トップページ -> データの扱い
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

データの扱い(目次ページ)

オープンデータ,データの下準備,データ解析等について.

「データの扱い」の項目目次

※ それぞれのリンクをクリックすることで,このページの中の「各項目の部分」にジャンプする.

  1. データの取り扱い
  2. 次元削減
  3. オープンデータ
  4. 種々のオープンデータ
  5. 商用データなど
  6. データテーブル
  7. SQLite3 をデータ管理に使う
  8. 集計済みのテーブル形式データ(政府統計 e-Stat など)
  9. R システムを用いた統計,主成分分析,データマイニング

「データの扱い」の詳細目次

1. データの取り扱い

目次ページ: データの取り扱い

データの取り扱い

データの確認

種々のデータ

関連のPythonパッケージ


2. 次元削減


3. オープンデータ

利用条件,出典表示などは利用者で確認すること.

数値,ラベル等

画像 + ラベル

画像 + セグメンテーション結果

画像

顔画像

特定種類の画像

動作

地図

音声

自然言語

ネットワーク

keras に付属のデータセット


4. 種々のオープンデータ

その他,インターネットで公開されているデータ

目次ページ: オープンデータ

・時系列

・郵便番号

・ipadic


5. 商用データなど

※ 特定の商用製品等を推奨、広報するものではない.使用感など評価を行うものでもない.


6. データテーブル

目次ページ:データテーブル


7. SQLite3 をデータ管理に使う

目次ページ:SQLite3 をデータ管理に使う


8. 集計済みのテーブル形式データ(政府統計 e-Stat など)

目次ページ:集計済みのテーブル形式データ(政府統計 e-Stat など)


9. R システムを用いた統計,主成分分析,データマイニング

目次ページ: R システムを用いた統計,主成分分析,データマイニング

・主成分分析

・分布

・データマイニング

オンラインサイトの紹介


ImageMagickの使い方

ImageMagickは以下のコマンドが使えます。
display --画像の表示、変換(xvみたいなの)
import --画面のダンプ(xvの grabみたいなの)
animate --画像を連続表示してアニメーションさせるらしい
convert --画像ファイル変換&エフェクト(相当な画像形式に対応してるらしい)
mogrify --連続画像の変換・エフェクト,一気に画像フォーマットを変換する.
montage -- 1個の画像ファイルにたくさんの画像を詰め込む?(カタログみた
いなのを作れる)
identify --画像フォーマットを調べる
combine --画像をくっつけるらしい
xtp -- URLを指定して,ネットワーク上の画像を取ってくる(現在はなくなってるらしい)

この Web ページの配下にある資料の維持方針


公開している資料等のご利用について

原則,クリエイティブコモンズ BY NC SAとしている. PDFファイル,パワーポイントファイルなどには, 「クリエイティブコモンズ BY NC SA」を明記するとともに,ロゴを記載するようにしている(作業が間に合っていない分もあるのでご容赦ください).

公開している資料をご利用になる場合の,再配布の条件剽窃の防止などについて,別ページで説明している. 再配布や資料改変の際には,そのページをご確認ください.


本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]