トップページ -> サポートページ -> 授業「情報システム工学特論」サポートページ
サイトマップ

授業「情報システム工学特論」サポートページ

情報システム工学特論」では 情報システムのスペシャリストを養成します

授業名: 情報システム工学特論

担当者: 金子邦彦

URL: https://www.kkaneko.jp/a/cs.html

行うこと

第15回授業

第14回授業

Python の主な機能,Pythonで人工知能

第12回授業

Anaconda Prompt を管理者として実行し,次のコマンドを実行

conda install tensorflow
conda install keras

説明資料: 説明資料 [PDF], [パワーポイント],

ニューラルネットワークを作るプログラム

import tensorflow as tf 
import keras 
from keras.models import Sequential
m = Sequential()

from keras.layers import Dense, Activation
import keras.optimizers
m.add(Dense(units=64, input_dim=4))
m.add(Activation('relu'))
m.add(Dense(units=3))
m.add(Activation('softmax'))
m.compile(loss=keras.losses.categorical_crossentropy,
          optimizer=keras.optimizers.SGD(lr=0.01, momentum=0.9, nesterov=True))

ニューラルネットワークの確認表示

print(m.summary())

ニューラルネットワークの学習を行うプログラム

import numpy as np
x = np.array(
[[0, 0, 0, 0],
 [0, 0, 0, 1],
 [0, 0, 1, 0],
 [0, 0, 1, 1],
 [0, 1, 0, 0],
 [0, 1, 0, 1],
 [0, 1, 1, 0],
 [0, 1, 1, 1],
 [1, 0, 0, 0],
 [1, 0, 0, 1],
 [1, 0, 1, 0],
 [1, 0, 1, 1],
 [1, 1, 0, 0],
 [1, 1, 0, 1],
 [1, 1, 1, 0],
 [1, 1, 1, 1]])

y = np.array(
[0, 
 0, 
 0, 
 2,
 0,
 1, 
 0,
 0, 
 0,
 0,
 1,
 0,
 2,
 0,
 0,
 0])

m.fit(x, keras.utils.to_categorical(y), epochs=500)

ニューラルネットワークを使ってみる

m.predict( np.array([[0, 1, 0, 1]]) )

第1層と第2層の間の結合の重みを表示

m.get_weights()[2]

ラズベリーパイは使わずに Windows パソコンで行う.Webブラウザを使う.

http://playground.tensorflow.org

第10回授業

Microsoft Cognetive Service を動かす

説明資料: 説明資料 [PDF], [パワーポイント],

さまざまな機能がある. https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/computer-vision/ で確認できる

第9回授業

第8回授業

第8回授業

第7回授業

第6回授業

Rシステム

グラフ、要約統計量

機械学習

平均と分散、分布

第5回授業

学ぶトピックス:オンライン地図サービス OpenStreetMap, マーカー、Folium、地図アプリ

  1. PyCharm を起動,設定

    パソコン実習資料: Python で Google Firebase の Cloud Firestore (クラウド・ファイアストア)を使ってみる

    「Windows の PyCharm でシステム Python(Windows にインストールした Python)を使う」までを行う。※「Windows の PyCharm で virtualenv の Python 環境を使う」は行わない

  2. folium の実習

    パソコン実習資料:(金子研): マーカー付きの OpenStreetMap 地図(Python + leaflet.js + folium を使用)

    パソコン実習資料:(金子研): マーカーとイメージポップアップ付きの OpenStreetMap 地図(Python + leaflet.js + folium を使用)

    使用するデータ: photo-2017-12-03

    緯度経度のデータファイルから、マーカーとイメージポップアップ付きの OpenStreetMap 地図を生成

    パソコン実習資料:(金子研): 緯度経度などのデータファイルから,マーカーとイメージポップアップ付きの OpenStreetMap 地図を生成

    パソコン実習資料:(金子研): その2

  3. OpenStreetMap の実習

    OSMBuilding を用いて、OpenStreetMap の福山大学周辺など、いろいろな場所の3次元地図を見てみる

    パソコン実習資料:(金子研): オンラインサービスの F4map を使って 3次元地図を見てみる

    パソコン実習資料:(金子研): オンラインサービスの OSMBuilding を使って 3次元地図を見てみる

    OpenStreetMap のIDエディタを使って地図を編集

    パソコン実習資料:(金子研): OpenStreetMap のエディタを使って地図を編集

第4回授業

学ぶトピックス:JSON, Google Cloud FireStore, PyCharm

残り時間の演習:プログラミングの基礎を演習で学ぶ

第3回授業

学ぶトピックス:Web サーバ、リクエストURL、Dash

第2回授業

学ぶトピックス:開発環境、ライブラリ、式の抽象化と関数

実習のゴール: Windows パソコンで Python 環境が整う。Python の拡張機能である「モジュール」の便利な機能を実感する

  1. Python を使ってみる(paiza.IOを使用)(15分)

    説明資料:[パワーポイント], [PDF]

    説明ビデオ:Python を使ってみる(paiza.IOを使用)(ミニ解説,実演付き)(10分37秒, 説明音声つき) [mp4 版],

  2. Python の標準ライブラリを使ってみる(paiza.IOを使用)(15分)

    説明資料:[パワーポイント], [PDF]

    説明ビデオ:Python の標準ライブラリを使ってみる(paiza.IOを使用)(ミニ解説,実演付き)(5分49秒, 説明音声つき) [mp4 版]

  3. 式の抽象化と関数 (15分)

    説明資料: 式の抽象化,関数 [PDF], [パワーポイント],

    説明ビデオ:式の抽象化,関数(ミニ解説,実演付き)(5分31秒, 説明音声つき) [mp4 版]

  4. Windows で Anaconda のインストール (45分)

    説明資料: Windows で Anaconda 3 2018.12 と各種ツール (git, cmake, wget, 7zip など)のインストール o

    説明ビデオなど: Anaconda を Windows マシンにインストール(ミニ実演)(3分45秒, 説明音声つき) [mp4 版], [パワーポイント], [PDF]


第1回授業

コンピュータはプログラムで動く. プログラミングはクリエイティブな作業です. 情報システムの制作にもプログラムは欠かせません。

学ぶトピックス:プログラミング、ソースコード、さまざまなプログラミング言語、オブジェクト、メソッド、引数

実習のゴール: プログラミングの楽しさを実感する。自分で書いたソースコードが「すぐに動く」ようなオンラインサービスを使い、プログライミングについて理解を深める。


本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]