トップページ -> コンピュータ設定 -> Windows -> pycuda のインストール(Windows 上)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

pycuda のインストール(Windows 上)

サイト構成 連絡先,業績など コンピュータ実習 データの扱い コンピュータ活用 教材(公開) サポートページ

GPUとは、グラフィックス・プロセッシング・ユニットの略で、コンピュータグラフィックス関連の機能、乗算や加算の並列処理の機能などがある. CUDA とは、NVIDIA社が提供している GPU 用のプラットフォームである.NVIDIA 社のグラフィックスカードが持つ GPU の機能を使うとき、CUDA を使うことになる。 この Web ページでは、CUDAを使って、400個の掛け算を行ってみる.

目次

  1. 前準備
  2. pycuda のインストール手順

前準備

Python のインストール

※ Python のプログラム作成には、PyCharmなどが便利である.

以下,Windows に Python, git, cmake をインストール済みであるものとして説明を続ける.


pycuda のインストール手順

  1. Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行

  2. 今のコマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    pip install -U pycuda
    

  3. インストール結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認する

  4. インストールされたパッケージのバージョンの確認

    pip show numpy
    pip show pycuda
    


pycuda を使ってみる

  1. 試しに、https://documen.tician.de/pycuda/ で公開されているサンプルプログラムを動かしてみる.

    Python プログラムを動かしたい. そのために, 「Python コンソール」を使う..

    PyCharmか, Anacondaに入っているspyder を使うのが簡単

    import pycuda.autoinit
    import pycuda.driver as drv
    import numpy
    
    from pycuda.compiler import SourceModule
    mod = SourceModule("""
    __global__ void multiply_them(float *dest, float *a, float *b)
    {
      const int i = threadIdx.x;
      dest[i] = a[i] * b[i];
    }
    """)
    
    multiply_them = mod.get_function("multiply_them")
    
    a = numpy.random.randn(400).astype(numpy.float32)
    b = numpy.random.randn(400).astype(numpy.float32)
    
    dest = numpy.zeros_like(a)
    multiply_them(
            drv.Out(dest), drv.In(a), drv.In(b),
            block=(400,1,1), grid=(1,1))
    
    print (dest-a*b)
    

上のプログラムで、コンパイルできないというエラーメッセージが出る場合.

Visual Studio にパスを通すために、システム環境変数 PATH に次のようなディレクトリを追加する.

※ 使いたい Visual Studio の版に合わせて調整すること. そのために「cl.exe」のファイルを検索すること.

Visual Studio 2019 Community のときの設定例

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\VC\Tools\MSVC\14.20.27508\bin\Hostx64\x64


問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)