トップページ -> コンピュータ -> Linux でソフトウエア開発環境を作る -> Ubuntu カスタムディストリビューション
[サイトマップへ]   [英語へ]  

Ubuntu カスタムディストリビューション

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

URL: https://www.kkaneko.jp/cc/linux/dblab-j5.html

◆ 目次

※ 上のそれぞれをクリックすると、各項目にジャンプします.


この Web ページで説明法の概要を紹介する ディストリビューション:

13.10
 
DBLab Lx 13.10

12.04
  DBLab LX 12.04.4 DBLab Linux Lite リミックス 12.04.4 DBLab LXLE リミックス 12.04.4 RC DBLab Zorin Lite リミックス 12.04.4

※ ダウンロードは別の Web ページです.



起動

4種類の起動方法

システムのライブ起動(インストールせずに起動)

ライブ起動したいときは、起動時に「live」を選ぶ。 ハードディスクにインストールしたいときは、起動時に「install」を選ぶ。数十秒待つ

◆下の図は、Virtual Box を使ってライブ起動しているところ

  1. Virtual Box の設定

    まず、Virtual Box の設定画面で、メモリサイズを設定する

    ◆Portable 版の Virtual Box を起動しているところ

    使用するパソコンに合わせてメモリサイズを設定する(256Mのままでは起動が遅い)

  2. Virtual Box で起動操作を行う

  3. 起動できた


ログイン

  1. ubuntuuser を選び「ログイン (Login)」をクリック。待つ。

    ※ 場合によっては、自動ログインが行われる場合がある

  2. ログインできた

ログイン時に、使用する言語を選択できる

ログイン画面で、使用する言語を選ぶことができる


シャットダウン

  1. 左下のメニューで「ログアウト (Logout)」を選ぶ

  2. 「シャットダウン」を選ぶ


画面のデザイン

画面左下のメニュー

  1. 画面左下のメニューでは、アプリケーションなどが 種類ごとにメニュー化されている.

    システムの設定などを行うためのツールなどもメニュー化されている.

画面下側のパネル

画面下側のパネルには、システムの設定などを行うためのランチャーや、各種のインディケータが並んでいる

画面左側のパネル

マウスカーソルを画面の左端付近に移動すると、 画面左側にパネルが現れる.ここには、主要なアプリケーションを起動するための ランチャーが並んでいる.

※ 左下のメニューをたどるのが面倒なときは、ランチャーが便利.

デスクトップアイコン

デスクトップアイコンの READMEj.html には、パスワード等の情報が記述されている.

※ デスクトップアイコンが不要ならば、アイコンを右クリックして、メニューを出すことで、簡単に消すことができる.

右クリックによるメニュー

画面中の何もないところを右クリックすると、メニューが現れる

このメニューには、良く使うと予想されるアプリケーションや、システム設定用のツールなどがメニュー化されいている.


画面左側のメニュー内のランチャーを用いたアプリケーション起動の例


各種設定の例

かな漢字変換モードの確認

かな漢字変換モードは、 CTRL + スペースキー(同時押し)あるいは半角/全角キーで切り替え.

キーボードの設定変更

Lxkeymap を起動. キーボードの種類を変えることができる。

かな漢字変換の設定変更

キーボード・インプットメソッド (ibus-setup) を起動. かな漢字変換に関する設定を変更できる.

新しい言語のインストール

言語サポート (gnome-language-selector) を起動.

システムの更新

ソフトウエアの更新 (update-manager) を用いて、 OS のカーネルも、アプリケーションソフトウエア等も一括で更新できる.

新しいソフトウエアのインストール

Lubuntu ソフトウエアセンター (lubuntu-software-center) を用いて、 新しいソフトウエアの検索とインストールができる


仮想デスクトップの1番と2番の切り替え


ファイルマネージャ

ホームディレクトリ (/home/ubuntuuser)

ルートディレクトリ (/)