トップページ -> インストール,設定,利用 -> Octave の活用 -> Linux で Metis と SuiteSparse のビルドとインストール
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Linux で Metis と SuiteSparse のビルドとインストール

SuiteSparse とは SuiteSparse とは,下記の機能の詰め合わせです.(本当はもっとたくさんの機能があります.詳しくは http://www.cise.ufl.edu/research/sparse/SuiteSparse/).

など

UFconfig は,SuiteSparseQR, AMD, COLAMD, CCOLAMD, CHOLMOD, KLU, BTF, LDL, CXSparse, and UMFPACK のビルドに必要.

AMD とは,疎行列の並び替えの機能を持ったソフトウエアです. これは,Cholesky factorization や, 不完全 LU 分解 (LU factorization) の前処理として行うものです.

この Web ページでは,SuiteSparse のビルドとインストールの手順を図解で説明する.

※ 関連Webページ: Linux で開発環境やツールを整備


前準備

SuiteSparse のソースコードのダウンロードと解凍

  1. SuiteSparse の Web ページを開く

    http://www.cise.ufl.edu/research/sparse/SuiteSparse/

  2. Download the current version of the SuiteSparseをクリック

    [image]
  3. SuiteSparse.tar.gzをクリック
  4. ダウンロードしたファイルを /tmp に移動 
  5. 解凍

    cd /tmp
    tar -xvzof SuiteSparse.tar.gz
    
  6. metis 4.0 のソースコードを入手し /tmp/metis-4.0 に展開

    cd /tmp
    mv metis-5.0 /tmp/SuiteSparse
    
  7. SuiteSparse のビルド

    下記の手順で, make を実行して, SuiteSparse のビルドを行う.

    ※ エラーメッセージが出ることがある.しかし,ライブラリファイルがビルドできていればいいので,あまり気にしないことにする.

  8. インストール

    cd /tmp
    cd SuiteSparse
    cp */Lib/*.a /usr/local/lib
    mkdir /usr/local/include/suitesparse
    cp UFconfig/UFconfig.h /usr/local/include/suitesparse
    cp */Include/*.h /usr/local/include/suitesparse
    rm -f /usr/local/include/suitesparse/cs.h
    cp CXSparse/Include/cs.h /usr/local/include/suitesparse
    
  9. 共有オブジェクト (.so) の生成とインストール

    for i in */Lib/*.a; do
      echo $i
      rm -rf hoge
      mkdir hoge
      cd hoge
      ar x ../$i
      gcc -shared -o ../`basename $i .a`.so *.o
      cd ..
    done
    cp *.so /usr/local/lib
    
    ldconfig
    

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]