1 Eclipse IDE 2019-03 のダウンロード,インストール,設定,日本語化,基本操作(Windows 上)
トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows -> Eclipse IDE 2019-03 のダウンロード,インストール,設定,日本語化,基本操作
[サイトマップへ]  

Eclipse IDE 2019-03 のダウンロード,インストール,設定,日本語化,基本操作

Windows マシンで,Eclipse IDE 2019-03 のダウンロードとインストール日本語化を行う手順を図解で説明する. さらに,Eclipse を使うときに欠かせないプロジェクトの作成,Eclipse でのクラスの定義と実行という基本操作の手順も図解で説明する.その他,Eclipse の設定やプラグインについても説明する.

【この Web ページの目次

【関連 Web ページ】

Linux での Eclipse のインストール手順は,別の Web ページに記述している.


インストール前に,あらかじめ決めておく事項

Eclipse IDE 2019-03 のインストールに取りかかる前に,Eclipse インストールディレクトリと,Eclipse のワークスペースを置くディレクトリを決めておくこと. これらディレクトリは,好きに決めていいですが, Eclipse のワークスペースを置くディレクトリは,半角文字でスペースを含まないこと. この Web ページでは,次のように書きます.


Eclipse IDE 2019-03 インストール手順 (Windows 版)

前準備

  1. Eclipse インストール開始時に,JDK のインストールが済んでいること.
  2. 古いバージョンの Eclipse はアンインストールしておくこと.

    C:\eclipse\jee-2019-03, C:\eclipse4.4.1 のようなディレクトリ (あるいは似た名前のディレクトリ)があれば,すでに Eclipse のインストール (古いバージョンかも知れない)が済んでいる可能性がある.

ダウンロード

  1. Eclipse の Web ページを開く

    http://www.eclipse.org/を開く.

  2. ダウンロード用ページへジャンプ

    ページの上の方にある「Downloads」をクリック

    [image]

    DOWNLOAD 64 BIT」をクリック

    [image]

    DOWNLOAD」をクリック

    [image]
  3. .exe ファイルのダウンロードが始まる.

    [image]
    Eclipse の 「Web, XML, and Java EE 及びエンタープライズ開発」に関するプラグインのインストール, 「データツール・プラットフォームのインストール」の Web ページをなどを見てください.
  4. ダウンロードが終わるまでしばらく待つ.

インストール

  1. 先ほどダウンロードした .exe ファイルを管理者として実行
  2. 種類を選ぶ

    [image]

    ※ 「Eclipse IDE for Enterprise Java Developers」を選んだとして説明を続ける.

  3. インストールディレクトリ(フォルダ)として 「C:\eclipse\jee-2019-03」を指定し, 「INSTALL」をクリック.

    [image]
  4. ライセンス条項の確認

    [image]
  5. インストールが始まる

    [image]
  6. ライセンス条項の確認

    [image]
  7. メッセージの確認

    確認の上,チェックし,続行する.

    [image]
  8. インストールが終わったら「LAUNCH」をクリックし,試しに起動してみる(確認のため).

    [image]
  9. 初回起動時に,Eclipse のワークスペースを置くディレクトリを設定できる。 C:\workspaceのような短いディレクトリに設定し直すのが便利。

    ※ 好きなディレクトリでよいが,半角スペースや,全角文字(日本語など)を含むディレクトリは避けるべきである

    [image]
  10. Eclipse の画面が開くので確認する。

    [image]

環境設定と起動チェック

必ず行うべき環境設定を下記に示す.

※ 環境設定の前に,日本語化 を行ってもよいでしょう.

  1. Eclipse の起動
  2. ワークスペースの設定

    Eclipseを起動すると,Eclipse のワークスペースを置くディレクトリを設定できる画面が出る. C:\workspaceのような短いディレクトリに設定し直すのが便利。

    [image]
  3. Eclipse の画面が開く

    [image]
  4. Eclipse で,インストール済みの JRE をに設定

    Eclipse で 「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」, 設定用ウインドウが開くので,「Java」→「Installed JRE(インストール済みのJRE)」

    [image]

    [image]

    【インストール済みの JRE】の変更手順

    インストール済み JRE が,「...jdk...」ではなく, 「...jre...」になっている場合は,変更したほうがよい.(古いバージョンの Java を使っている場合には,このように自動設定されることが多い.手動で変える).

    インストール済みの JRE の変更手順は下記の通り.

    1. ここで「search」ボタンを押して,JDK のディレクトリ(C:\Program Files\Java\jdk...のような)を選ぶ
    2. その後,「C:\java\jdk ...」の方にチェックが入っていることを確認する(入っていなければチェックして、「OK」をクリック)

    ※ なぜ設定しないといけないのか? 

    → Javadoc を使いたいから.知りたいキーワードにマウスをあわせて「SHIFT + F2」と操作すると,Web ブラウザにJavadoc が表示されるようになる.これは便利. (とはいえ,ネットにつながっていないと Javadoc が表示されないので,「Javadoc をダウンロードして使えるようにしたい」というときは,別の Web ページに Javadoc について説明している)

  5. 行番号の表示

    「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」. 設定用ウインドウが開くので, 「general(一般)」→「Editors(エディタ)」→「Text Editor(テキストエディタ)」

    Show line numbers (行番号の表示)」をチェック

    [image]

    [image]
  6. (オプション) 文字コード設定

    Eclipseでテキストファイルを扱う場合の文字コードについて,問題があれば,変更できる.

    「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」. 設定用ウインドウが開くので, 「general(一般)」→「workspace (ワークスペース)」

    「Text file encoding (テキスト・ファイル・エンコード)」と, 「New text file delimiter (新規テキスト・ファイルの行区切り文字)」を設定

    [image]
  7. (オプション) Emacs風キーバインド

    「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」. 設定用ウインドウが開くので, 「General (一般)」 → 「Keys (キー)」 → 「Scheme (スキーム)」のプルダウンから 「Emacs」

    [image]

    参考 Web ページ http://eclipsewiki.net/eclipse/index.php?Emacs%C9%F7%A5%AD%A1%BC%A5%D0%A5%A4%A5%F3%A5%C9

  8. ビルド・パスの確認

    「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」. 設定用ウインドウが開くので, 「Java」→「Build Path (ビルド・パス)」

    「Source and output folder(ソース及び出力フォルダー)」 で,「Folders(フォルダー)」にチェック されているはず.確認しておく.

    「Source folder name (ソース・フォルダー名)」と「Output folder name (出力フォルダー名)」をここままでもよいし,好きに設定してもよい(何でも良いが,別のディレクトリになるように設定すること).

    [image]
  9. java コンパイラのランレベルの確認

    「Window(ウィンドウ)」→「Preferences(設定)」. 設定用ウインドウが開くので, 「Java」→「Compiler(コンパイラ)」

    Compiler compliance Level が,「11」のようになっている.確認しておく.

    [image]

日本語化  

Eclipse IDE 2019-03 に,Pleiades をインストールすると,Eclipse が日本語化される.

  1. Pleiades の Web ページを開く

    http://mergedoc.sourceforge.jp/

  2. 「Pleiades の概要」に目を通しておく

    [image]
  3. 「最新版」を選択

    「Pleiades プラグイン・ダウンロード」があるので, 「Windows」を選んでクリック

    [image]
  4. ダウンロードが始まる

    [image]
  5. ダウンロードが終わったら,展開(解凍)する

    ※ 展開(解凍)のためのソフトとして7-Zipをおすすめしておく.

    zip ファイルの解凍でエラーが出た場合には、ファイルが空だったりするので、続行しないこと。

    [image]
  6. 解凍してできたファイルを確認の上, Eclipse のディレクトリ C:\eclipse\jee-2019-03\eclipse にコピー.

    ※ 上書きするか聞いてくる場合は,「すべて上書き」.

    [image]
  7. eclipse.ini に2行追加

    C:\eclipse\jee-2019-03\eclipse\eclipse.iniの最後に,以下の2行を追加。 Windowsのnotepadだと,改行コードがうまく設定できない場合がある。そのときは、他のエディタを使うこと.

    ------変更後の eclipse.ini の例--------------------------------------
    -startup
    plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.5.300.v20190213-1655.jar
    --launcher.library
    C:\Users\user\.p2\pool\plugins\org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_64_1.1.1000.v20190125-2016
    -product
    org.eclipse.epp.package.jee.product
    -showsplash
    org.eclipse.epp.package.common
    --launcher.defaultAction
    openFile
    --launcher.appendVmargs
    -vmargs
    -Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
    -Dosgi.instance.area.default=@user.home/eclipse-workspace
    -XX:+UseG1GC
    -XX:+UseStringDeduplication
    --add-modules=ALL-SYSTEM
    -Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
    -Dosgi.dataAreaRequiresExplicitInit=true
    -Xms256m
    -Xmx1024m
    --add-modules=ALL-SYSTEM
    -Declipse.p2.max.threads=10
    -Doomph.update.url=http://download.eclipse.org/oomph/updates/milestone/latest
    -Doomph.redirection.index.redirection=index:/->http://git.eclipse.org/c/oomph/org.eclipse.oomph.git/plain/setups/
    -Xverify:none
    -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    

    [image]
  8. クリーン起動

    C:\eclipse\jee-2019-03\eclipse\eclipse.exe -clean.cmdをダブルクリックして実行する.eclipse が起動することを確認する. これは,日本語化に伴う作業なので,1回だけ実行すれば十分である. (Eclipse を起動するときは,今までどおり eclipse.exe を使う,という意味).

    [image]
  9. クリーン起動の結果、Eclipse の画面が現れることを確認。確認したら閉じる

    [image]

    [image]

Eclipse の基本操作

基本操作として,新規プロジェクトの作成,HelloWorld クラス作成, 保存, 実行を試す.

あらかじめ決めておく事項

プロジェクトの新規作成

下記の手順で,プロジェクトを新規に作成します.

プロジェクトを作成すると,ワークスペースのディレクトリ(C:\workspace)の下に, プロジェクトのディレクトリができる.プロジェクトのディレクトリの下には,デフォルトでは,src, bin の2つのサブディレクトリができる.

  1. プロジェクトの新規作成の開始

    「ファイル」→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」
    または,パッケージ・エキスプローラ内で,右クリック→「新規 (New)」→「プロジェクト (Project)」

    [image]
  2. Java プロジェクト」の選択

    Java プロジェクト」を選び,「次へ」をクリック.

    [image]
  3. プロジェクト名の指定

    新規Javaプロジェクトのウインドウが開くので,プロジェクト名を付ける(1行目). プロジェクト名には好きにつけて良いが,全角文字は避ける.分かりやすい名前が良い.

    [image]
  4. Java 設定

    Java 設定はデフォルトのままでよい.「完了」をクリック

    [image]
  5. このとき関連付けに関する確認表示が出ることがある.「パースペクティブを開く」をクリック.

    [image]

    新しいパースペクティブを開く操作は次の通り.

    1. まず,「ウインドウ」→ 「パースペクティブ」→ 「パースペクティブを開く」→ 「その他」と操作する

      [image]
    2. Java パースペクティブの選択

      Java EE パースペクティブを開きたいので, 「Java EE (デフォルト)」を選び, 「OK」をクリック

      ※ Java EE をインストールしていないときなどは、「Java (デフォルト)」にを選ぶ。

      [image]
  6. Java パースペクティブが開いたことの確認

    [image]

パッケージとクラスの作成

パッケージ名は hoge.hoge.com のようなドメイン名を付ける習慣があることに注意してください. この Web ページでは,パッケージ名は,hoge.hoge.com と書き, 作成するクラスのクラス名は,HelloWorld と書きます.

  1. (もし,プロジェクト・エクスプローラが開いていなければプロジェクト・エクスプローラを開く

    「ウインドウ」→「ビューの表示」→「プロジェクト・エクスプローラ」 と操作します.

    [image]

    パッケージの作成,クラスの作成などの作業は,プロジェクト・エクスプローラで行うことにします.

  2. パッケージを新規作成すべきプロジェクトの選択

    プロジェクト・エクスプローラ(左側のウインドウ)を使って,パッケージを新規作成します.

    プロジェクト・エクスプローラ内にプロジェクト一覧が表示されているはずです. 先ほど作成したプロジェクトの中にパッケージを作成したいので, 先ほど作成したプロジェクトのプロジェクト名(つまり HelloWorld)を選んで右クリック.

    [image]
  3. クラスの新規作成の開始

    パッケージ・エクスプローラ(左側のウインドウ)を使って,クラスを新規作成します.

    新規」→「クラス」と操作します.

    [image]

    ※ 「新規」を選んだとき,「クラス」が現れないことがあります. そのときは, 「新規」→「その他」→「Java」→「クラス」と操作します.

  4. Java パッケージ名とクラス名の指定

    Java パッケージ名,クラス名を入力できるウインドウが開くので,設定を行う.

    1. 「パッケージ (package)」には,パッケージ名を書く (2行目の「パッケージのところ). ここでは,「hoge.hoge.com」と書く. ドメイン名の形で書くことになっているので注意.
    2. 「クラス名」を付ける(4行目の「名前」のところ).ここでは HelloWorld と書く.
    3. 作成するメソッド・スタブの選択」にある public static void main(String[] args)にチェックする.main メソッドをもったクラスを作るため.

      [image]

クラス定義

前準備として,パッケージ hoge.hoge.com とクラス HelloWorld を新規作成済みであること(その手順は上で説明).

  1. クラスファイル一覧の表示

    プロジェクト・エクスプローラで, プロジェクト名の下の 「Java リソース; src」または「src」の下を展開すると,パッケージ名 hoge.hoge.com の下に,クラスファイル一覧が出ます.

    [image]
  2. 定義したいクラスのファイルを開く

    HelloWorld クラスを定義したいので, プロジェクト・エクスプローラの パッケージ名の下にあるクラスファイル一覧の中から, 「HelloWorld.java」をクリック. すると,エディタが現れる.

    このように,Eclipse のプロジェクト・エクスプローラで,定義したいクラスの「クラス名.java」クリックすると,エディタが開くことになっています.

    [image]

    なお,別のクラスを追加したいときは, パッケージ名を右クリックして「新規」→「クラス」です.

  3. エディタでクラス定義を行う

    下記のクラス定義をカットアンドペーストしてみて下さい(テスト用に作ったクラス定義です). (パッケージ名を「hoge.hoge.com」と書いているので,パッケージ名を別の名前にしている場合には,適切に読み替えてください).

    ----------------------ここから---------------------
    package hoge.hoge.com;
    
    public class HelloWorld {
        public static void main(String args[])
        {
            System.out.println("Hello Java World !");
        }
    }
    ----------------------ここまで----------------------
    

    [image]
  4. ソースを保存

    「ファイル」→「保存」または CTRL+S で保存される. 保存時にコンパイルされる

    [image]

    コンパイル時のエラーや警告があれば, Eclipse 内の問題・ビューに表示されるので確認する.

実行

  1. 実行したいクラスを選び,右クリック

    パッケージ・エクスプローラで,パッケージ名の下にクラスファイル一覧が出ているので,実行したいクラスの「クラス名.java」 (つまり,HelloWorld.java)右クリック

  2. 実行」 → 「Javaアプリケーション (Java Application)」と操作

    ■ もしくはAlt+Shift+Xを押し,J を押すという操作でもよい.

    [image]
  3. Eclipse 画面の下の方にコンソールが立ち上がり,「Hello Eclipse World!」と出力されるので確認する.

    [image]

プラグインに関して

Eclipse に同梱されているプラグイン

Eclipse には、いくつかのプラグインが同封されているようです. プラグインのことを、「フィーチャ」という場合もあります.

インストールされているプラグインは、「ヘルプ」 → 「Eclipse IDE について」 で表示される「インストール詳細」 で確認できる.

[image]

[image]

代表的なものは次の通りです. ※ Eclipse のバージョンや種類によって違います,ということと、プラグインの追加は簡単にできる.

プラグインの追加

プラグインの追加は簡単にできる. 更新マネージャを使う. 更新マネージャの起動の手順は次の通りです.

  1. ヘルプ」 → 「新規ソフトウエアのインストール

    [image]
  2. 「作業対象」のプルダウンメニューを確認してみる

    [image]
  3. すべての使用可能なサイト」を選ぶ

    [image]
  4. しばらく待つと、プラグインを選べるチェックボックスが開く.追加したいプラグインをチェックして続行.

    [image]

プラグインの更新

プラグインの更新は簡単にできる. 更新マネージャを使う. 更新マネージャの起動の手順は次の通りです.

  1. ヘルプ」 → 「更新の確認

    [image]
  2. しばらく時間がかかる場合がある.
  3. 次のように表示された場合には、プラグインは最新である.

    [image]
  4. 更新したいプラグインをクリック
  5. 「更新」をクリック
  6. あとは指示に従う

プラグインのインストールや更新については,別の Web ページで,手順を説明している.

同梱されていないプラグインの例

同梱されていないプラグインの例としては,下記のものがあります(正確には,Eclipse パッケージごとに違いがあります).必要に応じてインストールする.

  1. TPTP (Test and Performance Tools Platform)

    テスト,モニタリング,トレーシング,プロファイリングのためのフレームワークとサービス

    更新マネージャで,「Europa Discovery Site (Europa ディスカバリーサイト)」 の下の「テストおよびパフォーマンス」でインストールできる.

    http://www.eclipse.org/tptp/

  2. BIRT (Business Intelligence and Reporting Tools)

    PDF, Word, Excel 等でのレポート(帳票)作成支援機能,分析機能のためのフレームワークとツール

    更新マネージャで,「Europa Discovery Site (Europa ディスカバリーサイト)」 の下の「グラフおよびレポート」でインストールできる.

    http://www.eclipse.org/datatools/

  3. EclipseHTMLEditor
  4. SpringIDE
  5. StrutsIDE
  6. FacesIDE

    参考Webページ: http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai3/eclipseplgn04/eclipseplgn04_1.html

なお,WTP, BIRT については, http://www.eclipse.org/downloads/moreinfo/jee.php# や  http://www.eclipse.org/callisto/java.php にチュートリアルがあります.


参考Web ページ

ダウンロードWebページ: http://www.eclipse.org/downloads/index.php

Eclipse に関する参考Webページ: http://www.atmarkit.co.jp/fjava/special/eclipse33/eclipse33_1.html

参考Web ページ: http://www.javaroad.jp/opensource/js_eclipse1.htm

参考Webページ http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai3/eclipse31_01/eclipse31_01_1.html

参考Webページ http://www.stackasterisk.jp/tech/java/wtp01_01.jsp

参考Webページ http://www.eclipse.org/webtools/community/communityresources.html#tutorials

参考Webページ: http://journal.mycom.co.jp/special/2007/eclipse33/menu.html


本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]