1 libiconv 1.16 をソースコードからビルドして、インストール(MSYS2 を使用)(Windows 上)
トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)libiconv 1.16 をソースコードからビルドして、インストール(MSYS2 を使用)(Windows 上)

libiconv 1.16 をソースコードからビルドして、インストール(MSYS2 を使用)(Windows 上)

libiconv のインストールは,複数の方法がある.

以下,Windows で,libiconv をソースコードからビルドして,インストールする手順をスクリーンショットで説明する.MSYS2 を使用する.

目次

libiconv の利用条件などは、利用者が確認すること

謝辞

libiconv の作者に感謝します

前準備

cmake, 7-Zip のインストール(Windows 上)

Windows での cmake, 7zip のインストール手順: 別ページで説明している.

MSYS2 の C/C++ 環境, make のインストール

libiconv のインストール(MSYS2 を使用)

  1. Windows のコマンドプロンプトを実行する.
  2. make を確認する

    MSYS2 の make が表示されることを確認する

    where make
    

    [image]
  3. libiconv のインストールディレクトリを削除する
    mkdir c:\tools
    cd c:\tools
    rmdir /s /q libiconv-1.16
    

    [image]
  4. libiconv のソースコードをダウンロード
    cd c:\tools
    del libiconv-1.16.tar.gz
    wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/libiconv/libiconv-1.16.tar.gz
    del libiconv-1.16.tar
    "c:\Program Files\7-Zip\7z.exe" x libiconv-1.16.tar.gz
    rmdir /s /q libiconv-1.16
    "c:\Program Files\7-Zip\7z.exe" x libiconv-1.16.tar
    

    [image]
    (以下省略)
  5. configure の実行

    ※ 「--target=x86_64-win64-vs15 」と指定しているように、libiconv が、Microsoft の C/C++ コンパイラで使用できるように設定している

    ※ 「--prefix="C:/tools/libiconv-1.16」で「/」を使っているのは間違いではない(\を使うとエラーが出やすいため)

    ※ 「bashがない!」というときは、 別ページの説明により Git for Windows をインストールする.

    [image]
    (以下省略)
  6. configure の実行結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと

    [image]
  7. Windows で libiconv を ソースコードからビルドし、インストールする
    cd c:\tools
    cd libiconv-1.16
    make
    make install
    
  8. 実行結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ていないことを確認.

    [image]
  9. システム環境変数 LIB の設定

    次のように追加する

    c:\tools\libiconv-1.16\lib

    [image]