トップページ -> コンピュータ -> Linux パソコン -> Ubuntu で Java Platform (JDK) 8u5 のダウンロードとインストールとテスト実行 (javac を動かしてみる)
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Java Platform (JDK) 8u5 のダウンロードとインストールとテスト実行 (javac を動かしてみる)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

目次

  1. 前準備
  2. インストール
  3. 設定
  4. サンプルプログラムの実行

前準備

Ubuntu のシステム更新

端末で,次のコマンドを実行.

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo shutdown -r now

インストール

◆ Ubuntu で Java Platform (JDK) をインストールする手順

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install oracle-java8-installer
sudo apt-get -y install oracle-java8-set-default 
java -version

※ 下のように OpenJDK や gcj が表示される場合には, インストール がうまくできていない可能性があることに注意

■ OpenJDK が表示されているところ

■ gcj が表示されているところ


設定

  1. Oracle (SUN) JDK を使うように設定
    sudo update-java-alternatives  --jre -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  --jre-headless -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  -s java-8-oracle
    

  2. 設定の確認

    端末で,次のコマンドを実行.し、/usr/lib/jvm/java-8-oracle...の行に設定されていることを確認する

    sudo update-alternatives --config java 
    

  3. java のバージョンの確認

    update-java-alternatives -l 
    java -version
    

  4. 変数 JAVA_HOME の設定

    ~/.bashrc または ~/.bash_profile に次のように設定(設定例

    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
    export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:$PATH
    export CLASSPATH=.:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/lib
    

サンプルプログラムの実行

サンプルプログラム

ファイル「HelloWorld.java」の作成

public class HelloWorld
{
    public static void main(String args[])
    {
        System.out.println("Hello Java World !");
    }
}

コンパイルと実行

  1. コンパイル

      プロンプト> javac HelloWorld.java
    

  2. 実行

      プロンプト> java HelloWorld
    

    実行結果は次のようになる.

  3. Apache Ant がインストール済みの場合には,ant も使ってみる

    build.xml の記述例