トップページ -> コンピュータ -> Windows -> clang, flang, ninja (C/C++コンパイラ,FORTRAN コンパイラ,ビルドシステム)のインストール(miniconda3 を使用)(Windows 上)
[サイトマップへ], サイト内検索:

clang, flang, ninja (C/C++コンパイラ,FORTRAN コンパイラ,ビルドシステム)のインストール(miniconda3 を使用)(Windows 上)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 データの扱い コンピュータ 教材 サポートページ

目次

参考 Web ページ: https://github.com/xianyi/OpenBLAS/wiki/How-to-use-OpenBLAS-in-Microsoft-Visual-Studio

謝辞

clang, flang, ninja の作者に感謝します


前準備

MSVC ビルドツール (Build Tools) のインストール

Windows での MSVC ビルドツール (Build Tools) のインストール手順は、 「別のページ」で説明している

miniconda3 のインストール

Anaconda をすでにインストール済みのときは,miniconda をインストールしないこと(Anaconda の中の conda を使うことにする)

Windows での miniconda3 のインストール手順は、 「別のページ」で説明している


clang, flang, ninja (C/C++コンパイラ,FORTRAN コンパイラ・ビルドシステム)のインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. nijna, clang, flang および関連パッケージのインストール
    conda install -y -c conda-forge flang clangdev libflang
    conda config --remove channels conda-forge
    conda install -y -c isuruf kitware-ninja
    conda config --remove channels isuruf
    

  3. 新しく、 Windows のコマンドプロンプトを開く

  4. clang, flang のバージョン、インストールディレクトリ等の確認
    clang --version
    flang --version
    

    ファイルの場所の確認

  5. システム環境変数 LIB先頭に次を追加

    miniconda3 の配下にインストールされたライブラリ等を有効にするため

    C:\tools\miniconda3」は実際のインストールディレクトリに置き換えること

    C:\tools\miniconda3\Library\lib
    

  6. システム環境変数 CPATH先頭に次を追加

    C:\tools\miniconda3」は実際のインストールディレクトリに置き換えること

    C:\tools\miniconda3\Library\include
    


clang を使ってみる

  1. エディタを使って次のプログラムファイルを作成。「hello.c」のようなファイル名で保存.
    #include <stdio.h>
    int main() {
        printf("Hello,World!\n");
        printf("sizeof(size_t)=%d\n", sizeof(size_t));
        return 0;
    }
    

  2. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    Windows のメニューで「Visual Studio 2019」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    ※ 「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」がないときは, MSVC ビルドツールのインストールを行う. MSVC ビルドツールのインストール手順は,「別のページ」で説明している.

  3. x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    結果として,「Hello,World!」「sizeof(size_t)=8」と表示されればOK.

    clang -o hello.exe hello.c
    .\hello.exe
    

    このとき次のようなエラーメッセージが出ることがある. Microsoft Visual Studio の C/C++ の 64ビット環境が有効になっていない.

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\LIB\libcmt.lib : warning LNK4272: ライブラリのコンピューターの種 類 'X86' がターゲットのコンピューターの種類' x64' と競合している
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\LIB\libcpmt.lib : warning LNK4272: ライブラリのコンピューターの種類 'X86' がターゲットのコンピューターの種類' x64' と競合している
    

  4. clang のバージョン表示を行ってみる

    エディタを使って次のプログラムファイルを作成。「clangver.c」のようなファイル名で保存.

    #include "stdio.h"
    
    int main() {
        printf("%s", __clang_version__);
    }
    

  5. x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行
    clang -o a.exe clangver.c 
    .\a.exe
    

flang の FORTRANコンパイラを使ってみる

  1. エディタを使って次のプログラムファイルを作成。「hello.f」のようなファイル名で保存.
            program hello
              print *, "Hello, World!"
            end program hello
    

  2. Visual Studio の x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く.

    Windows のメニューで「Visual Studio 2019」の下の「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」(あるいは類似名のもの)を選ぶ

    ※ 「x64 Native Tools コマンドプロンプト (Command Prompt)」がないときは, MSVC ビルドツールのインストールを行う. MSVC ビルドツールのインストール手順は,「別のページ」で説明している.

  3. x64 Native Tools コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    結果として,「Hello,World!」と表示されればOK.

    flang -o a.exe hello.f 
    .\a.exe