トップページ -> プログラミング -> Eclipse の種々の設定と操作 -> Eclipse の データツール・プラットホーム (DTP) のインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Eclipse の データツール・プラットホーム (DTP) のインストール

テーブル定義,SQL の編集と実行,SQL 実行結果のファイル出力, テーブルの表示と編集,テーブルのインポートとエクスポートなどの機能を持つ.

DTP の Web ページ:http://www.eclipse.org/datatools/


前準備

JDK (Java Development Kit) のインストール

Eclipse のインストール


インストール

インストールの手順

  1. Eclipse の起動
  2. 「新規ソフトウェアのインストール」の開始

    「ヘルプ」メニュー → 「新規ソフトウェアのインストール」 をクリック

    [image]
  3. 作業対象として「--すべての使用可能なサイト-- (--All Available Sites--)」を選ぶ

    [image]
  4. データベース開発」を展開し,必要なものにチェックする.

    [image]
  5. 下の例では,JDBC, SQLite3, SQL に関する機能を選んでいる.

    [image]

    [image]

    [image]
  6. インストール詳細の確認

    このままでよいので, 「次へ(Next)」をクリック.

    [image]
  7. ライセンス条項の確認

    ライセンス条項を確認する

    [image]
  8. インストールが始まる

    [image]
  9. Eclipse の再起動

    [image]

Eclipse で SQLite3 を使ってみる

  1. sqlitejdbc の jar ファイルの準備

    次の URL からダウンロード

    URL: https://bitbucket.org/xerial/sqlite-jdbc/downloads/

  2. 接続プロファイルの新規作成の開始

    ファイル」→「新規 (New)」→「その他

    [image]
  3. 接続プロファイル」を選び,「次へ」をクリック.

    [image]
  4. SQLite」を選び,「次へ」をクリック.

    [image]
  5. SQLite JDBC Driver」の右横の「新規ドライバー定義」をクリック.

    [image]
  6. 名前/タイプ」をクリックし,「データベースを展開」, 「SQLite JDBC Driver SQLite」を選ぶ.

    [image]
  7. 次に,「Jar リスト」をクリックし, 「Jar/Zip の追加」をクリック.

    [image]
  8. 先ほどダウンロードした sqlitejdbc の jar ファイルを選ぶ.

    [image]
  9. sqlitejdbc の jar ファイルが追加できたことを確認する.

    [image]
  10. SQLite JDBC Driver の設定を確認する.

    必要なら,「データベース・ロケーション」を設定する. 問題無ければ,既定(デフォルト)のままでよい. 「接続のテスト」をクリック.

    [image]
  11. エラーメッセージが出ていないことを確認する.

    [image]
  12. 次へ」をクリック.

    [image]
  13. 設定を確認し,「完了」をクリック.

    [image]

データ・ソース・エクスプローラーの画面

[image]

「新規」で SQL を新規作成し,その後,SQL を編集. 型と名前とデータベースを選んだあと, 右クリックメニューで「すべて実行」

[image]

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]