トップページ -> コンピュータ -> 用語説明
[サイトマップへ], [サイト内検索へ],

用語説明

サイト構成 連絡先,業績 実践知識 コンピュータ 教材 サポートページ

目次


ファイル操作(展開、圧縮,検索など)

Windows パソコンで PC を開く

Windows パソコンで,「PC」を開きたいときは,検索窓で「PC」と入れて,開くことができる.

展開(解凍),圧縮

Windows でのファイルの展開(解凍)

このサイトでは,Windows の場合, ZIP 形式ファイルの展開(解凍)や圧縮のためのソフトとしては「7-Zip」を使用するものとして説明している.他の同種のソフトでも問題はない.

※ Windows での 7zip のインストール手順は,「別のページ」で説明している.

7-Zip を用いた展開(解凍)の手順例

  1. 7-zip で展開(解凍)を始める.右クリックメニューが便利

  2. 展開(解凍)するディレクトリ(フォルダ)を指定する

Ubuntu でのファイルの展開(解凍)

Ubuntu の場合, ZIP 形式ファイルの展開(解凍)のためのソフトとしては「7z」あるいは「unzip」を使用するものとして説明している. 他の同種のソフトでも問題はない.

ファイル検索

Windows でのファイル検索はEverythingなどのソフトウエアがある.

Ubuntu でのファイル検索は find コマンドが便利である

find . -name "*.blend" -print

エディタ

テキストエディタ

「テキストエディタ」はテキストファイルを編集する機能を持ったソフトウエア.

Windows には,「メモ帳 (notepad)」や,「ワードパッド (wordpad)」などのテキストエディタが備わっている. その他、Windows で使えるエディタとしては Notepad++Visual Studio Code や など多数ある.

vscode

Visual Studio Codeテキストエディタ. 複数の Pytthon を切り替えて使いたいときに便利.

※ Windows での Visual Studio Code のインストール手順は,「別のページ」で説明している.


端末、シェル、コマンドプロンプト

端末

端末」というとき,正確には,端末の機材を使う場合と、端末のソフトウエア(端末の機材相当の機能を持つので、「端末エミュレータ」ともいったりする)を使う場合がある. 端末のソフトウエアとしては,Windows の場合,コマンドプロンプト (Command Prompt) などがある. 端末の画面には、シェルのプロンプトが表示され、シェルのコマンドを入れることができる.そして、コマンドの結果を確認することができる

Windows のコマンドプロンプト

Ubuntu での端末ソフトウエアの例

環境変数

Windows の環境変数は「PC」のプロパティで設定する

パスを通す

環境変数 PATH を設定することにより、ディレクトリ(複数可)を、シェルでのコマンド実行時の検索対象に含めるように設定すること.

Windows のコマンドプロンプト

Windows のコマンドプロンプトは,「ファイル名を指定して実行」で「cmd.exe」で起動できる. Windows のスタートメニューを使っても起動できる.

Windows10 で,「ファイル名を指定して実行」したいときは,左下の「Windows で検索」をクリックした後で,「cmd.exe」のように検索キーワードを入れる.

bash シェル

bash シェルは Linux で広く使われているシェルである.

bash シェルは,Linux コマンドの実行に便利である.

Linux のシェルでの制限を解除

Linux のシェルでは,使用するメモリ量,コアダンプサイズ,同時にオープンできるファイル数などを制限できる機能がある. 解除するには ulimit コマンドを用いる.

ulimit -c unlimited 

シェルでのヒアドキュメント

bash シェルでのヒアドキュメントの例を次に示す

#!/bin/bash
rm /tmp/hoge.py
cat > /tmp/hoge.py <<-BPY
import bpy
import os
bpy.ops.render.render()
bpy.data.images['Render Result'].save_render(filepath = '/tmp/image.png')
BPY
blender -b --python hoge.py

シェルにシステム管理者(root) でログイン

オペレーティングシステムに,システム管理者 (root) でログインし、そのシェルを使いはじめること.

管理者として実行

Windows で,コマンドプロンプトを管理者として実行したいときは、メニューを使って、つぎのように操作する

あるいは、Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行する

powershell start-process cmd.exe -verb runas

Linuxのときは,シェルを管理者として実行することはなるべく避けて、個々のコマンドに「sudo」を付ける


データベース

SQLite

SQLite は,リレーショナル・データベース管理システム.次の特徴を持つ.

SQLiteの起動は「sqlite3コマンド」で行う. ※

パスが通っていないときは, Windowsなら「sqlite3.exe」,Ubuntuなら「sqlite」という名前のファイルを検索して実行する.

Windows での動作画面例

Ubuntu での動作画面例


Pythonに向いたシェル,Python開発環境

Python 処理系

Python プログラムのソースコードを実行するためのソフトウエアのこと

複数の Python バージョンの共存

Windows の Python ランチャである「py」を使う. Windows で,複数の Python バージョンをインストールしたときは「py -3.7」,「py -3.6」のように指定して,起動する Python のバージョンを切り替えることができる.

Windows では,インストールされている Python バージョンの一覧は「py -0」で確認することができる.

Python ランチャー

Windows では,Python ランチャーを「py」コマンドで起動する. Windows では,インストールされている Python バージョンの一覧は「py -0」で確認することができる.

Anaconda3 に内蔵の Python を使いたいときは,「py」コマンドは使わずに「python3」コマンドで起動すること.

Python コンソール (Python のシェル)

Python のシェルの画面のこと。プロンプトが出て、Pythonのプログラムを受け付ける。そして、その実行結果を表示する。 Python コンソールの起動方法は次の通り。

IPython シェル

IPython シェル」とは,Python のプログラムを対話的(インタラクティブ)に処理する機能を持ったシェル.

Blender の Python コンソール (Python 処理系のシェル)

Blender に内蔵された Python のコンソールである.Blender で次の手順で開くことができる.

画面レイアウトとして「Scripting」を選ぶ. (元に戻すときは,画面レイアウトとして「Default」を選ぶ.)

Jupyter ノートブック (Jupyter Notebook)

Jupyter ノートブックは,Pythonなどのプログラムのソースコード,実行結果などを1つのノートとして残す機能をもったノートブック.

pip

pip は Python のパッケージマネージャ. 起動は pip コマンドで行う.但し,Ubuntu の場合は,Python2 用は pip,Python3 用は pip3.

pip をインストールと更新

pip をインストールと更新は、次のコマンドで行うことができる. ふつうは、システム領域の更新になるので、コマンドの実行は、管理者として行う. Ubuntu では「sudo python -m pip install --upgrade pip」のように「sudo」を付ける. Windows では,コマンドプロンプトを管理者として実行する.

但し、pyenv を使っている場合など pip がユーザ領域にインストールされている場合には、コマンドの実行は、管理者として行わない.

python -m pip install --upgrade pip

Ubuntu で「/usr/bin/python: No module named pip」のようなエラーメッセージが出たときは、 pip パッケージをインストールと pip の更新を、次ののいずれかで行う.

pypaを使って pip の更新を行う場合

cd /tmp
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
sudo python get-pip.py

apt を使って pip パッケージをインストールする場合

sudo apt install python-pip
sudo python -m pip install --upgrade pip

隔離された Python 環境

Python には、さまざまなパッケージをインストールすることができる. virtualenv や venv の利用により、パッケージが違う複数の Python 環境を共存させることができる.

PyCharm で virtualenv の Python 環境を使いたいときは、File→ Settings→ Project→ Project Interpreter で、Python 環境内の python.exe を指定した後、 File→ Settings→ Console→ Python Console でその python.exe を指定する。

virtualenv, virtualenv wrapper

virtualenv, virtualenv wrapper は,隔離された Python 環境の作成が簡単にできるソフトウエア

virtualenvwrapper の使い方

Windows で Python 2.7 の隔離された Python 環境を新規作成するときの操作例

mkvirutalenv --python="C:\Python27\python.exe" py27


Anaconda

spyder

spyder」は,Python の開発環境.

※ spyder は,Anacondaに同封されている. ラズベリーパイの場合は Anaconda が無いが,次のコマンドで spyder をインストールすることができる.

sudo apt install python3-spyder
sudo apt install spyder3

Anaconda

Anaconda は,Continuum Analytics 社が提供している Python バージョン 3 の言語処理系,開発 環境やツール,管理ツールである conda,主要な Python パッケージを1つにまとめたソフトウ エアである.次のアプリケーションも同封されている.

Anaconda の Python のパスの設定

このサイトでは,システムの環境変数 PATHの先頭部分に、次の5つが設定されているものとして、説明している

C:\ProgramData\Anaconda3
C:\ProgramData\Anaconda3\Library\mingw-w64\bin
C:\ProgramData\Anaconda3\Library\usr\bin
C:\ProgramData\Anaconda3\Library\bin
C:\ProgramData\Anaconda3\Scripts

Anaconda プロンプト(Anaconda Prompt)

Anaconda プロンプト」は,Anacondaに同封されたコマンドプロンプトのソフトウエア. Windows のコマンドプロンプトとの違いは、CONDA関係の環境変数と、環境変数PYTHONIOENCODINGが自動設定されること.

※ Windows では,Anaconda プロンプト(Anaconda Prompt)は,Anacondaに同封されている.


conda で隔離された Python 環境

Python にはバージョンがある. Python には、さまざまなパッケージをインストールすることができる. conda の利用により、バージョンが違ったり,パッケージが違ったりする複数の Python 環境を共存させることができる.

Windows では、Anacondaに同封の conda が便利.

conda create --name py35 python=3.5

Windows での C/C++ 開発環境

Windows での C/C++ コンパイラ

Windows での C/C++ コンパイラには Visual Studio の C/C++, msys2 の C/C++ などがある

Visual Studio の Native Tools コマンドプロンプト

Microsoft Visual Studio の C/C++ をコマンドで使いたいときは, Visual Studio の Native Tools コマンドプロンプトを使う.

JDK は Java プログラムの作成や動作に必要である。

起動方法

以下・Visual Studio Community 2019 vesion 16.1の場合で,起動法を説明する.

起動は,Windows のスタートメニューで「Visual Studio 2019」の下の「VS 2019用 x64 Native Tools コマンドプロンプト」」(あるいは類似名のもの)で起動する.

起動し,確認のため「where cl」を実行した画面を下に示す.

vcvarsall.bat による起動方法

※ あるいは,コマンドプロンプト を開くたびに,次のコマンドを実行するという方法もある.

vcvarsall.bat x64
あるいは
vcvarsall.bat x86

vcvars64.bat, vcvars32.bat を使う方法もあるが、vcvarsall.bat の方が、場所を探しやすい印象があるので、そちらを使うことにする.

Visual Studio Community 2019 vesion 16.1の場合,vcvarsall.batの場所は次の通りである.

実際に,Windowsのコマンドプロンプトで vcvarsall.bat を使い,cl や nmake 使えるようになったか確認する手順は次の通りである.

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\VC\Auxiliary\Build\vcvarsall.bat" x64
where cl
where nmake

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\vcvarsall.bat" x64
where cl
where nmake

以上で確認できる通り、vcvarsall.bat は, cl や nmake などをコマンドを使えるように設定するためのものである.

なお,上記の結果が得られないときは Visual Studio のビルドツールがうまくインストールできていない. その場合は, 最新の Visual Studio Installer を起動して・ビルドツールを追加するという操作が良いだろう.

vcvarsall.bat x64 と vcvarsall.bat x86 の違いは, 64 ビットのプログラムを生成するか, 32 ビットのプログラムを生成するかの違いである. 特に問題が無い限り,x64 の方が良かろう.

Microsoft Visual Studio のバージョン番号

参考: Visual Studio のバージョン番号は次の通り.

Visual Studio 2013: vc12
Visual Studio 2015: vc14
Visual Studio 2017: vc15
Visual Studio 2019: vc16

Microsoft Visual Studio の C/C++ の 64ビット環境

Microsoft Visual Studio の C/C++ の 64ビット環境をシェルで使うには・次の 2つの方法がある.


プログラミング用ツール類,プログラミング用語

ライブラリ

ライブラリは、さまざまなアプリケーションから 共有される機能をまとめたソフトウエアのこと。 アプリケーションと、ライブラリは、アプリケーションの実行時までにリンクされる。

git

git はバージョン管理のソフトウエア.Windows 版の git の1つ「git for Windows」には,MinGWが同封されている.

cmake の実行

cmake はフリーソフトウエア等のビルドを簡単に行えるようにするためのツール.

cmake のオプションは,Windows では cmake-gui コマンド,Ubuntu など linux 系では ccmake コマンドで確認できる.

※ Windows でのインストール手順は,「別のページ」で説明している.

Windows 10 で Visual Studio の C++を使うとき

Visual Studio 2019 64 ビット版を使うときは次の通り

rmdir /s /q build
mkdir build
cd build
cmake -G "Visual Studio 16 2019 Win64" -T host=x64 ..
cmake --build . --config RELEASE

Visual Studio 2017 64 ビット版を使うときは次の通り

rmdir /s /q build
mkdir build
cd build
cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win65" -T host=x64 ..
cmake --build . --config RELEASE

Visual Studio 2015 64 ビット版を使うときは次の通り

rmdir /s /q build
mkdir build
cd build
cmake -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64 ..
cmake --build . --config RELEASE

参考: Visual Studio のバージョン番号は次の通り.

Visual Studio 2013: vc12
Visual Studio 2015: vc14
Visual Studio 2017: vc15
Visual Studio 2019: vc16

Python の setup.py 実行時の設定例

setup.py の実行前に、次のようなコマンドを実行し、環境変数などを設定できることがある

set CMAKE_GENERATOR=Visual Studio 15 2017 Win64
set PREBUILD_COMMAND=vcvarsall.bat
set PREBUILD_COMMAND_ARGS=x64
# call "vcvarsall.bat" x64 -vcvars_ver=14.11

JDK (Java Development Kit) のインストール

JDK は Java プログラムの作成や動作に必要である。

Java のバージョンは,次のコマンドで確認できる。

java -version

ninja

Ninja はビルドシステム.


Windows のパッケージマネージャ

Chocolatey

Chocolatey は,Windows で動くパッケージマネージャ. アプリケーションのインストールや更新が簡単にできるようになる.

choco のオプションには,次のようなものがある

miniconda3

miniconda は Windows で動くパッケージマネージャ


オペレーティングシステムの運用保守

Windows のパス長の制限の解除

レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem@LongPathsEnabled の値を 1 に設定

Windows Update の実行

次の手順で行う

  1. ファイル名を指定して実行

  2. 次を実行
    ms-settings:windowsupdate-action
    

    これで,Windows Update が自動的に始まる

Ubuntu のリリース名の確認

Ubuntu のリリース名の確認は、次のコマンドで行うことができる

lsb_release -sc
`

Ubuntu でのレポジトリの追加では、次のようにリリース名を指定する必要があることが多い.

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://archive.panda3d.org/ubuntu xenial main"

AVS (アドバンスト・ベクトル・エクステンション)

プロセッサの機能の1つ. AVS (アドバンスト・ベクトル・エクステンション) があるかどうかを確認するためには、 CPU ID を調べる。

CPU ID

CPU ID を調べるために、インテル プロセッサー識別ユーティリティーを使うことができる. インテル プロセッサー識別ユーティリティー Windows 版は次の Web ページからダウンロードできる.

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/7838/Intel-Processor-Identification-Utility-Windows-Version


TenforFlow

TenforFlow は機械学習のソフトウエア. Python, C/C++ 言語から利用可能.機械学習のアプリケーションを簡単に作成できるもの. プロセッサ(CPU), GPU, Google TPU で動く. Google 社のディープラーニング研究プロジェクト. 2015年11月に最初のリリース.

TensorFlow のデータセットとして,https://github.com/tensorflow/datasets などで・音声,画像,テキスト,ビデオのデータが多数公開されており,訓練(学習)に利用できる

Keras

Keras は,TensorFlow を用いてのディープラーニング(深層学習)でのモデルの構築と,その訓練(構築)を簡単に行えるようにするソフトウエア

Ubuntuのシステム更新

パッケージのアップデート操作

端末を開き,次のように操作(端末を開くには,右クリックメニューが便利)

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade

カーネルに関するパッケージである linux-headers と linux-image の新しい版を追加したい場合には次の操作を行う.

sudo apt -yV dist-upgrade
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now 

Ubuntu のパッケージ管理

Ubuntu では,apt, apt-cache, dpkg コマンドを用いて,パッケージ管理を行うことができる

NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ

Ubuntu では,NVIDIA グラフィックスカード・ドライバは次のコマンドでインストールできる.

sudo ubuntu-drivers autoinstall

グラフィックスカード・ドライバは次のコマンドで確認

nvidia-smi

ARPテーブルの表示

ARP テーブルには,ネットワークにつながっている機器の IP アドレスが格納されている. 「arp -a」コマンドにより表示することができる.

SQLite3

SQLite 3 は,リレーショナルデータベース管理システム