トップページインストール,運用Windows の種々のソフトウエアのインストールOpenCV 4.6.0 のインストール(Windows 上)

OpenCV 4.6.0 のインストール(Windows 上)

OpenCV は,実時間コンピュータビジョン (real time computer vision) の アルゴリズムと文書とサンプルコードの集まり.

【サイト内の OpenCV 関連ページ】

【OpenCV の公式情報】

OpenCV 4.6.0 Windows版のダウンロードとインストール

  1. GitHub の OpenCV の Webページを開く

    https://github.com/opencv/opencv/releases

  2. バージョンを選ぶ

    下図では,OpenCV 4.6.0 を選んで, 「Assets」を展開している.

    [image]

    他のバージョンを選んだ場合でも,これ以降のインストール手順はほぼ同じになる

  3. Windows 版が欲しいので「opencv- ... -vc14_vc15.exe」というような名前のファイルを選ぶ.
    [image]
  4. ダウンロードが始まる

    [image]
  5. ダウンロードした .exe ファイルを実行する

    [image]
  6. 展開(解凍)先は自動設定される.既定(デフォルト)のままでよい.展開(解凍)先は覚えておく.「Extract」をクリック

    [image]
  7. 展開(解凍)が終わると,展開(解凍)先に,「opencv」というディレクトリができ,その中にファイルができるので確認する

    [image]
  8. 展開してできたディレクトリを, 分かりやすいディレクトリの下に丸ごとコピーする.

    ここでは,「c:\opencv」にファイルを置くことにしている. この「c:\opencv」 は何に変えてもよいが,分かりやすくて,日本語を含まないものがよい

    [image]
  9. システム環境変数 Pathに,c:\opencv\build\bin, c:\opencv\build\x64\vc15\bin追加することにより,パスを通す

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行.

    c:\opencv」は,実際にコピーしたディレクトリに合わせること.

    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";c:\opencv\build\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";c:\opencv\build\x64\vc15\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    

    [image]
  10. システム環境変数 OPENCV_DIR に,c:\opencv\build を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"OPENCV_DIR\", \"c:\opencv\build\", \"Machine\")"
    

    [image]
  11. opencv_version にパスが通っていることを確認する

    Windowsのコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行.

    エラーメッセージが出なければOK.

    where opencv_version
    opencv_version
    

    [image]

Python で試用する

注意: Python で OpenCV を使うときは,pip でのインストールが良い. それは別ページで説明している.簡単に行うことができる.

ここでは,「最新の OpenCV を試したい」などのときに役立つと考えて, システムの環境変数 PYTHONPATH の設定により,OpenCV を使う方法を説明する. pip の管理外のファイルにパスを通すことになるので,あとで混乱が生じる可能性がある. 試用が終わったら,システムの環境変数 PYTHONPATH の設定を元に戻すことも検討すること.

  1. Windows では,コマンドプロン プトを管理者として実行する.

    [image]
  2. numpy のインストール

    python -m pip install -U numpy
    

    [image]
  3. OpenCV の Python 用のファイルがあるディレクトリを確認したい.

    カレントディレクトリを移動する操作

    cd c:\opencv\build\python
    

    [image]
  4. ファイルを確認

    cv2」というディレクトリ(フォルダ)があれば OK.

    dir /w
    

    [image]
  5. システムの環境変数 PYTHONPATH に「c:\opencv\build\python」を追加する

    OpenCV の Python 用のファイルがあるディレクトリを設定する.

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行.

    call powershell -command "$oldpythonpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"PYTHONPATH\", \"Machine\"); $oldpythonpath += \";c:\opencv\build\python\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"PYTHONPATH\", $oldpythonpath, \"Machine\")"
    

    [image]
  6. OpenCV のサンプルデータ の中の fruits.jpg を使う
    c:\opencv\sources\samples\data にある

    [image]
  7. Pythonの画像表示プログラム

    Python プログラムを動かす

    開発環境や Python コンソール(Jupyter Qt ConsoleSpyderPyCharmPyScripter など)の利用も便利である.

    import cv2
    bgr = cv2.imread('c:/opencv/sources/samples/data/fruits.jpg')
    cv2.imshow("", bgr)
    cv2.waitKey(0)
    cv2.destroyAllWindows()
    

    画像が表示されるので確認. このあと,ウインドウの右上の「x」をクリックしない.画面の中をクリックしてから,何かのキーを押して閉じる

    [image]

    [image]