トップページ -> コンピュータ -> Linux でソフトウエア開発環境を作る -> Ubuntu カスタムディストリビューション
[サイトマップへ]   [英語へ]  

Ubuntu カスタムディストリビューション

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

◆ 目次

※ 上のそれぞれをクリックすると、各項目にジャンプします.


◆ ISO イメージファイルの使い方

ISO イメージファイルを使って,次のことが簡単にできます.


◆ ISO イメージファイルを用いたライブ起動、インストールの手順

ISO イメージ・ファイルからライブ USB メモリを作成.ライブ USB メモリ を用いてライブ起動

  1. ISO イメージファイルをダウンロードする
  2. LinuxLive USB Creator のようなツールを用いて、 ライブ USB メモリ (「USB キー」とも言う)を作成する

    別の Web ページ で, ライブ USB メモリの作成手順を説明している.

    ISO イメージファイルからのライブ USB メモリの作成には、

    ライブUSBメモリの作成には,そのためのUSBメモリを準備する必要があります

  3. ライブ USB メモリをパソコンに挿入し、 パソコンを起動する。このとき、 BIOS メニューで、USBからの起動を行うように設定する
  4. メニューで「live - boot the Live System」を選ぶ

    ライブUSBメモリを使うには、 BIOSでUSB メモリからの起動を行うように設定できることが条件になる.

  5. 数分ほど待つと、Ubuntu がライブ起動する

※ ライブUSBメモリを使い、Ubuntu のライブ起動もできますし、Ubuntu のインストールもできます. ライブUSBメモリの作成時に、どの作成ソフトを使ったとしても、 「ファイルの更新結果が USB メモリに残る」ように設定することが簡単にできます. これが、DVD でのライブ起動と大きな違いです.

ISO イメージ・ファイルを DVD-R に書き込み,ライブ DVD を作成.ライブ DVD を用いてライブ起動

  1. ISO イメージファイルをダウンロードする
  2. ISOイメージファイルを DVD-R に焼き、ライブ DVDを作成する.
  3. ライブ DVD をパソコンに挿入し、 パソコンを起動する。このとき、 BIOS メニューで、DVDドライブからの起動を行うように設定する
  4. メニューで「live - boot the Live System」を選ぶ
  5. 数分ほど待つと、Ubuntu がライブ起動する

ISO イメージ・ファイルを DVD-R に書き込み,その後、Ubuntu を内蔵ハードディスクにインストール

  1. ISO イメージファイルをダウンロードする
  2. ISOイメージファイルを DVD-R に焼き、ライブ DVDを作成する.
  3. ライブ DVD をパソコンに挿入し、 パソコンを起動する。このとき、 BIOS メニューで、DVDドライブからの起動を行うように設定する
  4. メニューで「install - start the installer directly」を選ぶ
  5. 数分ほど待つと、インストール用の画面が表示される。インストール操作を行う

仮想マシンソフトウエアでマウントして使う

仮想マシンソフトウエア(VMwarePlayerOracle VirtualBox など)では、DVD に焼かなくても、ISO イメージファイルを DVD に見せかける機能(仮想DVD)があるのが普通です.

※当然ですけど, 仮想マシンソフトウエアのインストールが必要になります

※ ISO イメージファイルのサイズ が 4,294,967,296 バイト以上 のときは,ext2 (あるいは ext3) フォーマット済みの USB メモリを準備しておき,Linux 版の unetbootin を使ってライブ USB メモリを作ることができます.簡単です. 経験上 ext4 は避けておいたほうがいい。 unetbootin の説明書も見てください。


◆ 起動に関する注意点

ライブ起動であっても既存のハードディスクの中のファイルを消去することが簡単にできるので注意してください

この Web ページの「カスタム ISO イメージファイル」を使って起動し, ある特定の操作を行うと、 既存のハードディスクの中のファイルをすべて消去するなど、重大な変更を簡単に行うことができます.


◆ USB メモリ(あるいは DVD)を用いたライブ起動/インストール手順

□ ISO イメージファイルからのDVD-R の作成手順

※ ISO イメージファイルのサイズが DVD 1枚に収まる場合に限る

DVD 書き込みソフトウエア Brasero を用いて DVD に焼く手順(例)

@ ISOイメージファイルと,DVD-R のメディアを準備 A DVD-R 書き込みソフトウエア

B DVD-R への書き込み開始

C DVD-R への書き込み終了

□ USB メモリ(あるいは DVD)を用いたライブ起動手順

システムを起動しますと, 起動時にメニューが出て、ライブ起動かインストールかを選べます. ライブ起動したいときは、Live を選んでください。

@ BIOS 等の設定で「USB メモリ起動」あるいは「DVD 起動」するように設定し,起動する. (下の画面は「DVD 起動」している例)

A live - boot the Live System を選ぶ

B 起動するまでしばらく待つ

C ログインしたいユーザの選択

D 所定の初期パスワード

E しばらく待つと画面が変わる

F ライブ起動でもファイルを作ることはできる

G システムを終了したいときはシャットダウン操作を行う

H 停止,再起動などを選ぶ

I 再びライブ起動すると,前回のライブ起動時に行った変更(ファイルの作成や変更など)はすべて消えていることが分かる

□ USB メモリ(あるいは DVD)を用いたインストール手順

システムを起動しますと, 起動時にメニューが出て、種類が選べます. オペレーティングシステムのインストールを行いたいときは、Install を選んでください。 DVDからのシステムのインストールが始まります.

@ BIOS 等の設定で「USB メモリ起動」あるいは「DVD 起動」するように設定し,起動する. (下の画面は「DVD 起動」している例)

A install - start the installer directly を選ぶ

B 言語の選択

C インストール準備

D ディスク領域の割り当て

E インストール開始

F タイムゾーン

G キーボードレイアウト

I しばらく待つ(DVD の場合には30分以上くらいかかります.USB メモリはもっと速い)

J 再起動の開始

K Enter キーを押すように指示されるので Enter キーを押す

(13) USB メモリ(あるいは DVD)を取り出して,システムを起動

□ ライブ USB メモリの作成手順

Windows の場合. Linux Live USB Creator (on Windows)を使用している.

/TR>

Linux の場合. Unetbootin