トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Windows のコマンドで C コンパイラを動かす

Windows のコマンドで C コンパイラを動かす

Windows のコマンドで C コンパイラを動かす.Visual Studio(統合環境開発)を使うのでなく,コマンドでコンパイルする.マイクロソフト C++ ビルドツールを使用.

前準備

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくは Visual Studio 2022 のインストール(Windows 上)

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくはVisual Studio 2022 を,前もってインストールしておく.

プログラムのソースコードの準備

テキストエディタを使って次のプログラムファイルを作成。「hello.c」のようなファイル名で保存.

#include<stdio.h>
int main() {
    printf("Hello,World!\n");
    printf("sizeof(size_t)=%ld\n", sizeof(size_t));
    return 0;
}

コンパイル

【確認のため,コマンドで C プログラムをコンパイルしてみる】

Microsoft Visual Studio の C/C++ をコマンドで使いたいときは, Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを使う.

  1. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    Windows のスタートメニューで「Visual Studio 2022」の下の「x64 Native Tools Command Prompt for VS 2022」で起動する.(あるいは類似のものを探す).「x64」は,64ビット版の意味である.

    ※ Windows のメニューに,「x64 Native Tools Command Prompt」が無いときは,インストールプログラムである Visual Studio Installerを入手,実行し,インストールを行うこと.

    以下の操作は,x64 Native Tools コマンドプロンプトで行う

  2. cl にパスが通っていることを確認する

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

    where cl
    

    [image]
  3. コンパイラの動作確認

    まず,エディタを開く. ここではメモ帳 (notepad) を使っている.

    x64 Native Tools コマンドプロンプト で,次のコマンドを実行する. ファイル名は hello.c としている.

    c:
    cd %HOMEPATH%
    notepad hello.c
    

    [image]
  4. いまメモ帳で開いたファイルを, 次のように編集する(コピー&ペーストしてください).そして保存する.
    #include<stdio.h>
    int main() {
        printf("Hello,World!\n");
        printf("sizeof(size_t)=%ld\n", sizeof(size_t));
        return 0;
    }
    

    [image]
  5. 次のコマンドを実行

    x64 Native Tools コマンドプロンプトを使うこと.

    結果として,「Hello,World!」「sizeof(size_t)=8」と表示されればOK.

    cl hello.c
    .\hello.exe
    

    実行結果例

    [image]