トップページインストール,使い方Windows の種々のソフトウェア(インストール,使い方)SuiteSparse,gflags,glog,Ceres Solver (Ceres ソルバー)のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

SuiteSparse,gflags,glog,Ceres Solver (Ceres ソルバー)のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

Ceres Solver (Ceres ソルバ)の利用条件などは、利用者が確認すること

前準備

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくは Visual Studio 2022 のインストール(Windows 上)

Build Tools for Visual Studio 2022 (ビルドツール for Visual Studio 2022)もしくはVisual Studio 2022 を,前もってインストールしておく.NVIDIA CUDA の nvcc を機能させるため.

Git のインストール(Windows 上)

Git のページ https://git-scm.com/ からダウンロードしてインストール:

cmake のインストール(Windows 上)

cmake のダウンロードページ: https://cmake.org/download/

Eigen のインストール

SuiteSparse,Metis のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

次のページに記載の手順を行う.

https://github.com/jlblancoc/suitesparse-metis-for-windows

前もって,SuiteSparse, Metis をインストールするディレクトリを決めておく

このページでは,いずれも,c:\suitesparse 下にインストールするものとして説明する.

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. SuiteSparse の作業ディレクトリを削除する(以前作業したときのものが残っていたら削除したいため)
    c:
    cd c:\
    rmdir /s /q suitesparse-metis-for-windows
    

    [image]
  3. ソースコードをダウンロード,環境変数 SP_ROOTにダウンロードしたディレクトリを設定
    cd c:\
    git clone --recursive https://github.com/jlblancoc/suitesparse-metis-for-windows
    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"SP_ROOT\", \"c:\suitesparse-metis-for-windows\", \"Machine\")"
    

    [image]
  4. cmake の実行

    cmake でのオプションについて

    cmake のオプションの 「Visual Studio 17 2022」のところは, 使用する Visual Studio のバージョンにあわせること. Visual Studio 2022 のときは,「Visual Studio 17 2022」. Visual Studio 2019 のときは,「Visual Studio 16 2019

    cmake の実行手順例は次の通り

    cd c:\
    cd suitesparse-metis-for-windows
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    cmake .. -G "Visual Studio 17 2022" -T host=x64 ^
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ^
        -DBUILD_SHARED_LIBS=ON ^
         -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:/suitesparse" 
    

    [image]
  5. 実行結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

    [image]
  6. インストールの実行
    cmake --build . --config RELEASE
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    
  7. 実行結果の確認

    [image]
  8. システム環境変数 Pathに,次を追加することにより,パスを通す

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\suitesparse\lib\lapack_blas_windows\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\suitesparse\lib\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\suitesparse\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    

    [image]
  9. システム環境変数 SUITESPARSE_ROOT に,c:\suitesparse を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"SUITESPARSE_ROOT\", \"c:\suitesparse\", \"Machine\")"
    
  10. システム環境変数 METIS_ROOT に,c:\suitesparse を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"METIS_ROOT\", \"c:\suitesparse\", \"Machine\")"
    

gflags, glog, Ceres Solver (Ceres ソルバー)のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

gflags のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. gflags のインストール

    gflags の GitHub のページ: https://github.com/gflags/gflags

    cmake のオプションの 「Visual Studio 17 2022」のところは, 使用する Visual Studio のバージョンにあわせること. Visual Studio 2022 のときは,「Visual Studio 17 2022」. Visual Studio 2019 のときは,「Visual Studio 16 2019

    C:
    cd %HOMEPATH%
    rmdir /s /q gflags
    git clone https://github.com/gflags/gflags
    cd gflags
    rmdir /s /q a
    mkdir a
    cd a
    del CMakeCache.txt
    cmake .. -G "Visual Studio 17 2022" -T host=x64 ^
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ^
        -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:/gflags" ^
        -DBUILD_STATIC_LIBS=ON ^
        -DBUILD_SHARED_LIBS=ON 
    cmake --build . --config RELEASE
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  3. システム環境変数 GFLAGS_ROOT に,c:\gflags-solver を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"GFLAGS_ROOT\", \"c:\gflags\", \"Machine\")"
    

    [image]

glog のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

glog のインストールの前に,gflags のインストールが終わっていること.

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. glog のインストール

    glog の GitHub のページ: https://github.com/google/glog

    cmake のオプションの 「Visual Studio 17 2022」のところは, 使用する Visual Studio のバージョンにあわせること. Visual Studio 2022 のときは,「Visual Studio 17 2022」. Visual Studio 2019 のときは,「Visual Studio 16 2019

    C:
    cd %HOMEPATH%
    rmdir /s /q glog
    git clone https://github.com/google/glog
    cd glog
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    cmake .. -G "Visual Studio 17 2022" -T host=x64 ^
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ^
        -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:/glog" 
    cmake --build . --config RELEASE
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    エラーメッセージが出ていないことを確認

    [image]
  3. システム環境変数 GLOG_ROOT に,c:\glog-solver を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"GLOG_ROOT\", \"c:\glog\", \"Machine\")"
    

[image]

Ceres Solver (Ceres ソルバー)のインストール(ソースコードを使用)(Windows 上)

次のページに記載の手順を行う.

http://ceres-solver.org/installation.html

前もって,Ceres Solver (Ceres ソルバー)をインストールするディレクトリを決めておく

このページでは,c:\ceres 下にインストールするものとして説明する.

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. Ceres Solver (Ceres ソルバー)の作業ディレクトリを削除する(以前作業したときのものが残っていたら削除したいため)
    C:
    cd %HOMEPATH%
    rmdir /s /q ceres-solver
    

    [image]
  3. Ceres Solver (Ceres ソルバー)のバージョンの確認

    次のページで確認

    https://github.com/ceres-solver/ceres-solver/tags

  4. Ceres Solver (Ceres ソルバー)のソースコードをダウンロード

    「-b 2.1.0」でバージョン指定している.

    cd %HOMEPATH%
    git clone --recursive -b 2.1.0 https://github.com/ceres-solver/ceres-solver
    

    [image]
  5. cmake の実行

    cmake でのオプションについて

    cmake のオプションの 「Visual Studio 17 2022」のところは, 使用する Visual Studio のバージョンにあわせること. Visual Studio 2022 のときは,「Visual Studio 17 2022」. Visual Studio 2019 のときは,「Visual Studio 16 2019

    cmake の実行手順例は次の通り

    cd %HOMEPATH%
    cd ceres-solver
    rmdir /s /q a
    mkdir a
    cd a
    del CMakeCache.txt
    cmake .. -G "Visual Studio 17 2022" -T host=x64 ^
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ^
        -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:/ceres-solver" ^
        -DBUILD_SHARED_LIBS=ON ^
        -Dglog_DIR="C:/glog" ^
        -Dgflags_DIR="C:/gflags" ^
        -DBLAS_openblas_LIBRARY="C:/OpenBLAS/lib/openblas.lib" ^
        -DSuiteSparse_DIR="C:/suitesparse" ^
        -DMETIS_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include" ^
        -DMETIS_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/metis.lib" ^
        -DCXSparse_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DCXSparse_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libcxsparse.lib" ^
        -DSuiteSparse_AMD_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_CAMD_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_CCOLAMD_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_CHOLMOD_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_COLAMD_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_Config_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_SPQR_INCLUDE_DIR="C:/suitesparse/include/suitesparse" ^
        -DSuiteSparse_AMD_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libamd.lib" ^
        -DSuiteSparse_CAMD_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libcamd.lib" ^
        -DSuiteSparse_CCOLAMD_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libccolamd.lib" ^
        -DSuiteSparse_CHOLMOD_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libcholmod.lib" ^
        -DSuiteSparse_COLAMD_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libcolamd.lib" ^
        -DSuiteSparse_Config_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/suitesparseconfig.lib" ^
        -DSuiteSparse_SPQR_LIBRARY="C:/suitesparse/lib/libspqr.lib" 
    

    [image]
  6. 実行結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

    [image]
  7. インストールの実行
    cmake --build . --config RELEASE
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    
  8. 実行結果の確認

    エラーメッセージが出ていないこと.

    [image]
  9. システム環境変数 CERES_ROOT に,c:\ceres-solver を設定

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "[System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"CERES_ROOT\", \"c:\ceres-solver\", \"Machine\")"
    

    [image]
  10. システム環境変数 Pathに,次を追加することにより,パスを通す

    管理者として実行した コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行する.

    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\gflags\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\glog\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\ceres-solver\bin\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    call powershell -command "$oldpath = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable(\"Path\", \"Machine\"); $oldpath += \";C:\ceres-solver\lib\"; [System.Environment]::SetEnvironmentVariable(\"Path\", $oldpath, \"Machine\")"
    

    [image]