トップページ -> サポートページ -> 授業「コンピュータグラフィックス特論」サポートページ (2019年度後期授業)
[サイトマップへ], [サイト内検索へ]

授業「コンピュータグラフィックス特論」サポートページ (2019年度後期授業)

URL は https://www.kkaneko.jp/a/cg.html

授業名: コンピュータグラフィックス特論

担当者: 金子邦彦

トピックス:マーカーレスのモーションキャプチャ,3次元コンピュータグラフィックス,種々のシミュレーション,人体アニメーション,コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス

強化学習ツールキット

強化学習 ML-Agents ツールキットを動かしてみる

顔や目の動き,肌色

説明資料: 虹彩について

頭部の向きの推定

頭部の向きの推定

瞳孔の検出

眼球の運動(eye motion)

http://gazecapture.csail.mit.edu/download.php


OpenCV によるコンピュータビジョン

OpenCVを用いた種々の処理

体験学習


顔検出,顔認知

説明資料: Dlib の機能概要 [PDF], [パワーポイント]

Dlib のインストール


ダウンロードで少し時間がかかります.

顔検出、顔のランドマーク検出、表情判定

Dlib の応用例

3次元ゲームエンジン(3)

3次元ゲームエンジン(2)

3次元ゲームエンジン(1)

Python 基礎

Python 基礎のまとめと体現学習

3次元コンピュータグラフィックスの体験学習(3)

3次元コンピュータグラフィックスの体験学習(2)

3次元コンピュータグラフィックスの体験学習(1)

モーションデータ

人体画像の作成,ボーン(アーマチャ)の移動による人体の変形

お断り。人体のデータが出てきます.

MakeHuman のインストールBlender の設定MakeHuman と Blender で人体画像を作る

オブジェクトの移動はオブジェクトモードで.リグを用いた変形はポーズモードで.

落下や衝突のシミュレーション,パーティクルアニメーション

マウスが必要です

剛体 (rigid body) の落下や衝突のシミュレーション、パーティクル,各種のオブジェクト(草,波,炎,煙など),シミュレーション,オブジェクトのモデリング(造形)

3次元コンピュータグラフィックス,Blender の画面構成,Blender の基本操作

マーカーレスのモーションキャプチャ

OpenPose のセットアップ


参考資料: 実習には,Blender バージョン 2.79 (旧バージョン)が必要です


本サイトのサイトマップは,サイトマップのページをご覧下さい. 本サイト内の検索は,サイト内検索のページをご利用下さい.

問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ) [image]