トップページインストール,使い方Ubuntu, WSL2Blender 3.01 のインストール(Ubuntu 22.04 上)

Blender 3.01 のインストール(Ubuntu 22.04 上)

Blenderは,3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウェア. 3次元モデルの編集,レンダリング、光源やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

目次

  1. 前準備
  2. Blender のインストール
  3. Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート
  4. メニュー等の日本語化

サイト内の関連 Web ページ:

謝辞:このWebページで紹介するBlenderソフトウェアの作者に感謝します

前準備

Ubuntu のシステム更新

Ubuntu で OS のシステム更新を行うときは, 端末で,次のコマンドを実行する.

Ubuntu のインストールは別ページで説明している.

sudo apt -y update
sudo apt -yV upgrade
sudo /sbin/shutdown -r now

Blender のインストール

  1. blender のインストール
    sudo apt -y install blender blender-data
    

    [image]
  2. 確認のため,起動してみる.
    blender
    

    [image]

    Ubuntu 22.04 では Blender 3.01 がインストールされる.

    以下,Ubuntu 22.04 の Blender 3.01 で説明を続ける.

Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート

<前準備>

説明のため Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルを使う. この資料で使用している Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルは,次からダウンロードできる

Wavefront OBJ 形式ファイルとは 3次元コンピュータグラフィックスのファイル形式.ポリゴンなどの情報が書かれているファイル.

[image]

Wavefront MTL 形式ファイルとは マテリアルの情報が書かれているファイル.

[image]
インポート手順
  1. Blender を起動
    blender
    
  2. Blender が起動するので確認

    [image]
  3. 中央の黒い四角のウインドウの表示は,背景画面部分をクリックすると消える.

    [image]
  4. 中央にある立方体のオブジェクト(灰色のもの)を消したい.中央にある立方体のオブジェクトを右クリックし,「Delete」を選ぶ

    [image]
  5. Wavefront obj ファイルをインポートしたい. メニューで「File」,「Import」と操作し「Wavefront (.obj)」を選択

    [image]
  6. インポートしたいファイルをダブルクリック (ここでは sample.obj を選んでいる)

    [image]

    ここでは,次の2つのファイルをダウンロードして使っている.

    ※ sample.obj をインポートした場合,マウスホイールを操作して,ズームアウトしていくと,オブジェクトが現れる

    [image]

    [image]

    [image]

    [image]

メニュー等の日本語化

  1. Edit メニューで, 「Preferences」を選ぶ.

    [image]
  2. Interface」をクリック.

    [image]
  3. Translation」をチェックし,「Language」のところのメニューで日本語(Japanese)を選ぶ.
  4. Tooltips」,「New Data」,「Interface」をチェック.