トップページ -> インストール,設定,利用 -> WSL -> WSL のインストール,Ubuntu 18.04 のインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

WSL のインストール,Ubuntu 18.04 のインストール

Windows での Windows Subsystem for Linux (WSL) のインストール,Ubuntu 18.04 のインストール,Ubuntu 18.04 のシェルの起動の手順を,スクリーンショット等で説明する.WSL は,Windows の標準機能である.

サイト内の関連ページ

参考 Web ページ:

WSL のインストール

  1. 「Windows の機能の有効化または無効化」で,「仮想マシンプラットフォーム」にチェックし, 「OK」をクリック.
    ※ この画面を出すには,Windows のメニューで「設定」を選び,「アプリ」,「その他の機能」の順に選ぶ.
  2. Windows ムを再起動する.

  3. Windows の PowerShell を,管理者として実行する.
  4. Windows Subsubsystem for Linux のインストールの確認
    dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
    

  5. 仮想マシンプラットフォームのオプションコンポーネントのインストールの確認
    dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
    

    Linux ディストリビューションのインストール Ubuntu, OpenSUSE, SUSE Linux Enterprse Server, Lali Linux, Debian GNU/Linux から選ぶことができる.
    1. マイクロソフト・ストアを開く. start ms-windows-store:

    2. 検索窓で「linux」と入れる

    3. Linux ディストリビューションを選ぶ.

    4. 入手」をクリック

    5. インストールが始まる.

    6. 「この製品はインストール済みです」と表示されたら, 「起動」をクリック.

      新しい画面が現れる. Linux ディストリビューションの初期化が始まる. しばらく待つ.

    7. ユーザ名とパスワードを設定する

      このときに設定したパスワードは,sudo コマンドの実行で必要になるので覚えておくこと

    8. インストール済みの Linux ディストリビューションの確認
      wsl -l -v
      


    WSL を使い,インストールした Linux を起動する

    wsl コマンドの使用法については, https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/reference

    1. 既定(デフォルト)で使用する Linux ディストリビューションの設定
      wsl -s Ubuntu-18.04
      
    2. wsl」の実行により,Linux の bash シェルが起動する.

    本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]