トップページ -> プログラミング -> JavaScript による Web プログラミング -> Eclipse で Android sl4a のプログラムを作成してみる
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Eclipse で Android sl4a のプログラムを作成してみる


前準備

前準備として,下記のインストールが済んでいること.


(オプション) Android エミュレータの作成と起動

デバッグのために Android エミュレータが便利な場合がある.

  1. SD カード・イメージファイルの作成

    ◆ 作成手順例

    mksdcard 500M /var/tmp/sdcard
    

    [image]
  2. Android AVD マネージャの起動
    android avd
    

    [image]
  3. Android エミュレータ作成

    [image]

    SD カードは、先ほど作成した SDカード・イメージファイル名を指定する

    [image]
  4. Android エミュレータの起動

    [image]

    [image]
  5. いま作成した Android エミュレータを、SL4A のデバッグ用に使いたい場合には、 SL4A のインストールと、各種インタプリタのインストール を行う

Eclipse で SL4A テンプレートを使ってみる

Eclipse プロジェクト形式になった SL4J プログラムが配布されているので、ひな形(テンプレート)として使うことにする.

  1. ダウンロード

    次のURLからダウンロードする。ダウンロードしたファイルは、わかりやすいディレクトリ(例えば /tmp)に保存する.

    http://android-scripting.googlecode.com/hg/android/script_for_android_template.zip

    [image]
  2. (オプション)解凍して中身を確認

    ◆ Ubuntu での実行手順例

    cd /tmp
    unzip script_for_android_template.zip
    

    [image]
  3. Eclipse を起動
  4. ファイル (File)」 → 「インポート (Import)」 と操作

    [image]
  5. 一般」を展開し、 「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選ぶ、 「次へ (Next)」をクリック

    [image]
  6. 先ほどダウンロードした zip ファイルを選び、「完了」をクリック.

    [image]
  7. ScriptForAndroidTemplate」という名前のプロジェクトができるので確認する

    [image]
  8. Python ソースコード res/raw/script.py の確認

    [image]
  9. AndroidManifesto.xml の確認

    いまは、 Python ソースコード res/raw/script.py をそのまま実行したいので、 AndroidManifesto.xml は確認するだけで何もしない

  10. project.properties で、ターゲットの Android のバージョンを指定

    ◆ バージョン 4 に指定したい場合

    target=android-4 
    

    [image]

    ◆ バージョン 17 に指定したい場合

    target=android-17 
    

    [image]

    インストール済みの Android SDK のバージョンは、Android SDK マネージャで確認できる.

    1. 前もって、開発対象の Android 実機に搭載されている Android のバージョンを確認しておく
    2. Android 実機の Android バージョンと同じ Android SDK をインストールしておく
    3. project.properties に正しいバージョンを指定する
  11. 自動でビルドが行われる

    エラーを示す印が無いことを確認する

    [image]

    ※ エラーが出ている場合には、project.properties での、ターゲットの Android のバージョン指定を見直すと治ることがある

  12. 実行したいので、プロジェクトを右クリックし、 「実行」 → 「Android アプリケーション」と操作する

    [image]
  13. (オプション) 実行したい Android デバイスの選択

    2台以上の Android デバイスがあるときの操作

    [image]
  14. Logcat に関する確認表示

    [image]
  15. (オプション) Android 機器側に「Pythonをインストールするか」と表示された場合には、インストールする
    1. インストールの問いに対して「Yes」

      [image]
    2. ダウンロード (Downloads) を選ぶ

      [image]
    3. Pythonの apk ファイルを選ぶ

      [image]
    4. インストールを指示する

      [image]
    5. インストールが始まるので確認する

      [image]
    6. Open」を選ぶ

      [image]
    7. Install」を選ぶ

      [image]
  16. 表示が現れて、すぐに消える

    これでテスト実行はOK.

    [image]

JavaScript プログラムを書いてみる


JRuby プログラムを書いてみる

GPS

Eclipse で、次のようなプログラムを作り、res/raw/script.rb というファイル名で保存する.

元からあるファイル script.py は削除しておくこと.

◆ プログラム例

require 'android'
require 'fileutils'

droid = Android.new
droid.startLocating
sleep 10
a = droid.readLocation
droid.stopLocating
f = open("data.txt", "w")
f.write(a)

次のようなファイルができる

[image]

本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]


Android Studio での操作手順(書きかけ)

[image]

[image]

[image]

[image]

[image]

[image]

[image]