トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)Eclipse SUMO 1.14.1 のインストール(Windows 上)

Eclipse SUMO 1.14.1 のインストール(Windows 上)

SUMO は,さまざまな形態のオブジェクト(車両,公共交通機関,歩行者)の交通シミュレーションを行う.

などの機能がある. 次のアプリから構成される.

先人に感謝

公式ページ: https://www.eclipse.org/sumo/

前準備

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくは Visual Studio 2022 のインストール

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくはVisual Studio 2022 を,前もってインストールしておく.NVIDIA CUDA の nvcc を機能させるため.

Git のインストール(Windows 上)

Git のページ https://git-scm.com/ からダウンロードしてインストール:

cmake のインストール

cmake のダウンロードページ: https://cmake.org/download/

Python 64 ビット版のインストール,pip と setuptools の更新(Windows 上)

Windows での Python 3.10 のインストール,pip と setuptools の更新: 別ページで説明している.

Python の公式ページ: http://www.python.org/

Eclipse SUMO のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

チュートリアルを含む全機能をインストール.

公式サイトで Windows 版のバイナリも配布されているが,そちらを使うと, チュートリアルを使えるようにするのが面倒そうだったので, ソースコードから最新版をインストールする.

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. 前提ソフトウエアのダウンロード

    Eclipse SUMO のインストールに必要な前提ソフトウエアがダウンロードされる(ダウンロードしたものは,あとで,Eclipse SUMO のインストールに使用される).

    mkdir c:\Librerias
    cd c:\Librerias
    rmdir /s /q SUMOLibraries
    git clone --recursive https://github.com/DLR-TS/SUMOLibraries
    
  3. Eclipse SUMO のソースコードのダウンロード,ファイルの調整

    ファイルの調整は,インストール時のエラーを回避するためのもの

    cd %HOMEPATH%
    rmdir /s /q sumo
    git clone --recursive https://github.com/eclipse/sumo
    mkdir %HOMEPATH%\sumo\cmake
    copy c:\Librerias\SUMOLibraries\proj-9.0.0\cmake\proj_config.cmake.in %HOMEPATH%\sumo\cmake
    
  4. インストール
    cd %HOMEPATH%
    cd sumo
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    cmake -G "Visual Studio 17 2022" -A x64 -T host=x64 -DSUMO_LIBRARIES=c:/Librerias/SUMOLibraries ..
    cmake --build . --config RELEASE
    cmake --build . --config RELEASE --target install
    

チュートリアルを動かしてみる(書きかけ)

quickstart

  1. docs\tutorial\quickstart\data のファイルを確認

    [image]
  2. ノード(節)が記述されたファイル quickstart.node.xml の確認

    nodes タグと node タグを使用

    [image]
  3. エッジ(枝)が記述されたファイル quickstart.edg.xml の確認

    edges タグと edge タグを使用

    [image]
  4. ルート(車両等の移動体の経路)が記述されたファイル quickstart.rou.xml の確認

    routes タグ, vType タグ,routeタグ,vehicleタグを使用

    [image]
  5. コマンドでシミュレーションを実行.

    端末で,次のコマンドを実行.

    sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
    

    [image]
  6. シミュレーション出力ファイルであるquickstart.dumpができる.

    [image]

    ※ SUMOに付属しているtraceExporter.py を用いて,ファイル変換できる

    次の手順は ns-2/ns-3 形式に変換している例

    sumo -c .\quickstart.sumocfg --fcd-output sumoTrace.xml
    python 'C:\Program Files (x86)\DLR\Sumo\tools\traceExporter.py' --fcd-input .\sumoTrace.xml --ns2mobility-output ns2mobility.tcl
    

    [image]
  7. sumo-gui -c quickstart.sumocfgを実行

    [image]
  8. 実行ボタン

    [image]

ノード(節),エッジ(枝),ルート(車両等の経路),シミュレーション設定ファイルの例

Hello

<nodes>
    <node id="1" x="-250.0" y="0.0" />
    <node id="2" x="+250.0" y="0.0" />
    <node id="3" x="+251.0" y="0.0" />
</nodes>           

<edges>
    <edge from="1" id="1to2" to="2" />
    <edge from="2" id="out" to="3" />
</edges>

<routes>
    <vType accel="1.0" decel="5.0" id="Car" length="2.0" maxSpeed="100.0" sigma="0.0" />
    <route id="route0" edges="1to2 out"/>
    <vehicle depart="1" id="veh0" route="route0" type="Car" />
</routes>

<configuration>
    <input>
        <net-file value="hello.net.xml"/>
        <route-files value="hello.rou.xml"/>
    </input>
    <time>
        <begin value="0"/>
        <end value="10000"/>
    </time>
</configuration>

実行

sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
sumo-gui -c quickstart.sumocfg