トップページ -> コンピュータ -> ツールチェーン -> Windows で OpenJDK 12 のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で OpenJDK 12 のインストール

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

インストール後に行う環境変数の設定


ダウンロードとインストール

  1. ウェブページを開く

    https://openjdk.java.net

  2. install」をクリックする

  3. jdk.java.net」をクリックする

  4. 一番上にある「Ready for use: JDK 12」をクリックする

  5. Windows x64版を選ぶ.

  6. zip 形式のファイルがダウンロードされる.

  7. ダウンロードした zip 形式のファイルを展開(解凍)する.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトには,「7-Zip」などがある.

  8. 展開(解凍)すると「jdk-12.0.1」のようなディレクトリができるので確認する

  9. このディレクトリ「jdk-12.0.1」を C:\の直下に移動.

    C:\の直下以外に移動してもよいが、分かりやすいディレクトリに置くこと。ディレクトリ名に日本語を含まないこと

  10. Windows のシステム環境変数 JAVA_HOME を次のように設定.

    C:\jdk-12.0.1

  11. Windows のシステム環境変数 Path の末尾に次を追加

    C:\jdk-12.0.1\bin

  12. 確認のため、Windows のコマンドプロントを開き、次のコマンドを実行
    java -version
    

    次のように表示されたら OK.表示されない場合には、環境変数の設定を確認する.


サンプルプログラムの実行

サンプルプログラム

  1. ファイル「HelloWorld.java」の作成
    public class HelloWorld
    {
        public static void main(String args[])
        {
            System.out.println("Hello Java World !");
        }
    }
    

  2. コンパイル

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    javac HelloWorld.java
    

  3. 実行

    Windows のコマンドプロンプトで次のように操作

    java HelloWorld
    

    実行結果は次のようになる.


クラス定義の例

public class MyClass
{
    private int x;
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("hello");
    }

    public MyClass()
    {
        x = 0;
    }

    public int sampleMethod(int y)
    {
        return x + y;
    }
}