トップページ -> プログラミング -> Tomcat を用いた Java サーブレット・プログラミング -> Eclipse 上で作成した Java サーブレット・プログラムプログラムをエクスポート
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

Eclipse 上で作成した Java サーブレット・プログラムプログラムをエクスポート

Eclipse を使って開発した Java サーブレット・プログラムについて,エクスポートを行い,公開 Tomcat サーバ上で,Java サーブレット・プログラムが動くようにします. このとき,Eclipse のプロジェクト内のファイル一式が, 公開 Tomcat サーバが管理するディレクトリの配下にコピーされます.

Eclipse を使用しての Java のサーブレット・プログラムの開発手順などは, 「Eclipse を使用しての Java サーブレット・プログラムの開発」の Web ページで説明している.

参考Webページ: http://www.hellohiro.com/servlet.htm


前準備

JDK (Java Development Kit) のインストール

Eclipse のインストール

その他

設定項目

前もって,Tomcat インストールディレクトリを調べておいてください.

 

この Web ページでは次のように書きます.


Tomcat プログラムをエクスポート

まず、Eclipse のエクスポート (Export) 機能を利用して、エクスポートを行う.
  1. プロジェクト・エクスプローラで,先ほど作ったプロジェクト を右クリック.「エクスポート」を選択(ファイル→エクスポートでも良い) o
  2. WAR ファイル」を選ぶ
  3. ファイル名等の指定

    WARエクスポートダイアログで,次のように指定する.

     Webモジュール:「<作成済みのプロジェクト名>」
     宛先:「C:\tomcat55\webapps\<好きな名前>.war」
    

     「ソースファイルのエクスポート」→チェック

     「既存ファイルを上書き」→チェック

    「完了」をクリックすると,エクスポートが実行される

    [image]
  4. WAR ファイルの確認

    /var/lib/tomcat6/webapps/ 下に,拡張子 .war が付いたファイルができる.

    [image]
  5. 動作確認

    公開 Tomcat サーバを起動した後に, 普通の Web ブラウザで,

    
    http://localhost:8080/<好きな名前>/HelloWorld
    

    を開くと、Hello World と表示されます. 「<好きな名前>」と書いているのは、先ほどエクスポートするときに付けた 名前です(.war ファイルのファイル名のこと). hoge.war なら、 http://localhost:8080/hoge/HelloWorld

    8080 ポートを使い、公開 tomcat サーバと直接通信しているということに注意.

    [image]
  6. Apache 側の conf/extra/httpd-proxy.conf の設定

    URL の中に、8080 と書かずに、普通の URL で Servlet を起動できるように するには、Apache のような Web サーバと連携させるのが普通です. そのために、 httpd-proxy.conf ファイルでの設定などを行う必要があります.

    httpd-proxy.conf は、以下のように設定します. Order と Allow の行は、「127.0.0.1」からのアクセスだけを許すという設定です.

    <Location /<エクスポートするプロジェクト名>/>
        ProxyPass ajp://localhost:8009/<エクスポートするプロジェクト名>/
        Order allow,deny
        Allow from 127.0.0.1
    </Location>
    
  7. Apache を再起動

    conf/extra/httpd-proxy.conf を書き換えたから.

  8. Apache での動作確認 

    URL は次の通り

    Strutsを使っている場合,ページ遷移すると, http://localhost/<プロジェクト名>/アクション名.do のような URL が現れることを確認しておく.(つまり,http://localhost/<プロジェクト名>/アクション名.do と打ち込むことで,一種の単体テストが出来る)


(参考) Eclipse のエクスポート (Export) 機能を利用しないで,手順でエクスポートする場合

  1. /var/lib/tomcat6/webapps/(プロジェクト名) のディレクトリを作成
  2. /var/lib/tomcat6/webapps/(プロジェクト名)/WEB-INF のディレクトリを作成
  3. eclipseのプロジェクトから以下のものを指定のディレクトリにコピー
     classesディレクトリ → /var/lib/tomcat6/webapps/プロジェクト名/WEB-INF
     web.xml     → /var/lib/tomcat6/webapps/プロジェクト名/WEB-INF
    
  4. /var/lib/tomcat6/conf/server.xmlの確認

    <Context path="プロジェクト名" (以下略)>がある場合コメントアウトか削除

  5. 公開 tomcat サーバの起動

    C:\tomcat55\binディレクトリにある tomcat5w.exe を使う. (Eclipse 内部の tomcat サーバと混同しないこと.別ものです).

  6. apache起動
  7. 作成したwebページが80ポートで見れるか確認

本サイトは金子邦彦研究室のWebページです.サイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]