トップページインストール,使い方Ubuntu, WSL2OpenMVS (open Multi View Stereo) のインストール(Ubuntu 上)

OpenMVS (open Multi View Stereo) のインストール(Ubuntu 上)

OpenMVS は、MVS (Multi View Stereo) の機能を持つオープンソースソフトウェア.

URL: https://github.com/cdcseacave/openMVS

外部へのリンクhttps://github.com/cdcseacave/openMVS

前準備

Ubuntu のシステム更新

Ubuntu で OS のシステム更新を行うときは, 端末で,次のコマンドを実行する.

Ubuntu のインストールは別ページで説明している.

sudo apt -y update
sudo apt -yV upgrade
sudo /sbin/shutdown -r now

C/C++ コンパイラー,make,パッケージツールのインストール(Ubuntu 上)

インストールするには,端末で,次のコマンドを実行する.

sudo apt -y install build-essential gcc g++ make libtool texinfo dpkg-dev pkg-config

NVIDIA ドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.7, NVIDIA cuDNN 8.4.1 のインストールのインストール(Ubuntu 上)

Ubuntu での NVIDIA ドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.7, NVIDIA cuDNN 8.4.1 のインストール: 別ページで説明している.

Git, cmake のインストール(Ubuntu 上)

インストールするには,端末で,次のコマンドを実行する.

sudo apt -y install git cmake cmake-curses-gui cmake-gui

OpenMVS のインストール(ソースコードを使用)(Ubuntu 上)

Eigen のインストール(Ubuntu 上)

端末で,次のコマンドを実行する.

Ubuntu 22.04 では Eigen 3.4.0 がインストールされる.

sudo apt -y install libeigen3-dev

SuiteSparse, CXSparse, libmetis, BLAS, LAPACK のインストール(Ubuntu 上)

端末で,次のコマンドを実行する.

Ubuntu 22.04 では SuiteSparse 5.10.1, libmetis 5.1.0 がインストールされる.

sudo apt -y install libatlas-base-dev libsuitesparse-dev

Ceres Solver のインストール(ソースコードを使用)(Ubuntu 上)

公式ページ http://ceres-solver.org/installation.html の手順に従う.

  1. 前提ソフトウェア

    Ceres Solver のインストールのために, cmake, google-glog, glfags, Eigen, BLAS, LAPACK, Eigen 3, SuiteSparse, CXSparse をインストールする.

    端末で,次のコマンドを実行する.

    sudo apt -y install cmake libgoogle-glog-dev libgflags-dev libatlas-base-dev libeigen3-dev libsuitesparse-dev
    
  2. Ceres Solver のビルド

    -b 2.1.0」は 2022年8月時点の最新の安定版(バージョン 2.1.0)をダウンロードすることを指定している. 最新の安定版については https://github.com/ceres-solver/ceres-solver で確認.

    (安定版よりも新しい版などでは,うまく動作しないということもありえるので注意).

    cd /tmp
    sudo rm -rf ceres-solver
    git clone https://ceres-solver.googlesource.com/ceres-solver -b 2.1.0
    cd ceres-solver
    mkdir build
    cd build
    cmake .. -DEIGENSPARSE=ON -DSUITESPARSE=ON \
      -DSuiteSparse_AMD_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_CAMD_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_COLAMD_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_CCOLAMD_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_CHOLMOD_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_SPQR_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_Config_INCLUDE_DIR=/usr/include/suitesparse \
      -DSuiteSparse_Config_LIBRARY=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/libsuitesparseconfig.a
    make -j4
    
  3. 終了の確認

    ここまでの一連の操作で,エラーメッセージが出るなどの問題がないこと.

    [image]
  4. Ceres Solver のインストール
    sudo make install
    

    [image]
  5. 終了の確認

    [image]
  6. 動作確認
    cd /tmp/ceres-solver/build
    ./bin/simple_bundle_adjuster ../data/problem-16-22106-pre.txt
    

    [image]
  7. テスト
    make test
    

    [image]
  8. テスト結果の確認

    [image]

Boost, OpenCV, CGAL, VCGLib, GLFW3, その他のインストール

以上のほか、OpenMVS のインストールに必要なものをインストールする.

この手順は,次の Web ページの説明による.

https://github.com/cdcseacave/openMVS/wiki/Building

端末で,次のコマンドを実行する.

#Prepare and empty machine for building:
sudo apt -y install git cmake libpng-dev libjpeg-dev libtiff-dev libglu1-mesa-dev

#Boost (Required)
sudo apt -y install libboost-iostreams-dev libboost-program-options-dev libboost-system-dev libboost-serialization-dev

#OpenCV (Required)
sudo apt -y install libopencv-dev

#CGAL (Required)
sudo apt -y install libcgal-dev libcgal-qt5-dev

#VCGLib (Required)
cd /usr/local/
sudo rm -rf vcglib
sudo git clone https://github.com/cdcseacave/VCG.git vcglib
sudo chown -R $USER vcglib

#GLFW3 (Optional)
sudo apt -y install freeglut3-dev libglew-dev libglfw3-dev

OpenMVS のインストール(Ubuntu 上)

#OpenMVS
cd /tmp
sudo rm -rf openMVS
git clone https://github.com/cdcseacave/openMVS.git openMVS
sudo rm -rf openMVS_build 
mkdir openMVS_build 
cd openMVS_build
cmake . ../openMVS -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DVCG_ROOT="/usr/local/vcglib"

#Install OpenMVS library (optional):
make -j2 
sudo make install

OpenMVS のインストールでの 「make -j2」でエラーが出るときは, NVIDIA CUDA ツールキットを使うことをあきらめて, 「cmake . ../openMVS -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DVCG_ROOT="/usr/local/vcglib"」の代わりに 次のように操作する. そして,残りを実行する.

cmake . ../openMVS -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DVCG_ROOT="/usr/local/vcglib" -DOpenMVS_USE_CUDA=OFF
  • インストール終了の確認.

    ここまでの一連の操作で,エラーメッセージが出るなどの問題がないこと.

    [image]