トップページ -> コンピュータ -> Cygwin, MinGW の活用 -> Windows で ITK のビルドとインストール(Windows の Visual Studio を使用)
[サイトマップへ], サイト内検索:

Windows で ITK のビルドとインストール(Windows の Visual Studio を使用)

サイト構成 連絡先,業績など 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

ITK (The Insight Segmentation and Registration Toolkit) とは,次の機能を持ったソフトウエア.

この Web ページでは,ITK 内のソフトウエアである MultiResMIRegistration を使った位置あわせまでを行う.

関連 Web ページ


前準備

前もってインストールしておくべきソフトウエア


ITK のビルドとインストール

  1. ITKをダウンロードする

    http://voxel.dl.sourceforge.net/sourceforge/itk/InsightToolkit-3.14.0.zip

  2. Cドライブ直下に解凍する

  3. CMAKEを起動

    次のように設定する.

    Where is the source code: 	C:/InsightToolkit-3.14.0
    Where to build the binaries:	C:/ITK
    

    その後,次のように操作する.

    1. Configureを押す
    2. →(ディレクトリ作成)Yesを押す
    3. →(コンパイラの選択)Visual Studio 9 2008を選択、Use default native compilersを選択、Finishを押す
    4. →CMAKEのタブのC_MAKE_INSTALL_PREFIXをC:/ITKに変更
    5. →Generateを押す

  4. C:/ITK/ALL_BUILD.vcprojを起動

  5. ビルド

    ALL_BUILDのビルドを選択


ITK Applications のビルドとインストール

  1. ITK Applications をダウンロードする

    http://voxel.dl.sourceforge.net/sourceforge/itk/InsightApplications-3.14.0.zip

  2. Cドライブ直下に解凍する

  3. CMAKEを起動

    次のように設定する.

    Where is the source code: 	C:/InsightToolkit-3.14.0
    Where to build the binaries:	C:/ITKapp
    Grouped Viewを選択
    

    その後,次のように操作する.

    1. Configureを押す
    2. →(ディレクトリ作成)Yesを押す
    3. →(コンパイラの選択)Visual Studio 9 2008を選択、Use default native compilersを選択、Finishを押す
    4. →CMAKEのタブのC_MAKE_INSTALL_PREFIXをC:/ITKappに変更
    5. →USEタブのUSE_FLTKにチェックを入れる
    6. →USEタブのUSE_VTKにチェックを入れる
    7. →(オプション)CMAKE_CXX_FLAGSの/Zm 1000を削除
    8. →(オプション)CMAKE_C_FLAGSの/Zm 1000を削除
    9. →Configureを押す
    10. →Configureを押す
    11. →Generateを押す

  4. C:/ITKapp/ MultiResMIRegistration/ MultiResMIRegistration.vcprojを起動

  5. ビルド

    ALL_BUILDのビルドを選択

  6. 確認

    C:/ITKapp/MultiResMIRegistration/DebugにMultiResMIRegistration.exeが生成されていることを確認する.


MultiResMIRegistration の実行

参考資料

C:/InsightApplications-3.14.0/MultiResMIRegistration/ReadMe.pdf

  1. 位置合わせする画像2つを C:\ITKapp3\MultiResMIRegistration\Debug にコピー

  2. パラメータファイルCT_MRI_param.txtを作成
    --------- CT_MRI_param.txt の中身-----------
    xxCT.mhd
    MRI.mhd
    0 1 2
    0 0 0
    3
    4 4 4
    4 4 4
    2500 2500 2500
    1e-4 1e-005 5e-006
    320
    Registered_MRI.hdr
    ----------------------------------------------------------
    

  3. コマンドプロンプトを起動し,次のコマンドを実行
    cd C:\ITKapp3\MultiResMIRegistration\Debug
    MultiResMIRegistration.exe CT_MRI_param.txt
    

    実行結果の例

    実行結果の例