トップページ -> コンピュータ -> ラズベリーパイ (Raspberry Pi) -> Windows から MobaXterm Personal 版 + VNC を用いて、Raspberry Pi を簡単操作
サイトマップへ]

Windows から MobaXterm Personal 版 + VNC を用いて、Raspberry Pi を簡単操作

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

目次

  1. 前準備
  2. Raspbian 側の設定
  3. Windows から MobaXterm を用いて Raspberry Pi にリモート接続してみる
  4. Windows から Real VNC Viewer を用いて VNC 接続

サイト内の関連ページ: ラズベリーパイ (Raspberry Pi)

参考 Web ページ: https://www.raspberrypi.org/documentation/remote-access/vnc/


前準備


Raspbian 側の設定

VNC サーバを有効にする

  1. raspi-configの実行
    sudo raspi-config
    

  2. 5 Interfacing Options Configure connections to peripherals」を選ぶ

  3. P3 VNC Enable/Disable graphical remote ...」を選ぶ

  4. Yes」を選ぶ

  5. 確認表示が出るので確認する

  6. Tab キーで操作して、「Finish」を選ぶ

VNC パスワードの設定

  1. 「sudo -i」を実行して、管理者権限を得る

  2. /root/.vnc/config.d/vncserver-x11 を編集。に次の行を追加する
    Authentication=VncAuth
    

  3. 次のコマンドを実行し,VNC パスワードを2回(同じものを2回)入れる

    ※ パスワードが表示されないのは正常動作である

    sudo vncpasswd -service 
    


Windows から MobaXterm を用いて Raspberry Pi にリモート接続してみる

  1. Raspberry Pi を起動.ネットワークケーブルで接続しておく

  2. Windows で MobaXTerm を起動する

    ※ 「MobaXTerm のインストール」については、別のページで詳細を示している

    MobaXterm の Web ページ: https://mobaxterm.mobatek.net/

  3. MobaXTerm で SSH keepalive の設定を行う

    設定の操作は、一度だけ行っておけば大丈夫

    1. Settings」で「Configuration」を選ぶ

    2. SSH」をクリック

    3. SSH keepalve」をチェックし、 「OK」をクリック

  4. VNC」をクリック

  5. raspberrypi.local」を設定し、「OK」をクリック

  6. VNC パスワードを入れる

  7. 次の警告表示が出たときは,接続したいので「OK」をクリック

  8. リモートデスクトップが表示されるので確認する


Windows から Real VNC Viewer を用いて VNC 接続

Windows で Real VNC Viewerを用いて VNC 接続する

  1. Real VNC Viewer を起動

  2. 「raspberrypi.local」あるいは IP アドレスを指定して,Enter キー

  3. VNC パスワードを入れる

  4. リモートデスクトップが表示されるので確認する