの設定


動作確認

NISのファイルが見れるかなどの確認

# ypwhich
# ypcat passwd


本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)