トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Boost 1_81 のインストールとテスト実行(ソースコードを使用)(Windows 上)

Boost 1_81 のインストールとテスト実行(ソースコードを使用)(Windows 上)

Boost は, C++ のライブラリ.

Windows で,Boost 最新版をソースコードからビルドして,インストールする手順を説明する.ビルドには,Build Tools for Visual Studio 2022(ビルドツール for Visual Studio 2022)を使用する.

目次

関連する外部ページ

Boost の利用条件などは、利用者が確認すること。次のWeb ページを活用してください

https://www.boost.org/users/license.html

前準備

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくは Visual Studio 2022 のインストール(Windows 上)

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくはVisual Studio 2022 を,前もってインストールしておく.NVIDIA CUDA の nvcc を機能させるため.

Git のインストール

Git のページ https://git-scm.com/ からダウンロードしてインストール:

Boost のインストール(Build Tools for Visual Studio を利用)(Windows 上)

前もって,Boost をインストールするディレクトリを決めておく

このページでは,c:\boost 下にインストールするものとして説明する.

  1. コマンドプロンプト管理者として実行し,次のコマンドを実行する.
  2. インストール

    c:\boost 下にインストールするものとして説明する.

    Windows では,コマンドプロン プトを管理者として実行し, 次のコマンドを実行する.

    cd c:\
    rmdir /s /q boost
    git clone --recursive https://github.com/boostorg/boost
    cd boost
    .\bootstrap.bat
    .\b2.exe --prefix=build --build-type=complete toolset=msvc link=static,shared address-model=64 install
    
  3. 終了の確認

    エラーメッセージが出ていないこと。

    [image]
  4. バージョンとインクルードディレクトリの確認

    次のコマンドで確認する.ここで確認したことは,のちほど,使用する.

    dir "c:\boost\build\include"
    

    [image]
  5. テスト実行

    Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプト管理者として実行する. 次のコマンドを実行する.

    boost-1_81」のところは,先ほど確認したインクルードディレクトリに一致させること.

    cl /EHsc /I "c:\boost\build\include\boost-1_81" ^
        "c:\boost\libs\geometry\example\01_point_example.cpp" 
    .\01_point_example.exe
    del 01_point_example.exe
    

    [image]
  6. システム環境変数 BOOST_DIR に,c:/boost/build を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"BOOST_DIR\", \"c:\boost\build\", \"Machine\")"
    
  7. システム環境変数 BOOST_ROOT に,c:\boost\build を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"BOOST_ROOT\", \"c:\boost\build\", \"Machine\")"
    

    [image]

サンプルプログラムの紹介

作者に感謝します.

http://www.boost.org/doc/libs/1_62_0/more/getting_started/windows.html#build-a-simple-program-using-boost のものを記載.

#include <stdio.h>
#include<boost/lambda/lambda.hpp>
#include<iostream>
#include<iterator>
#include<algorithm>

int main()
{
	using namespace boost::lambda;
	typedef std::istream_iterator<int> in;

	std::for_each(
		in(std::cin), in(), std::cout << (_1 * 3) << " ");
}
  1. 上のプログラムを hoge.cpp のようなファイル名で保存.(拡張子は .cpp)
  2. 次のコマンドにより,コンパイルして実行
    cl /EHsc /I "c:\boost\build\include\boost-1_81" hoge.cpp
    echo 1 2 3 | .\hoge.exe