トップページ人工知能,実世界DBBlender剛体シミュレーション,アニメーション(Blender 2.9 系列で説明)(Blender 2.80)

剛体シミュレーション,アニメーション(Blender 2.9 系列で説明)

【このページの目次】

  1. 前準備
  2. Blender の基本操作(短縮版)(Blender 2.9系列で説明)
  3. 剛体シミュレーションの例
  4. 剛体シミュレーションの制作

【サイト内の関連ページ】

謝辞:Blenderソフトウエアの作者に感謝します

参考 Web ページ

前準備

Blender のインストール

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

Blender の基本操作(短縮版)(Blender 2.9系列で説明)

【サイト内の関連ページ】: Blender の画面構成と基本操作(Blender 2.9 系列で説明)

オブジェクトの選択

オブジェクト等の移動、回転、拡大縮小

[image] [image] [image]

R」キーを1回だけ押すと,視点を基準として回転

[image]

R」キーを2回押すと,3軸の回転

[image]

立体の新規作成

3Dビューポートの視野の操作

3Dビューポートで「作業視野」と「カメラ視野」との切り替え

※ メニューの「ビュー (View)」の「視点」の「カメラ (Camera)」でも切り替わる

カメラを「カメラ視野」に固定する(解除する)

元に戻す(アンドウ),やり直す(リドウ)

元に戻す,やり直すは,メニューでできる.

[image]

ショートカット

剛体シミュレーションの例

剛体シミュレーションは、重力による落下、衝突のシミュレーション

演習(1)

次の手順で、 Blender を用いて、剛体シミュレーションを行ってみなさい

  1. Blender ファイルをダウンロード

    次のリックをクリックし,ファイルを手元のパソコンに保存する.

    c6.blend

  2. ダウンロードが終わったら,そのファイルを Blender で開く.

    [image]
  3. 下側の,アニメーションウインドウを大きくしておく

    [image]
  4. シミュレーション+アニメーション再生を行うために,スペースキーを押す

    剛体シミュレーションが始まる.

    [image]
  5. シミュレーション+アニメーション再生を一時停止するために,もう一度 スペースキー.
  6. 一時停止したら,下図のボタンをクリックして,「先頭のフレームにジャンプ」する

    [image]
  7. いま,アニメーションは一時停止し,先頭のフレームになっている.

    一時停止しているときは,オブジェクトの移動ができる.

    シーンの中の球のオブジェクトを移動する.移動は次の手順で行うことができる.

    まず,シーン内の球のオブジェクトを左クリックする. 球のオブジェクトが選択された状態になる.

    [image]

    移動」をクリックする.

    [image]

    マウス操作により,球のオブジェクトを移動できる.

    [image]

    球がどこに行ったか分からないとき.マウスの中ボタンを押しながらマウスを動かすと,全体が回転する.いろいろ角度を変えながらチェック.

    [image]

    スペースキーを押して、シミュレーション+アニメーション再生して、結果を確認. 最初の球を高くするほど,衝突したときのオブジェクトの移動が大きくなる

    [image]

剛体シミュレーションの制作

ここでは, Blender で,からのシーンから開始して,オブジェクトの配置などを行いながら,剛体シミュレーションの設定を行う.

剛体シミュレーションの作成とプレビュー

次の手順で、 立方体と平面を配置し,剛体シミュレーションを行うことができる.

  1. 新しくBlender を起動する
  2. 起動すると、立方体(Cube) の立体がある.そのまま使う.

    ※ 立方体(Cube) の立体は消さない

    [image]
  3. 平面(Plane)のオブジェクトを追加

    [image]

    [image]
  4. いま追加した平面(Plane)のオブジェクトを拡大しなさい,

    平面のオブジェクトを選び,拡大縮小(スケール)ツール.

    [image]

    平面を大きくする.

    [image]
  5. いま追加した平面(Plane)のオブジェクトを移動して, 立方体(Cube) のオブジェクトのにあるようにする.

    平面のオブジェクトを選び,移動モード.

    [image]

    平面は,立体の下になるように移動する.

    [image]

    マウスの中ボタンを押しながらマウスを動かすと,全体が回転する.いろいろ角度を変えながら,オブジェクトの配置をチェック.

    [image]
  6. 剛体シミュレーションの設定
    1. 立方体(Cube) のオブジェクトを選択

      マウスの左クリック

      [image]
    2. プロパティの画面で,「物理演算プロパティ」のボタンをクリック

      [image]
    3. 立方体(Cube) のオブジェクトについて、剛体シミュレーションの設定を行う.

      リジッドボディ (rigid body) 」をクリック

      「リジッドボディ」は「剛体」という意味である.

      [image]
    4. 今度は、平面(Plane) のオブジェクトを選択

      マウスの左クリック

      [image]
    5. プロパティの画面で,「物理演算プロパティ」のボタンをクリック

      [image]
    6. 平面(Plane) のオブジェクトも、剛体シミュレーションの設定を行う. 「リジッドボディ (rigid body) 」をクリック

      [image]
    7. 平面(Plane) のオブジェクトは、落下させたくないので、 「タイプ」のところで、 「アクティブ」を 「パッシブ」に変える.

      [image]
  7. 剛体シミュレーションとアニメーションを行うために,スペースキーを押す

    [image]
  8. シミュレーション+アニメーション再生を一時停止するには スペースキー.

    [image]

カメラ視野の調整

見やすくするためにカメラ視野の調整を行う.

  1. 最初に,スペースキーにより,アニメーション一時停止する.

    一時停止したら,下図のボタンをクリックして,「先頭のフレームにジャンプ」する

    [image]
  2. カメラをビューにロック

    サイドバーで行う. サイドバーの表示は,3Dビューポートで「N」キー.「ビュー」のタブで「カメラをビューにロック (Lock Came to View)」をチェックする.

    ※ 終わったら,もう1度「N」キーを押して,サイドバーを閉じる.

    [image]
  3. 3Dビューポートのビューを,カメラ視野(カメラビュー)に変える

    ビューのカメラ視野(カメラビュー),ユーザビュー(作業ビュー)切り替えは,メニューでできる.ナビゲーションコントロールでもできる.

    [image]
  4. すると,「カメラ視野(カメラビュー)」を動かすと,同時にカメラも動くようになる

    [image]

実習

  1. スペースキーにより,アニメーション一時停止すること.
  2. 一時停止したら,下図のボタンをクリックして,「先頭のフレームにジャンプ」できる.

    [image]
  3. 立方体(Cube) のオブジェクトを、上の方に移動する.

    [image]
  4. 剛体シミュレーションとアニメーションを行うために,スペースキーを押す

    以上のように,オブジェクトの位置を変化されることにより,アニメーションが変化する.

    [image]

演習

  1. スペースキーにより,アニメーション一時停止すること.
  2. 一時停止したら,下図のボタンをクリックして,「先頭のフレームにジャンプ」できる.

    [image]
  3. 立方体(Cube) のオブジェクトを、回転する

    [image]
  4. 剛体シミュレーションとアニメーションを行うために,スペースキーを押す

    回転する前とは,アニメーションが変化する.

    [image]

実習

次の手順でアニメーションをレンダリングしてみる

「アニメーションのレンダリング」とは、一連の複数のフレームを一括レンダリングすることである

  1. スペースキーにより,アニメーション一時停止すること.
  2. 一時停止したら,下図のボタンをクリックして,「先頭のフレームにジャンプ」できる.

    [image]
  3. アニメーションのレンダリング(たくさんのフレームの一括レンダリング)

    CTRL キー + F12キー(同時押し)

    [image]
  4. レンダリングが始まるので,確認する.終了を待つ.

    [image]
  5. レンダリングが終了したら、確認のため再生してみる

    CTRL キー + F11キー(同時押し)

    別ウインドウが開いて、再生が始まる.

    [image]