トップページ -> インストール,設定,利用 -> Ubuntu -> Blender のインストール(Ubuntu 上)(Blenderサイトから最新版をダウンロード)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

Blender のインストール(Ubuntu 上)(Blenderサイトから最新版をダウンロード)

サイト構成 データベース関連技術 データの扱い インストール,設定,利用 プログラミング 情報工学の講義実習 サポートページ 連絡先,業績など

Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 3次元モデルの編集,レンダリング、光源やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

Windows でのインストールについては別のページで説明している.

先人に感謝.

目次

  1. Blender のインストール
  2. Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート
  3. Blender 2.8 の Python コンソール (Blender Python console) を使ってみる
  4. メニュー等の日本語化

参考 Web ページ

キーワード:Blender, Wavefront OBJ, インポート

Blender のインストール(Blenderサイトから最新版をダウンロード)

  1. 更新可能な全パッケージの更新
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y upgrade
    

  2. blender のインストール
    1. blender の Web ページを開く

      http://www.blender.org/

    2. Download Blend」をクリック

    3. Source Code」を選ぶ

    4. ダウンロードの開始

      ※ ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.あとで展開(解凍)し、ビルドする.

    5. 前提ライブラリと cmake のインストール

      Blenderのビルドに必要となる1前提ライブラリと cmake のインストール

      「python3.5-dev 」の 「3.5」は

      sudo apt-get install  python3.5-dev 
      sudo apt-get install  libopenimageio-dev 
      sudo apt-get install  libpng16-dev
      sudo apt-get install  libglew-dev
      sudo apt-get install  libopenexr-dev
      sudo apt-get install  cmake
      

    6. Blender 2.79 が使用する Python 3.5 での pip のインストール
      cd /tmp
      rm -f get-pip.py
      wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
      sudo python3.5 get-pip.py
      

    7. Blender 2.79 が使用する Python 3.5 での numpy のインストール
      sudo python3.5 -m pip install numpy
      

    8. 解凍
      cd /tmp
      tar -xvzof <先ほどダウンロードしたディレクトリ>/blender-2.79.tar.gz
      

    9. Blender 2.79 のソースコードからのビルド
      cd blender-2.79
      make -f GNUmakefile
      

      途中でエラーが出て止まった場合

      エラーメッセージが見づらい、という場合がある。この時は1度、 「make -k -f GNUmakefile 」で強行したあと、 もう一度「make -f GNUmakefile 」とすると、エラーメッセージが見やすくなる可能性がある.

    10. ビルド結果の確認


    Blenderに Wavefront OBJ形式ファイルをインポート

    <前準備>

    説明のため Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルを使う. この資料で使用している Wevefront OBJ形式ファイル, Wavefromt MTL形式ファイルは,次からダウンロードできます

    Wavefront OBJ 形式ファイルとは 3次元コンピュータグラフィックスのファイル形式.ポリゴンなどの情報が書かれているファイル.

    Wavefront MTL 形式ファイルとは マテリアルの情報が書かれているファイル.

    インポート手順
    1. blender を起動
      blender
      

    2. blenderが起動するので確認

    3. 中央の黒い四角のウインドウをクリックすると消える.

    4. 中央にある立方体のオブジェクト(灰色のもの)を消したい.中央にある立方体のオブジェクトを右クリックし,「DELETEキー」を押して削除

    5. DELETEキーを押すと,確認表示が出るので,画面の「Delete」を左クリック

    6. Wavefront obj ファイルをインポートしたい. メニューで「File」,「Import」と操作し「Wavefront (.obj)」を選択

    7. インポートしたいファイルをダブルクリック (ここでは sample.obj を選んでダブルクリックしている)

      次の2つのファイルをダウンロードして使っている.

      ※ sample.obj をインポートした場合,マウスホイールを操作して,ズームアウトしていくと,オブジェクトが現れる


    Blender 2.8 の Python コンソール (Blender Python console) を使ってみる

    Blender での画面レイアウトの切り替え

    Blender Python コンソール (Blender Python console) で Python スクリプトを実行してみる

    1. blender を起動

    2. Blender の画面レイアウトを「スクリプティング(Scripting)」に変える

      画面レイアウトとして「Scripting」を選ぶ.

    3. コンソール画面が開くので確認する

      コンソール画面の中では, IPython シェルが動いている.

    4. 試しにBlender オブジェクトの一覧表示を行ってみる.

      コンソール画面で次を実行

      for i in bpy.data.objects:
          print(i.name)
      

      Blender オブジェクトが確認できる(下の実行結果例では Camera, Cube, Lamp の 3つ)


    メニュー等の日本語化

    1. File (ファイル)メニューで, 「User Preferences (ユーザー設定)」を選ぶ.

    2. System (システム)」をクリック.

    3. Interface font (UI 用フォント)」の右横のボタンをクリック

    4. International Fonts (ローカライズ)」をチェック.

    5. 日本語のフォントを選ぶ

    6. Interface (インターフェイス)」と, 「Tooltips (ツールチップ)」をクリック.

    7. Save User Settings (ユーザー設定の保存)」をクリック.



    本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.
    問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)