トップページ -> 授業,研究室活動のサポートページ -> 情報工学応用演習II サポートページ (2018年度前期授業)
[サイトマップへ]  

情報工学応用演習II サポートページ

担当者: 金子邦彦

火曜日4時限

URL: http://www.kunihikokaneko.com/a/enshu2.html


金子研究室ポリシー

金子研究室では、次のようにポリシーを定めています


情報工学応用演習II, 情報工学応用演習III のポリシー

ソースコードが、インターネットなどで公開されたソフトウエア

ソースコードがインターネットで公開されているからといって、「自分の作品である」かのように宣伝したり、他の人に言ったりしてはいけない。 ふつう、作者によって、利用条件や利用料が定められているので確認する.


情報工学応用演習III

金子研究室が目指すもの

企業との教場実験、企業主催研修会への参加、学会発表(旅費)、など多数機会あります。大学院進学を考えている人は、いろいろな先生、先輩の意見を聞いてみてください

第12回目

宿題:レポート提出

いままでの資料を振り返りながら、人工知能+データベース+コンピュータビジョン/データのビジュアライゼーションを使って、試してみたい実験試しに作ってみたいアプリケーションプログラムを考え、 レポートとして報告しなさい。レポートをグループで作成したときは、全員の氏名を明記。

さまざまな分野を考えることができる。ゲーム、映画・テレビ、画像やビデオを使うオンラインサービス、セキュリティ、工場等での製品検査、交通(自動運転、交通流観測、車両誘導など)、セキュリティ、個人認証、ロボット

紙かワードファイルで提出。締切は、来週火曜日とします

顔検出、顔のランドマーク検知、表情判定

※ 顔識別は、実習済み。そのときの資料:顔識別を行ってみる(Python の ageitgey/face_recognition パッケージを使用)

説明資料:OpenCV について [パワーポイント版], [PDF版]

第11回目

OpenCVを用いた種々の処理

OpenCV とは「コンピュータビジョン」等の機能を備えたソフトウエア・ライブラリ.今回の実習では「コンピュータビジョンとは何か」も含め実習で理解、把握する

第10回目

強化学習 ML-Agents ツールキットを動かしてみる

説明資料: 人工知能の概要 [PDF版], [パワーポイント版],

説明資料 ML-Agents ツールキットに付属の事前学習済みモデルを Unity で動かしてみる[パワーポイント版], [PDF版]

次の資料の「隔離された Python 環境の作成」から開始してください。その前は、すでに、終わっています

パソコン実習資料: Windows で Unity ML-Agents + Python 環境を作る(Chocolatey, Anaconda を利用)(Chocolatey, Anaconda を利用)

第9回目

人工知能を用いた予測