トップページ -> コンピュータ -> Windows -> Windows で PyCharm のインストール
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で PyCharm のインストール

サイト構成 連絡先,業績 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ
この Web ページでは、Windows での PyCharm のインストール手順をスクリーンショットなどで説明する.

目次

  1. Windows で PyCharm のインストール
  2. Windows の PyCharm でシステム Python(Windows にインストールした Python)を使う
  3. Windows の PyCharm で virtualenv の Python 環境を使う

Windows で PyCharm のインストール

  1. PyCharm の Web ページを開く

    https://www.jetbrains.com/pycharm

    Anaconda を使いたい場合

    1. 次のWebページを使う

      https://www.anaconda.com/pycharm

    2. 「PyCharm for Anaconda Community Edition」の下の「Downlaod」をクリック
    3. .exe ファイルがダウンロードされる
    4. あとは、下の「手順 6. ようこそ画面では、「Next」をクリック」とそれ以下を続ける。

  2. Download」をクリック

  3. Community」を選ぶ。「DOWNLOAD」をクリック

  4. ダウンロードが始まる

  5. ダウンロードした .exe ファイルを実行

  6. ようこそ画面では、「Next」をクリック

  7. インストールディレクトリは既定(デフォルト)のままでよい。「Next」をクリック。

  8. 設定を行い、「Next」をクリック。

  9. スタートメニューフォルダーは、既定(デフォルト)のままでよい。「Next」をクリック。

  10. インストールが始まる

  11. インストール終了の確認

  12. 初回起動時の設定を行いたいので、起動する

    起動するには、Windowsのスタートメニューの「JetBrains」の下の「

  13. 設定をインポートするかの画面が出る

  14. UI テーマを選ぶ

  15. 必要に応じて、追加のプラグインを選ぶ

    Anaconda を使いたい場合

    「Customize PyCharm」の画面が出る。既定(デフォルト)のままでよい。 「Start using PyCharm」をクリック

  16. PyCharm の画面では「Create New Project」を選ぶ

  17. プロジェクトのファイルを置くディレクトリ(フォルダ)の設定画面

  18. 画面が現れる

  19. Python コンソールを使いたいときは、 「View」→ 「Tool Windows」→ 「Python Console」と操作する。

    Python コンソールの画面が現れる。この Python コンソールが使う python.exe (Python)は、 PyCharm のプロジェクトのファイルを置くディレクトリ(フォルダ)の中に作られていることがわかる。


Windows の PyCharm でシステム Python(Windows にインストールした Python)を使う

PyCharm は、既定(デフォルト)では、PyCharmに組み込まれた Python を使用している。 システム Python(Windows にインストールした Python)を使いたいときは、次のように操作する

Anaconda を使いたい場合

「PyCharm for Anaconda Community Edition」をインストールしたときは、既定(デフォルト)では、「プロジェクト名」の名前が付いた隔離されたPython環境を使うようになっている。 ここの手順により、隔離されたPython環境使わないようにする。 隔離されたPython環境使いたい場合には、ここの手順を行わないこと。

  1. PyCharm で 「File」→ 「Settings」と操作する

  2. Project: <プロジェクト名>」を展開。 「Project Interpreter」をクリック。

  3. 右上の設定ボタンをクリック。 「Add ...」を選ぶ。

  4. System Interpreter」をクリック。

  5. システムの Pythonを使いたいので、 「OK」をクリック。

    いま追加した Python のファイル名とディレクトリ名を覚えておくこと(次の設定で使うので)。

    Anaconda を使いたい場合には Anaconda の Python を設定する

    C:\ProgramData\Anaconda3\python.exe」のように設定し、 「OK」をクリック

  6. Project Interpreter のメニューで、いま追加した Pythonを選ぶ

  7. 今度は、「Build, Execution, Deployment」を展開。 そして「Concole」を展開。 「Python Concole」をクリック。

  8. Python interpreterのプルダウンメニューで、 先ほど設定した python.exeを選ぶ。「OK」をクリック。

  9. Project Interpreter のメニューで、いま追加した Pythonを選ぶ

    Anaconda を使いたい場合には Anaconda の Python を設定する

  10. PyCharm の Python コンソールを起動しなおす(あるいは PyCharm を起動し直す)と、 Pythonが変化したことが確認できる

    ※ PyCharm の Python コンソールを起動しなおすときは、左の「赤い四角」をクリックして、Python コンソールを停止し、 左の「+」をクリックして Python コンソールを起動する


Windows の PyCharm で virtualenv の Python 環境を使う

  1. 次のようにして、Windows の virtualenv を使って、Python仮想環境を作っていたとする
    mkvirtualenv hoge
    

    このときの表示で、「C:\Users\user\Envs\hoge\Scripts\python.exe」が作られることが確認できる。 (「C:\Users\user\Envs\hoge」のところを確認しておくこと)

  2. PyCharm で 「File」→ 「Settings」と操作する

  3. Project: <プロジェクト名>」を展開。 「Project Interpreter」をクリック。

  4. 右上の設定ボタンをクリック。 「Add ...」を選ぶ。

  5. System Interpreter」をクリック。

  6. 先ほど調べた「C:\Users\user\Envs\hoge\Scripts\python.exe」を設定

    virtualenv 配下の python.exe を設定している

  7. OK」をクリック。

  8. 今度は、「Build, Execution, Deployment」を展開。 そして「Concole」を展開。 「Python Concole」をクリック。

  9. Python interpreterのプルダウンメニューで、 先ほど設定した python.exeを選ぶ。「OK」をクリック。

  10. PyCharm の Python コンソールを起動しなおす(あるいは PyCharm を起動し直す)と、 Pythonが変化したことが確認できる