トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> Cmder (シェル,端末など)のインストール(Windows 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Cmder (シェル,端末など)のインストール(Windows 上)

Cmder はターミナル ConEmu と シェル Clink とgit for winfows(各種コマンド)の詰め合わせ.ターミナルが便利.ターミナルは,コマンドプロンプト, NYAGOS 4, Windows PowerShell, bash など,さまざまなシェルとの相性が良い.

※ Cmder 内の git for Windows を使いたいときは,自分で vender\git-for-windows\bin にパスを通すこと.

ここでは,Cmder をインストールし,加えて,NYAGOS 4 を既定(デフォルト)で自動起動するように設定する.

URL: http://cmder.net/

謝辞:このWebページで紹介するソフトウエアの作者に感謝します.


前準備

NYAGOS 4 との連携設定を行いたい場合は, NYAGOS 4 のインストールを済ませておく.


ダウンロードとインストールと設定

ここでの設定

ダウンロードとインストールと設定

  1. cmder の ウェブページを開く.

    http://cmder.net/

  2. Download」の下の「Download full」をクリック.

    [image]
  3. ダウンロードが始まる.

    [image]
  4. .zip ファイルを展開(解凍)する.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトには,「7-Zip」などがある.

    [image]
  5. できたディレクトリ(フォルダ)を丸ごと C:\ の直下にコピー

    [image]
  6. 初回起動時の設定を行いたいので,Cmder.exeを右クリックし,右クリックメニューで「管理者として実行」を選ぶ.

    [image]
  7. 次のような画面が開いたらOK.確認が終わったら閉じる.

    ※ 初回起動時の設定は自動で行われる.

    [image]
  8. 今度は確認のため,もう一度Cmder.exe を実行してみる.

    [image]
  9. Cmderが起動するので確認する.これで動作確認OKとする.

    [image]

既定(デフォルト)で NYAGOS 4 を使うように設定

  1. Cmder.exe を実行

    [image]
  2. cmder の画面が開くので確認する.

    [image]
  3. 既定(デフォルト)で NYAGOS 4 を使うように設定したいので,次の手順で操作する.
    1. 右下の三角形をクリックし,「Setup tasks...」を選ぶ.

      [image]
    2. 新しいシェルを追加したいので,「+」をクリック.

      [image]
    3. 「Commands」のところを設定する.

      まず, Add の右横の「File path...」をクリック.

      [image]

      そして,NYAGOS 4 のファイルを選ぶ.

      [image]
    4. 名前を「NYAGOS 4」のように設定する.

      ※ 名前は何でも良いが,分かりやすい名前にする.

      [image]
    5. 次の2つをチェックし,既定(デフォルト)で「NYAGOS 4」が起動するようにする.
      • Default task for new console
      • Default shell
    6. Startup」をクリックし, Cmder の起動時に,「NYAGOS 4」 が起動するように設定する. {NYAGOS 4}」を選ぶ.

      [image]
  4. 確認のため,もう一度,Cmder.exe を実行
  5. 今後は,NYAGOS 4 が起動するので確認する.

    [image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]