トップページ -> プログラミング -> JavaScript による Web プログラミング -> Windows で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Windows で Android SDK のダウンロードとインストールとテスト実行

この Web ページで行うこと

この Web ページでの設定


JDK のダウンロードとインストール

ダウンロード

  1. Java Platform (JDK) の配布ページを開く

    http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

  2. Java Platform (JDK) のダウンロードの開始

    ページ上部の 「Java SE Downloads」の欄から「Java Platform (JDK) 8u20」のダウンロードボタンをクリック

    [image]
  3. ライセンスに同意(Accept License Agreement)し,使用しているOSのバージョンに合わせたものを選択する.

    [image]

    インストール

    1. ダウンロードした実行形式ファイルを実行すると、セットアップが始まる

      [image]
    2. ようこそ画面

      次へ」をクリック.

      [image]
    3. カスタムセットアップ

      デフォルトのままで問題ない.「次へ」をクリック.

      [image]
    4. インストール

      自動で行われるため,特に操作は必要ない

      [image]
    5. インストール先フォルダ

      デフォルトのままで問題ない.「次へ」をクリック.

      [image]
    6. セットアップ

      自動で行われるため,特に操作は必要ない

      [image]
    7. インストール完了

      閉じる」をクリックして終わる.

      [image]
    8. 環境変数の設定

      以下、「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_20」のところは、実際にインストールしたディレクトリに読み替えること

      マイコンピュータを右クリック → プロパティ → 詳細設定 → 環境変数をクリック

      • JAVA_HOME の設定
            ユーザの環境変数→新規
              変数名:JAVA_HOME
            変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_20 ※ 設定例
        

        ※ 設定例

        [image]
      • PATH の設定
            ユーザの環境変数→新規
              変数名:PATH
            変数値:「;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_20\bin」を追加 
        

        ※ 設定例

        [image]

        これによりjavaやjavacと打つだけで実行できるようになる

        すでに,PATH を定義済みのときは,「;」で区切る.

        パスを通す

        1. Windowsのスタートメニューを開き,コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム と辿る
        2. 左側のメニューに「システムの詳細設定」という項目があるのでそこを選択
        3. 「詳細設定タブ」の一番下「環境変数」を選択し,環境変数を変更するウィンドウ<を開く
        4. 下側のグループ「システム環境変数」のなかから「PATH」を探してダブルクリック

          ※すでに記入してある内容は削除しない

          ※変数と変数の間は「;」(半角セミコロン)で区切る

        5. 追記が完了したら「OK」を押してウィンドウを閉じる
      • CLASSPATH の設定
            システム環境変数→新規
            変数名:CLASSPATH
            変数値:.;C:\Program Files\Java
        

        これによりカレントフォルダと「C:\Program Files\Java」の jar ファイルを探せるようになる

        [image]
    9. 設定の確認

      コマンドプロンプトを開き、「java -version」と実行してみる。 エラーメッセージが出なければOK.

      [image]
    10. (オプション) NetBeans IDE をインストールした場合は、試しに起動してみる

      エラーメッセージが出なければOK.

      [image]

      Android SDK Toolsのセットアップ

      ※JDKがインストールされていないとAndroid SDK Toolsはインストールできない.必ずJDKを先にインストールすること

      ダウンロード

      1. Android SDK Tool のダウンロードページへ移動 http://developer.android.com/sdk/index.html
      2. ADT bundle の圧縮形式(.zip)ファイルの最新版をダウンロード

        [image]

        [image]

        インストール

        1. ZIP ファイルを, 分かりやすいディレクトリに解凍する.

          [image]
        2. 解凍が終わったら、Windows で、環境変数 PATH に次を追加する

          「Android SDK」フォルダー内の eclipse フォルダーと、Tools フォルダーと、platform-tools フォルダーのパスを追記する

          例えば次のように. 「C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219」のところは、実際のディレクトリに読み替えること

          C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\eclipse;C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\sdk\tools;C:\adt-bundle-windows-x86_64-20130219\sdk\platform-tools
          

          パスを通す

          1. Windowsのスタートメニューを開き,コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム と辿る
          2. 左側のメニューに「システムの詳細設定」という項目があるのでそこを選択
          3. 「詳細設定タブ」の一番下「環境変数」を選択し,環境変数を変更するウィンドウ<を開く
          4. 下側のグループ「システム環境変数」のなかから「PATH」を探してダブルクリック

            「Android SDK」フォルダー内のTools フォルダーと platform-tools フォルダーのパスを追記する

            ※すでに記入してある内容は削除しない

            ※変数と変数の間は「;」(半角セミコロン)で区切る

          5. 追記が完了したら「OK」を押してウィンドウを閉じる
        3. 確認

          Eclipse はAndroid SDK に同封されている.コマンドプロンプトを開き、「eclipse」と実行してみる。 eclipse が起動すればOK

          [image]

        Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) を用いた設定

        1. Andoid SDK マネージャ (SDK Manager) の起動

          コマンドプロンプトを開き、「android」と実行。

          android
          
        2. インストールしたいパッケージを選択し,インストールを開始

          ◆ 下の実行例では,パッケージとして次のものを選んでいる.

          • Android SDK Tools
          • Android SDK Platform-tools
          • Android 4.2.2 (API 17)
          • Android 2.3.3 (API 10)

          [image]

        Android エミュレータの生成とテスト起動

        1. monitor コマンドを使って,Android Debug Monitor を起動してみる

          android update adb
          adb kill-server
          adb start-server
          monitor
          

          [image]

          [image]
        2. コマンドを使って,Android エミュレータを生成、
          • -n hoge: マシン名
          • -1 1: ターゲットID
          • 「--abi armeabi」: armeabi や x86 を指定

            android create avd -n hoge -t 1 --abi armeabi
            emulator -avd hoge
            

            [image]

            エミュレータの一覧表示は「android」.

            ※エミュレータが起動しない場合の対処法

            環境変数ANDROID_SDK_HOME を、日本語が含まれないディレクトリに設定し、上の手順をやり直す

            [image]

            [image]

        Android デバイス (実機) を接続

        • Android 端末で「開発者オプション」をオンにする
        • Android デバイスを接続し、Windows のデバイスマネージャを使ってドライバをインストール。Android デバイスのドライバのファイルは、Android SDK に同封されている

        Eclipseを起動してみる

        Eclipse はAndroid SDK に同封されている. Eclipse の「Debug」で、「Always ...」をチェック.


      本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

      問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]