トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)libiconv のインストール(MSYS2,pacman を利用)(Windows 上)

libiconv のインストール(MSYS2,pacman を利用)(Windows 上)

libiconv のインストールは,複数の方法がある.

以下,Windows で,libiconv をソースコードからビルドして,インストールする手順を説明する.MSYS2 を使用する.

目次

libiconv の利用条件などは、利用者が確認すること

謝辞

libiconv の作者に感謝します

前準備

MSYS2 のインストール(Windows 上)

MSYS2 は,ターミナル minttyシェル bash各種UNIX風コマンドの詰め合わせ.

Windows でのMSYS2 の MINGW64 環境のインストールと,LLVM(Clang, Flang, LLD, LLDB)のインストールと,GNU ツールチェーン類 (gcc, g++, gfortran, gdb, make, ninja, ccache, svn 等) のインストール(MSYS2 を利用 ): 別ページで説明している.

libiconv のインストール(MSYS2 を使用)

  1. Windows で「MSYS2 MINGW64」を実行.
  2. 「MSYS2 MINGW64」で,次のコマンドを実行
    pacman -Sy libiconv
    
  3. Windowsシステム環境変数 LIB に次を追加する.

    C:\msys64\mingw64\lib

    コマンドプロンプトを管理者として開き, 次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"LIB\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\msys64\mingw64\lib\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"LIB\", $oldpath, \"Machine\")"