トップページ -> コンピュータ -> Windows -> Windows で Octave 4.0.1 のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で Octave 4.0.1 のインストール 

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

OctaveはMATLABに類似のシステム

謝辞

Octave の作者に感謝します


ダウンロードとインストール

  1. ウェブページを開く

    https://ftp.gnu.org/gnu/octave/windows/

  2. 最新の64ビット版のインストーラを選ぶ

  3. ダウンロードが始まる

  4. ダウンロードした .exe ファイルを実行

  5. ようこそ画面では「Next」をクリック

  6. ライセンス条項の確認.同意できる場合のみ「Next」をクリックすること.

  7. インストールオプションは,既定(デフォルト)のままでよい.「Next」をクリック.

  8. インストールディレクトリ(フォルダ)は,既定(デフォルト)のままでよい.「Install」をクリック.

  9. インストールが始まる.

  10. インストール完了の確認.「Finish」をクリック.

  11. 試しに起動してみる.

    初回起動時には次のような確認画面が開く

  12. 試しに使ってみる
    X = rand(2000);
    Y = rand(2000);
    tic(); Z = X * Y; toc();
    


Octave を使ってみる

【実測値の例】Intel Core i7 6700, Octave バージョン 4.0.1


(a) 行列と行列の積:
X = rand(2000,2000); Y = rand(2000,2000); tic(); Z = X * Y; toc()


(b) LU 分解 (LU decomposition):
X = rand(2000,2000); tic(); [L, U, P] = lu(X); toc()


(c) 正方行列の逆行列:
X = rand(2000,2000); tic(); [Z, RCOND] = inv(X); toc()


(d) 行列式 (determinant):
X = rand(2000,2000); tic(); [D, RCOND] = det(X); toc()


(e) Singular Value Decomposition (SVD):
X = rand(2000,2000); tic(); [U, S, V] = svd(X); toc()


(f) QR factorization (QR decomposition ともいう):
X = rand(2000,2000); tic(); [Q, R, P] = qr(X); toc()


(g) 分散共分散行列:
X = rand(2000,2000); Y = rand(2000,2000); tic(); Z = cov(X, Y); toc()


(h) 分散共分散行列の固有値と固有ベクトル(主成分分析):
X = rand(2000,2000); tic(); [v, L] = eig( cov(X) ); toc()


(i) princpmp 関数による主成分分析:
X = rand(2000,2000); tic(); [pc, z, w, Tsq] = princomp(X); toc()


(j) 2次元の畳み込み(コンボリューション):
X = rand(2000,2000); B = rand(21); tic(); Z = conv2(X, B, 'full'); toc()


(k) 2次元の高速フーリエ変換 (FFT):
X = rand(2000,2000); tic(); Z = fft2(X, 2000, 2000); toc()


(l) convex hull:
x = rand(1000000,1); y = rand(1000000,1); tic(); H = convhull(x, y); toc()