トップページインストール,運用Windows の種々のソフトウエアのインストールOpenCV と OpenCV Contrib 最新版のインストール,CUDA 対応可能(ソースコードを使用)(Windows 上)

OpenCV と OpenCV Contrib 最新版のインストール,CUDA 対応可能(ソースコードを使用)(Windows 上)

OpenCV (Open Computer Vision Library) は, 実時間コンピュータビジョン (real time computer vision) の アルゴリズムと文書とサンプルコードの集まり.

OpenCV のインストールは,複数の方法がある.

ユースケース.OpenCVはWindows でも簡単にインストールできるが,OpenCV conrtib を存分に使いたい,自分の環境にあわせてビルドしたい(NVidia CUDA を使うなど)場合は,ソースコードからビルドする.

【サイト内の関連ページ】

参考 Web ページ: https://jamesbowley.co.uk/accelerating-opencv-4-build-with-cuda-intel-mkl-tbb-and-python-bindings/

謝辞:OpenCV および関連ソフトウエア類の作者に感謝します

前準備

Python のインストール,pip と setuptools の更新(Windows 上)

Windows での Python のインストールpip と setuptools の更新: 別ページで説明している.(あとのトラブルが起きにくいような手順を定めている)

Python の URL: http://www.python.org/

Windows での Python, pip の使い方】

Python, pip は,次のコマンドで起動できる.

Python 開発環境のインストール】

Python を使うときは,Python開発環境や Python コンソール(Jupyter Qt ConsolespyderPyCharmPyScripter など)の利用も便利である

Windows, Ubuntu での Python 開発環境,Python コンソールJupyter Qt Console, Jupyter ノートブック (Jupyter Notebook), Jupyter Lab, Nteract, spyder)のインストール: 別ページで,インストール手順を説明している.

numpy のインストール

  1. Windows では,コマンドプロン プトを管理者として実行実行.
  2. numpy のインストール

    python -m pip install -U numpy
    

Git, cmake のインストール

マイクロソフト C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール

Windows での マイクロソフト C++ ビルドツール (Build Tools) のインストール手順: 別ページで説明している.

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA グラフィックスドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.4 のインストール

GPU は,グラフィックス・プロセッシング・ユニットの略で、コンピュータグラフィックス関連の機能,乗算や加算の並列処理の機能などがある.

NVIDIA CUDA は,NVIDIA社が提供している GPU 用のプラットフォームである.

関連 Web ページ

インストール手順の説明

Windows での NVIDIA グラフィックスドライバ,NVIDIA CUDA ツールキット 11.5NVIDIA cuDNN 8.3 のインストール: 別ページで説明している.

(NVIDIA GPU を使うとき)NVIDIA cuDNN のインストール

ダウンロードページ

NVIDIA cuDNN のバージョン:

その根拠は次のページ. URL: https://www.tensorflow.org/install/source#common_installation_problems

詳細説明

OpenCV のインストール(ソースコードを使用)

OpenCV を C:\opencv, C:\opencv_contrib にインストールする

  1. Windows で,コマンドプロンプト管理者として実行する.

    Windows のコマンドプロンプト管理者として実行するには, 検索窓で「cmd」と入れたあと, 右クリックメニューで「管理者として実行」を選ぶのが簡単.

    [image]
  2. ディレクトリを削除する
    cd c:\
    rmdir /s /q opencv
    rmdir /s /q opencv_contrib
    

    [image]
  3. OpenCV のバージョンの確認

    次のページなどで,最新バージョンのバージョン番号を確認できる.

    https://github.com/opencv/opencv

  4. OpenCV のソースコードをダウンロード
    cd c:\
    git clone --recursive https://github.com/opencv/opencv.git
    

    [image]
  5. OpenCV contrib のソースコードをダウンロード

    OpenCV contrib が不要の場合は,この手順は不要である

    cd c:\
    rmdir /s /q opencv_contrib
    git clone --recursive https://github.com/opencv/opencv_contrib.git
    

    [image]
  6. Python 3 のバージョンを調べる

    バージョン 3.9 系列なのか、3.8 系列なのか、3.7 系列なのか、3.6 系列なのか、調べる.この情報はあとで使う.

    下の実行例では、Python のバージョンは 3.8 系列(3.8.3) である

    python --version
    

    [image]
  7. Python 3 の場所を調べる

    複数表示されたときは,表示の一番上を使う.この結果は,あとの設定で使う.

    where python
    

    [image]
  8. pylint, flake8 のインストール
    python -m pip install pylint flake8
    
  9. cmake の実行

    cmake でのオプションについて

    cmake の実行手順例は次の通り

    cd c:\
    cd opencv
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    cmake -G "Visual Studio 16 2019" -A x64 -T host=x64 ^
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE ^
    -DWITH_CUDA=ON ^
    -DOPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=c:/opencv_contrib/modules ^
    -DINSTALL_TESTS=ON ^
    -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_PYTHON=ON ^
    -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON ^
    -DBUILD_opencv_python2=OFF ^
    -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE="C:/Program Files/Python38/python.exe" ^
    -DBUILD_opencv_python3=ON ^
    -DPYTHON3_EXECUTABLE="C:/Program Files/Python38/python.exe" ^
    -DPYTHON3_INCLUDE_DIR="C:/Program Files/Python38/include" ^
    -DPYTHON3_LIBRARY="C:/Program Files/Python38/libs/python38.lib" ^
    -DPYTHON3_NUMPY_INCLUDE_DIRS="C:/Program Files/Python38/lib/site-packages/numpy/core/include" ^
    -DBUILD_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_OPENGL=ON ^
    -DOPENCV_ENABLE_NONFREE=OFF ^
    ..
    

    [image]

    cmake でのオプションの調整

  10. cmake の実行結果の確認

    Python 3 のところが自動設定される(Python 3 を使わない場合は,その設定は無視)

    ※ 下図のとおりになるとは限らない.

    ※ 最後のコマンドの実行の結果,エラーメッセージが出た場合には,自動設定がうまくいっていない.設定を変えてやり直す

    [image]
  11. ソースコードからビルドし、インストールする
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    [image]
  12. 結果の確認

    エラーが無ければ,インストールが終わっている.エラーメッセージが出ていないことを確認. そして,インストールが終わっていることも確認.

    ※ 黄色の警告メッセージは無視しても良い

    [image]
  13. Windows のシステム環境変数 Path に次の値を追加し,パスを通す

    Windows での環境変数の設定は,マイコンピュータを右クリック → プロパティ→ 詳細設定 → 環境変数をクリック

    Windowsの画面の表示では、「\」(円マーク)が表示される

  14. Python 関係のファイルもインストールされていることを確認

    Python38」のところは,実際の Python インストールディレクトリに読み替えて実行すること.

    dir "C:\Program Files\Python38\lib\site-packages\cv2"
    

    [image]

    ※ Python 関係のファイルがインストールされていない場合でも,Python ローダ (python loader) を使用することは推奨しない.(Python ローダの利用を使用すると,エラーが出たときに,Python のインストールからやり直す可能性がある.Python ローダをよく知らずに実行するのは避けること)

  15. Python でOpenCV のバージョン確認

    python -c "import cv2; print( cv2.__version__ )"
    

    [image]