トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)PostgreSQL 14.5,pgAdmin 4,PostGIS 3 のインストール,psql によるテーブル定義とレコード挿入(Windows 上)

PostgreSQL 14.5,pgAdmin 4,PostGIS 3 のインストール,psql によるテーブル定義とレコード挿入(Windows 上)

Windows で PostgreSQL 14.5,pgAdmin 4,PostGIS 3 のインストールを行う. そして,psql の基本機能を使ってみる.

目次

  1. 事前に決めておく事項
  2. PostgreSQL 14.5,pgAdmin 4,PostGIS 3 のインストール(Windows 上)
  3. psql を使ってみる

サイト内の関連ページ

外部へのリンク

事前に決めておく事項

PostgreSQL 14.5,pgAdmin 4,PostGIS 3 のインストール(Windows 上)

ダウンロード,インストール, PostgreSQL データベース(データベース名は testdb)の作成を行う. (インストール・プログラムがデータベースの作成を行う).

ダウンロード

  1. PostgreSQL ダウンロード Web ページを開く

    http://www.postgresql.jp/download

  2. Windows」を選ぶ

    [image]
  3. Download the installer」をクリック

    [image]
  4. バージョンを選ぶ

    [image]
  5. ダウンロードが始まる

    [image]

バージョン 14.5 を選んだとして説明を続ける

インストールと設定

ダウンロードしたインストール・プログラムを起動して,インストールを行う.いくつかの設定を行う. 基本的にはデフォルトのままでいいです.

  1. ダウンロードしたファイルを実行

    [image]
  2. インストールの開始.「Next」をクリック.

    [image]
  3. インストールディレクトリの設定

    デフォルトのままで問題ない.「Next」をクリック.

    [image]
  4. コンポーネントの選択

    デフォルトのままで問題ない。「Next」をクリック.

    [image]
  5. データディレクトリの設定

    デフォルトのままで問題ない。「Next」をクリック.

    [image]
  6. Postgres データベース管理者のパスワードの設定

    [image]
  7. ポート番号の設定

    確認し,デフォルトのままで問題ない場合は,「Next」をクリック.

    [image]
  8. ロケールの設定

    Japanese, Japan」を選び,「Next」をクリック.

    [image]
  9. 設定内容の確認

    Next」をクリック.

    [image]
  10. インストールの開始

    Next」をクリック.

    [image]
  11. インストールが始まる

    [image]
  12. インストールの完了.「Finish」をクリック.

    [image]
  13. 「スタックビルダ」が自動的に起動する.

    PostgreSQL 14 ... on port 5432」を選び, 「次へ」をクリック.

    [image]
  14. インストールしたいアプリケーションの選択

    下の例では「pgJDBC v42.2.18-1」と「psqlODBC (64 bit) v13.00.0000-2」と「PostGIS 3.2 Bundle for Postgres 14 (64bit) v3.2.2」をチェックしている. 選択が終わったら,「次へ」をクリック.

    [image]
  15. ダウンロードディレクトリの設定.

    既定(デフォルト)のままでよい.「次へ」をクリック.

    [image]
  16. スタックビルダによるインストールの開始

    [image]
  17. ダウンロード終了の確認

    次へ」をクリック.

    [image]
  18. JDBC をインストールするときは,JDBC のセットアップウイザードが始まる

    [image]

    [image]

    [image]

    [image]
  19. psqlODBC をインストールするときは,psqlODBC のセットアップウイザードが始まる

    [image]

    [image]

    [image]

    [image]
  20. PostGIS をインストールする場合は,次のように操作する.
    1. ライセンス条項の確認

      同意する場合のみ,続行する.

      [image]
    2. コンポーネントの選択

      選択を終えたら,「Next」をクリック.

      [image]
    3. インストールディレクトリの設定

      既定(デフォルト)のままでよい.「Next」をクリック.

      [image]
    4. 次のような表示が出た場合には,「はい」をクリック.

      [image]
    5. 次のような表示が出た場合には,「はい」をクリック.

      [image]
    6. 次のような表示が出た場合には,「はい」をクリック.

      [image]
    7. 次のような表示が出た場合には,「はい」をクリック.

      [image]
    8. インストール終了の確認

      Close」をクリック.

      [image]
  21. インストール終了の確認

    終了」をクリック.

    [image]
  22. 環境変数 PATH の設定

    システム環境変数 PATH に「C:\Program Files\PostgreSQL\14\bin」を追加することにより,パスを通す

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\Program Files\PostgreSQL\14\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    
  23. 環境変数 CLASSPATH の設定

    環境変数 CLASSPATH に, 「C:\Program Files (x86)\PostgreSQL\pgJDBC\postgresql-42.2.18.jar」 のように,ファイル名を追加する

    ファイル名は,実際に,このディレクトリを見て確認すること.

サイト内の関連ページ

PostgreSQL の活用: 別ページにまとめている.

psql を使ってみる

  1. Windows のコマンドプロンプトの起動
  2. psql -U postgresの実行

    postgres」はPostgres データベース管理者のユーザ名

    psql -U postgres
    

    [image]
  3. Postgres データベース管理者のパスワード

    プロンプトが出るので, PostgreSQL データベース管理者 (postgres) のパスワード を入力する.

    画面にパスワードが表示されないのは正常動作.

    [image]
  4. 「\c」により,使用されている PostgreSQL のロール名と,オープンされているデータベース名を確認.
    \c
    

    [image]
  5. 「\l」 により,データベースの確認

    postgres, template0, template1 の 3 つのデータベースが表示されることを確認.

    \l
    

    [image]
  6. \q」で psql を終了する

    [image]

psql の基本操作

psql の種々の操作について: 別ページで説明している.

テーブル定義とレコード挿入

  1. Windows のコマンドプロンプトの起動
  2. psql -U postgresの実行

    postgres」はPostgres データベース管理者のユーザ名

    psql -U postgres
    

    [image]
  3. Postgres データベース管理者のパスワード

    プロンプトが出るので, PostgreSQL データベース管理者 (postgres) のパスワード を入力する.

    画面にパスワードが表示されないのは正常動作.

    [image]
  4. SQL を用いたテーブル定義

    create table order_records (
        id            integer primary key not null,
        year          integer not null CHECK ( year > 2008 ),
        month         integer not null CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 ),
        day           integer not null CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 ),
        customer_name text not null,
        product_name  text not null,
        unit_price    real not null check ( unit_price > 0 ),
        qty           integer not null default 1 check ( qty > 0 ),
        created_at    timestamp with time zone not null,
        updated_at    timestamp with time zone,
        check ( ( unit_price * qty ) < 200000 ) );
    

    [image]
  5. SQL を用いたレコード挿入

    begin transaction;
    insert into order_records values( 1, 2022, 7, 26, 'kaneko', 'orange A', 1.2, 10, current_timestamp, NULL );
    insert into order_records values( 2, 2022, 7, 26, 'miyamoto', 'Apple M',  2.5, 2, current_timestamp, NULL );
    insert into order_records values( 3, 2022, 7, 27, 'kaneko', 'orange B', 1.2, 8, current_timestamp, NULL );
    insert into order_records values( 4, 2022, 7, 28, 'miyamoto', 'Apple L', 3, 1, current_timestamp, NULL );
    commit;
    

    [image]
  6. 確認表示

    select * from order_records; 
    

    [image]
  7. 更新し確認表示

    begin transaction;
    update order_records set unit_price = 11.2 where id = 1;
    commit;
    select * from order_records;
    

    [image]
  8. テーブル一覧の表示
    \d
    

    [image]
  9. psql の終了
    \q
    

    [image]