トップページ -> インストール,設定,利用 -> Windows ソフトウエア -> Python 3.8 のインストール(Windows上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Python 3.8 のインストール(Windows上)

Windows での Python 3.8 のインストール,インストール後の設定,virtualenv, virtualenv-wrapper, Python の各種パッケージのインストール,性能確認の手順をスクリーンショット等で説明する.

ユースケース: Python バージョン3.8を使う場合.

TensorFlow を使う予定がある場合は,https://pypi.org/project/tensorflow-gpu/#filesで,必要な Python のバージョンを確認しておくこと. 2019/12 時点では,Python 2.7 か 3.5 か 3.6 か 3.7

【このページの目次】

  1. Windows 用の Python のダウンロードとインストール
  2. Python のインストール後の確認
  3. Python のインストール後の設定
  4. 性能の確認
  5. Windows で virtualenv, virtualenv-wrapper のインストール

参考 Web ページ: https://docs.python.org/ja/3/using/windows.html


Windows 用の Python のダウンロードとインストール

  1. Python の Web ページを開く

    http://www.python.org/を開く

  2. ダウンロード用ページへジャンプ

    ページの上の方にある「Downloads」をクリック

  3. Python のバージョンを選ぶ

    TensorFlow を使う予定がある場合は,https://pypi.org/project/tensorflow-gpu/#filesで,必要な Python のバージョンを確認しておくこと. 2019/12 時点では,Python 2.7 か 3.5 か 3.6 か 3.7

    以下,Python 3.8.1 を選んだとして説明を続ける.他のバージョンでも以下の手順はだいたい同じである.

  4. 画面が切り替わる.ファイルの種類を選ぶ.

    Windows の 64ビット版のインストーラをダウンロードしたいので、「x86_64-executable-installer」を選ぶ

  5. ダウンロードが始まる

  6. いまダウンロードしたファイルを実行する

    [image]
  7. Install launcher for all users (recommended)」と 「Add Python 3.8 to PATH」をチェックして、 「Install Now」をクリック

  8. インストールが始まる

  9. インストールの終了

    Disable path length limit」が表示されたときは、クリックして、パス長の制限を解除する

    Close」をクリック


Python のインストール後の確認

  1. Windowsのユーザ環境変数PATHの 先頭部分を確認

    さきほど、「Add Python ... to PATH」をチェックしたので、 Python についての設定が自動で行われたことを確認する

  2. Windows で,コマンドプロンプトを実行
  3. p と pip にパスが通っていることの確認
    ※ 「py」は,Windows のPythonランチャーAnaconda 3 内の Python などを間違って使ってしまわないように,Pythonランチャーを使って Python を起動している.

    次のコマンドを実行

    where py
    where pip
    

    ※ 表示は下図と違うことがありえる.エラーメッセージが出ないことを確認.

    [image]
  4. python のバージョンの確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認.

    py --version 
    

    [image]
  5. Python のビルドに用いられたコンパイラのバージョン番号の確認
    py
    

    下の実行例では、バージョン番号として「1916」が表示されている

    [image]
  6. 引き続き,次のPythonプログラムを実行し,バージョン番号を確認する

    下の実行例では、バージョン番号として「14.1」が表示されている

    from distutils.msvc9compiler import *
    get_build_version()
    

    [image]

    exit() で終了

    [image]
  7. pip の動作確認

    Python のパッケージも同時にインストールされることが分かる.

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認.

    pip list
    

    [image]

Python のインストール後の設定

  1. pip更新
    ※ 「py」は,Windows のPythonランチャーAnaconda 3 内の Python などを間違って使ってしまわないように,Pythonランチャーを使って Python を起動している.

    ※ 「py -m pip install ...」は,Python パッケージをインストールするためのコマンド.

    py -m pip install --upgrade pip
    

    [image]
  2. setuptools の更新
    pip install -U setuptools
    

    [image]
  3. pip list」でバージョンを確認

    pip list
    

    [image]

性能の確認

行列の積, 主成分分析, SVD, k-Means クラスタリングを実行し,性能を確認する.

まず,前準備として,次のコマンドを実行

pip install -U numpy
pip install -U scikit-learn

性能の確認のため,次のコマンドを実行

import time
import numpy
import numpy.linalg
import sklearn.decomposition
import sklearn.cluster
X = numpy.random.rand(2000, 2000)
Y = numpy.random.rand(2000, 2000)
# 行列の積
a = time.time(); Z = numpy.dot(X, Y); print(time.time() - a)
# 主成分分析
pca = sklearn.decomposition.PCA(n_components = 2)
a = time.time(); pca.fit(X); X_pca = pca.transform(X); print(time.time() - a)
# SVD
a = time.time(); U, S, V = numpy.linalg.svd(X); print(time.time() - a)
# k-means
a = time.time(); 
kmeans_model = sklearn.cluster.KMeans(n_clusters=10, random_state=10).fit(X)
labels = kmeans_model.labels_
print(time.time() - a)

実行結果の例


Windows で virtualenv, virtualenv-wrapper のインストール

参考 Web ページ: https://www.python.jp/install/windows/virtualenv.html

  1. Windows で,コマンドプロンプトを実行
  2. virtualenv, virtualenv-wrapper のインストール

    ※ 「py -m pip install ...」は,Python パッケージをインストールするためのコマンド.

    py -m pip install --upgrade pip
    py -m pip install -U setuptools
    py -m pip install -U virtualenv virtualenvwrapper-win
    

virtualenv-wrapper の使い方


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]