トップページインストール,使い方オープンデータ,データファイル処理Python で Excel ファイルを扱う(Python,Win32 を使用)

Python で Excel ファイルを扱う(Python,Win32 を使用)

前準備

Python の準備

Python のまとめ: 別ページにまとめている.

Python の公式ページ: http://www.python.org/

pywin32 のインストール

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行

    コマンドプロンプトを管理者として実行: 別ページで説明している.

  2. pip と setuptools の更新

    python -m pip install -U pip setuptools
    
  3. pywin32 のインストール

    端末で,次のコマンドを実行する.

    pip install -U wheel pywin32
    

    [image]
  4. 確認のため次のコマンドを実行して,情報を表示

    エラーメッセージが出ないこと

    pip show pywin32
    

    [image]

Python で Excel ファイルを扱う(Python,Win32 を使用)(Windows 上)

  1. 前準備として Excel の xlsx ファイルを準備

    ここでは,csvkit に同封されているデータファイルである ne_1033_data.xlsxを, 次の URL からダウンロードして使用. https://github.com/wireservice/csvkit/tree/master/examples/realdata

  2. Python プログラムの実行

    Python プログラムの実行

    Python 開発環境(Jupyter Qt Console, Jupyter ノートブック (Jupyter Notebook), Jupyter Lab, Nteract, Spyder, PyCharm, PyScripterなど)も便利である.

    Python のまとめ: 別ページにまとめている.

    ## -*- coding: utf-8 -*-
    import win32com.client as win32
    
    FNAME="d:/ne_1033_data.xlsx"
    
    #COMを利用して、Excelに接続
    xlApp     = win32.Dispatch("Excel.Application")
    #Excelを開く
    wb        = xlApp.Workbooks.Open(FNAME)
    #Sheet取得
    #番号またはSheet名
    sheet     = wb.Worksheets(1)
    #Cell取得. 行は1038, 列は1
    cell       = sheet.Cells(1038,1)
    #Cellに数字を入れる
    cell.Value = 10
    #関数を入れる
    sheet.Range("H1038").Formula = "=SUM(H1:H1037)"
    #シート名を変更
    sheet.Name = "TEST NAME"
    #セーブして閉じる
    wb.Save()
    wb.Close()
    exit()
    
  3. 結果の確認

    [image]