トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Windows で libPCL 1.9.1, Boost, Eigen, OpenNI 2.2, NITE2 のインストール

Windows で libPCL 1.9.1, Boost, Eigen, OpenNI 2.2, NITE2 のインストール

Windows での,libPCL 1.9.1, Boost, Eigen, OpenNI 2.2, NITE2 のインストール手順を説明する.

libPCL には次の機能がある.

※ libPCL およびサードパーティソフトウェア(Boost, Eigen, FLANN, OpenNI, NITE2 など) の利用条件などは、利用者が確認すること。

サイト内の関連ページ

謝辞

libpcl および関連ソフトウェアの作者 そして Windows ビルドの配布者に感謝します

ここで行う設定

システム環境変数

ダウンロードとインストール

  1. ウェブページを開く

    https://github.com/PointCloudLibrary/pcl/releases

    Visual Studio のバージョン、Windows 32 ビット版か Windows 64ビット版かを選ぶ.

    下の図では、Visual Studio 2017、Windows 64ビット版を選んでいる.

    下の図が古くなっている可能性がある。 最新版を選ぶこと。以下、バージョン「1.9.1」をインストールしたとして説明を続ける。

    [image]
  2. ダウンロードが始まる.

    しばらく待つ

    [image]
  3. ダウンロードした .exe ファイルを実行

    [image]
  4. ようこそ画面では,「次へ」をクリック.

    [image]
  5. ライセンス条項を確認する

    [image]
  6. インストールオプションでは,次のように操作する.

    [image]
  7. インストールディレクトリ(フォルダ)の設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  8. スタートメニューフォルダの設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  9. コンポーネントの選択は,既定(デフォルト)のままでよい.「インストール」をクリック.

    [image]
  10. インストールが始まる

    [image]
  11. OpenNI 2.2 のインストールディレクトリ(フォルダ)の設定は,既定(デフォルト)のままでよい.「Install」をクリック..

    [image]
  12. 次のように表示される場合がある.確認の上「インストール」をクリック.

    [image]
  13. OpenNI 2.2 インストール終了の確認.「Finish」をクリック.

    [image]
  14. libpcl インストール終了の確認.「完了」をクリック.

    [image]

Windowsシステム環境変数の設定

Windows での環境変数の設定は,マイコンピュータを右クリック → プロパティ→ 詳細設定 → 環境変数をクリック

Windowsの画面の表示では、「\」(円マーク)が表示される

  1. システム環境変数 PKG_CONFIG_PATH に,C:\Program Files\PCL 1.9.1\lib\pkgconfig を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    ※ 「1.9.1」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"PKG_CONFIG_PATH\", \"C:\Program Files\PCL 1.9.1\lib\pkgconfig\", \"Machine\")"
    
  2. システム環境変数 PCL_ROOT に,C:\Program Files\PCL 1.9.1 を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"PCL_ROOT\", \"C:\Program Files\PCL 1.9.1\", \"Machine\")"
    

    ※ 「1.9.1」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

  3. システム環境変数 OPENNI2_INCLUDE64 に,C:\Program Files\OpenNI2\include\ を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"OPENNI2_INCLUDE64\", \"C:\Program Files\OpenNI2\include\\", \"Machine\")"
    
  4. システム環境変数 OPENNI2_LIB64 に,C:\Program Files\OpenNI2\lib\ を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"OPENNI2_LIB64\", \"C:\Program Files\OpenNI2\lib\\", \"Machine\")"
    
  5. システム環境変数 OPENNI2_REDIST64 に,C:\Program Files\OpenNI2\Redist\ を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"OPENNI2_REDIST64\", \"C:\Program Files\OpenNI2\Redist\\", \"Machine\")"
    

サードパーティソフトウェアに関する設定

libpcl に付属のサードパーティソフトウェアを使いたいときの設定

  1. (オプション)Windowsのシステム環境変数 Boost_ROOTの設定

    libpcl に付属の BOOST を使いたいときに設定.

    システム環境変数 Boost_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.1」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.1\3rdParty\Boost
    

    [image]
  2. (オプション)Windowsのシステム環境変数 EIGEN_ROOTの設定

    libpcl に付属の eigen を使いたいに設定.

    システム環境変数 EIGEN_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.1」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.1\3rdParty\Eigen\eigen3\Eigen
    

    [image]
  3. (オプション)Windowsのシステム環境変数 FLANN_ROOTの設定

    libpcl に付属の flann を使いたいときに設定.

    システム環境変数 FLANN_ROOT がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する.   設定が違っているときは修正する.

    ※ 「1.9.1」のところは、実際にインストールしたバージョンに読み替えること

    C:\Program Files\PCL 1.9.1\3rdParty\FLANN
    

    [image]

libpcl の利用例