トップページ情報工学を学ぶRedis の活用Redis のインストールと試用(Ubuntu PPA を使用)(Ubuntu 上)

Redis のインストールと試用(Ubuntu PPA を使用)(Ubuntu 上)

Ubuntu で Ubuntu PPA を用いて Redis のインストールを行う. そして,コマンドや Python や Ruby で扱ってみる. Redis 公式ページの情報(https://redis.io/download)に従う.

目次

  1. 前準備
  2. Redis のインストール(Ubuntu PPA を使用)(Ubuntu 上)
  3. コマンドで Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)
  4. Python で Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)
  5. Ruby で Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)

サイト内の関連ページ

前準備

Ubuntu のシステム更新

Ubuntu で OS のシステム更新を行うときは, 端末で,次のコマンドを実行.

Ubuntu のインストールは別ページで説明している.

sudo apt -y update
sudo apt -yV upgrade
sudo /sbin/shutdown -r now

Redis のインストール(Ubuntu PPA を使用)(Ubuntu 上)

Redis 公式ページの情報(https://redis.io/download)に従う.

sudo add-apt-repository ppa:redislabs/redis
sudo apt-get update
sudo apt-get install redis

Ubuntu PPA を用いてインストールするので,サーバは自動起動している.

コマンドで Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)

参考 Web ページ

https://redis.io/commands

Python で Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)

Python プログラムの実行

Python プログラムの実行

Python 開発環境(Jupyter Qt Console, Jupyter ノートブック (Jupyter Notebook), Jupyter Lab, Nteract, Spyder, PyCharm, PyScripterなど)も便利である.

Python のまとめ: 別ページにまとめている.

  1. key-value ストアの例

    import redis
    r = redis.StrictRedis(host='localhost', port=6379, db=0)
    r.set("x", 100)
    print( r.get("x") )
    r.set("p1", "\"#<struct Struct::Product name=\\\"kaneko\\\", price=120, qty=20>\"")
    print( r.get("p1") )
    

    [image]
  2. リスト操作の例

    import redis
    r = redis.StrictRedis(host='localhost', port=6379, db=0)
    r.lpush( "plist", "apple" )
    r.lpush( "plist", "orange" )
    r.lpush( "plist", "car" )
    print( r.lrange( "plist", 0, -1 ) ) 
    

    [image]
  3. 集合操作の例

    import redis
    r = redis.StrictRedis(host='localhost', port=6379, db=0)
    r.sadd( "pset", "a1" )
    r.sadd( "pset", "b2" )
    r.sadd( "pset", "c3" )
    print( r.smembers( "pset" ) )
    print( r.scard( "pset" ) )
    

    [image]

Ruby で Redis を使ってみる(key-value,リスト操作,集合操作)

前準備

sudo gem install redis